ダイエットブックBIZ

足パカで脚やせダイエット!【効果が出る期間と回数は?】

スポンサーリンク

足パカダイエットで脚やせをできたという口コミが多いですが、足パカダイエットで効果が出る期間と回数はどれくらいなのでしょうか?足パカのやり方も複数あるので動画を参考にしながら、夏までに脚やせを実現させましょう!

太ももをおさえる女性

足パカダイエットは自宅でもできるので天候に左右されずに行える方法ですが、脚やせに効果絶大で実際に足パカダイエットで、美脚を手に入れた口コミも多くみかけます。効果を出すためにはある程度の期間を継続して行わなければいけませんが、しっかりと行えば効果を感じるので、動画を参考にしながらやっていきましょう!

スポンサーリンク

足パカダイエットとは?

女性にとって下半身の太さはとても気になる所、筋トレをしても逆に足が太くなったり、ごつくなってしまったりで自分の理想の足になるには、どうしたら良いのか分かりませんよね。

太ももを両手でつかむ女性参考⇒下半身太りの原因は骨盤?【女性は産後に多い!】

マッサージジェルを使っても効果がなかったり、右往左往している方も多いと思います。

膝上のたるみを気にする女性また、殆どの女性は筋肉質な健康的な足よりも、細く華奢(きゃしゃ)でスラリと伸びた足を理想としています。

女性の細い足そんなスラリと伸びた足を簡単に手に入れる事が出来る運動方法があります。それが「足パカ運動」です。

それは仰向けになって、足をパカパカと開くだけのエクササイズになります。

準備するものもなく、きついスクワットなどの筋トレとは違って、寝転がって出来るので、面倒くさがりやの方でも行う事ができます。

スクワットをしている女性参考⇒スクワットダイエットの正しいやり方は?【成功する回数と期間は】

私も相当な面倒くさがりの三日坊主で、なかなか続くダイエットはありませんでしたが、この足パカはテレビを見ながらでも出来てしまうので、こんな私でも続いている少ないダイエットの一つです。最近は妹にも「細くなったね」と言われるようになりました。

それくらい簡単なエクササイズなんです。不可能と言われた部分痩せの常識を覆します。

足パカダイエットの効果は?

足パカダイエットの魅力の一つとして、不可能と言われた部分痩せができる事ではないでしょうか。

参考⇒部分痩せはダイエットではできない?【太ももやウエストも細く!】

しかし、実際、本当に効果があるのか疑問に思う方も、少なくないと思います。足パカ運動の根底にあるのは、太ももの筋肉をつける事になります。

足のみならず、下半身は脂肪が付きやすいものです。

下原に脂肪がついている女性のイラスト参考⇒下腹ダイエットで成功する即効で簡単な5つの運動とは?

そこで足パカ運動を行って、太ももの「内側」の筋肉を鍛え、引き締める効果をもたらします。

太ももが細くなったイラスト参考⇒内ももをダイエットできる運動と効果的な方法!【筋トレは必要?】

この筋力がつく事で、代謝も上がるので、一日を通して脂肪を燃焼しやすい身体になり、かつ、脂肪がつきにくい身体になれるのです。

また、やり方の項目で詳しく説明しますが、足パカ運動は寝転がって、足を天井に向けて上げます。それからパカパカ行うのですが、これがもたらす効果として、太ももや下半身の筋力の向上だけでなく、重力に逆らって動かすので、血流がよくなります。

ふくらはぎはポンプ機能があると聞いた事ありませんか?

ふくらはぎの血液循環のイラスト足パカを行う事によって、血流が良くなり、浮腫み改善や冷え性にも効果があるといわれています。まさに一石二鳥ですね。

やり方は?

そんな気になる足パカ運動の行い方ですが、大体3パターンで行う事が多いです。

一つ目として、仰向けに寝て、足を真っ直ぐ伸ばします。

伸ばした後に天井に向けて真っ直ぐ伸ばし、横から見たらL型になっている位、直角に足を上げます。そのまま横に開けるだけ開き、ゆっくり戻します。この開いて閉じてを一回とカウントし、10回1セットを、3セットから5セット行います。

これが基本的な足パカ運動のやり方となります。

二つ目は、同じく仰向けになって、片方の足を真っ直ぐ伸ばしたまま30度程上げます。

そして完全に下ろさず、もう片方の足を上げます。これを左右交互に、10回1セットで、3セットから5セット行います。縦にパカパカ開く運動になりますね。

三つ目は横向きになって、片足を上げる足パカ運動になります。

やり方は大体一緒で、横に真っ直ぐ足を伸ばし、天井側の足をゆっくり上げ下げするだけです。これは交互に上げ下げできないので、片足ずつ行いましょう。

スポンサーリンク

期間と回数は?

足パカのやり方については、上記でご理解できたかと思いますが、実際どれくらいの期間で効果が出るのかという所が気になると思います。

過去に運動されていて、元々筋肉質だった方は難なく行えると思います。

しかし、全く下半身の筋力がなく鍛えた事がない人ほどキツく、少ない回数でも効果が出ると思われます。最初は一日3セットから始めていくのが良いでしょう。いずれ慣れてきてしまうので、そうなってきたら、3セットから4セット、5セットと増やして行きましょう。

強度を強くする事で、効果が増大します。

「継続は力なり」というように、毎日決まったセット数を行えば二週間程度で効果は見えてきます。

しかし、それと同時に慣れてしまうので、縦にパカパカや横にパカパカなど、やり方を変えていく必要があります。

また、足パカ運動には、太ももだけてなく、お尻のヒップアップや腹筋にも効果が見られます。

ヒップが上がりスレンダーな女性毎日行う事が理想ですが、週に決まった曜日にこれだけ行うなど。自分にあった方法で行う事が継続に繋がります。

ふくらはぎにも効果がある?

足パカ運動は、主に太ももの筋肉を使う事で、筋力アップし、引き締め効果をもたらします。

太ももには身体の中でも大きな筋肉なので、鍛えやすいと同時に脂肪も付きやすいです。

太ももをスケールで計る参考⇒太ももダイエットはむくみ対策から!【運動しすぎで筋肉太り?】

足パカ運動には太ももだけでなく、お尻の筋肉を使う事ができますので、ヒップアップ効果が見られます。

他にも足をパカパカする動きで、腹筋を刺激する事ができます。

また足パカ運動は重力に反して足を天井に向けて上げる為、血流アップが見込めます。

ふくらはぎの筋肉の役割として、足首を伸ばす時に必要とされます。つま先立ちをするときにはふくらはぎが収縮しているのがわかりますね。

つま先立ちしている参考⇒つま先立ちダイエットで美脚効果も?【口コミでも評判!】

また下半身の血流はふくらはぎが関係しているといっても過言ではありません。ふくらはぎが機能が低下していると下半身の冷えの原因となります。足パカ運動は上記の通り、重力に反する為、下半身の血流がよくなります。

そうする事で冷えが原因の浮腫みの予防が出来ます。ふくらはぎ含め、下半身の太さの原因は冷えからくる浮腫みがほとんどです。

ふくらはぎを計る参考⇒ふくらはぎのむくみを解消する方法は?【グッズならコレ!】

なので、足パカ運動はふくらはぎならず、下半身全てに効果があります。

口コミでは?

足パカ運動の口コミとして、まずマイナスな意見から取り上げてみました。

足パカ運動を実際行っていますが痩せません、細くなりませんという口コミが見られました。

しかし、その方の意見をよくよく聞いてみると、食生活の改善を行っていなかったり、足パカ運動「だけ」おこなっている方が殆どでした。

ダイエットの基本は適切な運動、食生活になります。

指さしする笑顔の女性

その食生活の改善も見られない方が足パカ運動だけ行っても痩せる事は難しいですよね。

悪い意見はこの程度だけで、他は殆ど全部良い意見だけでした。

  • 足パカ運動は本当に簡単で、スマホや携帯を見ながら行える。
  • お風呂上がりや寝る前に行う事で今まで悩んでいた浮腫みがなくなりました。本当に凄いです。
  • 簡単なのでこれからも続けます

と、実際に効果が見られる方が多かったようです。

このように悪い意見よりも良い意見が多い事や、実際に沢山の意見が見られる事で、この足パカ運動がいかに簡単で効果が出やすいかご理解できたかと思います。

これから取り組みたい方も色んな意見を参考にしましょう。

足パカで脚やせダイエット!【効果が出る期間と回数は?】のまとめ

継続して足パカを行う事で、脚痩せを実現しやすくなる確率は高まります。さらに食事や生活習慣などを見直すことで、短期間で足パカダイエットの効果を実感できるかと思います。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top