ダイエットブックBIZ

コレステロールを下げる方法は?【サプリと食事対策が効果的!】

スポンサーリンク

コレステロールを下げるには食事対策やサプリなどの方法がありますが、無理なく効果的にコレステロールを下げるにはどのような方法が良いのでしょうか?肥満とも関係しているのでダイエットも重要なポイントです。

Fotolia_72859844_XS-min

コレステロールを下げる方法にはダイエットは効果的なのでしょうか?30代後半くらいから健康診断などでコレステロールを注意される場合がありますが、痛いなどの体への実感があまり感じられないので、危機感はないかも知れませんが、コレステロールが高いと健康リスクが高くなりますので、毎日食べる食事、食品の見直しやサプリなどで対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

コレステロールとは?

食品や健康情報等でよく目にするコレステロールという文字。

皆さんはいざコレステロールとは何かと聞かれてすぐに答える事が出来るでしょうか?

Fotolia_63929444_XS-min日常で目にする機会が多い単語のはずなのに意外とすぐに答える事が出来る方は少ないのです。

ではコレステロールとは一体何なのかというと、一言で表すなら体の中にある脂の一つとなります。いわゆる脂質の中の一つです。

コレステロールというとどうしても

  • 体に悪いもの
  • ダイエットの大敵
  • 健康を阻害するもの

と思われている方が多いですが、実際は生きていくためには大切な脂質となり、私達の体にある細胞の膜を作ってくれるという役割を担っています。

Fotolia_22948897_XS-min他にも骨には大切なビタミンDを合成するために使われたり、副腎皮質ホルモンや胆汁酸にも使われています。副腎皮質ホルモンというのは体や心の活力を高めてくれるという効果が、胆汁酸は脂肪を消化するために必要といったようにどれも体に欠かせない大切な効果です。

こうして見ると何故コレステロールは良くないとイメージが付いてしまっているのか不思議に思いますよね。

まず知ってほしいのがコレステロールは殆どが体の中で作る事が出来るということ、しかし、三分の一程度は口にする食べ物から摂らなくてはいけないということ。つまりは体に足りない分を補う程度で良いので摂り過ぎは良くないということ。

Fotolia_58222308_XS-minコレステロールは悪いものだからというイメージを持ってしまって全く摂らないようにするという行動はコレステロールのバランスを崩してしまいますので結果として体調を崩してしまったり病気を引き起こす原因となってしまうのです。

この流れを知らないで偏った行動をしてしまう事が、コレステロール=病気の原因と安直に繋がってしまう事が私達にとってもコレステロールのイメージが悪くなってしまっている原因でしょう。

みやびのDHA&EPAオメガプラス

コレステロールが高くなる原因は?

定期検診や健康診断でコレステロールが高いという診断をされるという方は20代から徐々に増えています。

Fotolia_89769739_XS-minしかし、いざ高いと診断されても特に体調が悪いというような症状もなく、殆どの方は無自覚なので特に気にする事なく忘れてしまうというのが通常です。

そもそもコレステロールが高くなる原因がわからないという場合が多いかと思います。単純に油ものを食べ過ぎていた、と思う方もいらっしゃいますがそれだと半分正解で半分間違っていると言えるでしょう。

コレステロールが高くなる原因としてはまず食生活。

  • 肉類ばかり食べている
  • 牛乳やバター等の乳製品を摂り過ぎている

といった食生活の方は注意が必要です。

食生活は普通だと思っているけどコレステロールが高いから不思議だという方の中にはマヨネーズを愛用している方も非常に多いです。

Fotolia_73038955_XS-minマヨネーズには卵や牛乳といったようにコレステロールが高くなる食材を使っていますので、使う量を少し意識する事が大切になります。

また食生活以外に何らかのストレス、もしくは過労も原因の一つ挙げられています。

Fotolia_63471534_XS-min食生活はとくに問題がないのに疲れやすく、コレステロールも高いと出てしまったという時はストレスや過労がコレステロールを高くしている原因の可能性がありますので、なるべくリフレッシュ出来るようにすると良いでしょう。

高いとどんなリスクがある?

コレステロールが高いとどんなリスクがあるのか、コレステロールが体に欠かせない大切なものならむしろ高くても問題がないのではないかと思われがちですが、コレステロールは高すぎると様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。

例えば、近年日本人にどんどん増えていっている生活習慣病。

Fotolia_76055813_XS-minこれもコレステロールが増えすぎて高くなってしまうっている場合に起こしやすい病気です。

また芸能人の病気のニュース等でも多い動脈硬化もコレステロールが高い事によって引き起こされる病気の一つです。

Fotolia_69871819_XS-minコレステロールは増えすぎてしまうと血管の中の壁にくっついていきます。(一度ついてしまうととれません)

細いトンネルの壁がどんどん厚みを増してくる事で通れる道がどんどん狭くなる、というイメージをすると大変わかりやすいのですが、コレステロールが増えて血管内の壁に続々と付く事で血液の通り道が狭くなり、最悪血管が詰まってしまうという状況になってしまいます。

Fotolia_89035319_XS-min血管が詰まる箇所によっては、脳梗塞や心筋梗塞になってしまうでしょう。脳梗塞も心筋梗塞もどちらも血管が詰まって起きる症状です。

Fotolia_13006023_XS-min芸能人が倒れたニュースや死因、ドラマ等でもよく聞く二つなので知っている方も多いとは思いますが、どちらも死に繋がる病気です。

その他にも、

  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 脂肪肝
  • 閉塞性黄疸

といった病気になる可能性も高いです。

高脂血症は脂質異常症という呼び方が正しいので、こちらで診断される方もいらっしゃるかと思います。このようにコレステロールの高さは突然死を招きかねませんので、診断された方はしっかりと改善を心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク

下げる方法は?

コレステロールを下げる方法は、ずばり気づいた時点や自分が危ないなと思った段階で食生活を見直す事から始めるようにしましょう。

そのためにも健康診断や定期的な血液検査は重要です。

Fotolia_70334434_XS-minコレステロールの原因は先にも言ったように殆どが食生活によるもの、そして希にストレスや過労が挙げられています。なのでまずは食生活の改善から注目してみましょう。

以前はコレステロールの適量は、

  • 男性ですと一日に750mg
  • 女性ですと一日に600mg

が望ましいとされていました。

しかし現在はこの数値は撤回されています。

というのも体の中にあるコレステロールの数値は食事で大きな変動をしないとされたからです。しかしコレステロールが高い人は食事での管理が重要になります。矛盾しているように聞こえますが、数値が変わらないなら食べても良いというわけでは決してないということ。

コレステロールが高いまま食べ続ければ当然更に増えて病気へ繋がる恐れがあります。そうならないためにも、コレステロールの含まれる食べ物を控える事がコレステロールを下げていく事に繋がります。

Fotolia_43666991_XS-min要はコレステロールは雪の様に積み重なっているものです。少量ずつの摂取なら徐々に積み重なっていたものも次第に消えていきますが、積み重なっている上に更に同じような量を重ねていけば当然増えていくばかりという事になります。

なので、今ある以上のコレステロールにならない為にも摂取を控えていきましょう。

一番は病院で医師の診断を受ける事が大切ですが、一般的には肉類を今までの半分程に減らして、卵も一日に一個だけにするというのが効果的となります。

ネットでは各食べ物のコレステロール値を記載しているリスト等もありますが、あまり神経質になってもストレスになって良くないので、そういうものは参考程度に留めておくようにしましょう。

下げる食事は?

コレステロールを下げる食事というものがあります。

最近ではコレステロールを下げる事を目的としたレシピ本なんかも発売されている程ですので、昔程食事の管理が難しくなくなってきています。

コレステロールの入っている食品を摂るというよりは、コレステロールを合成させにくくなる食品を摂るようにするというのを心掛けると良いでしょう。

基本的にコレステロールを下げる食事というのは和食が一番です。

Fotolia_86976517_XS-min昔ながらの日本人の食事である、一汁三菜は特に理想的です。

お菓子も洋菓子より和菓子の方が断然コレステロールが低いです。

ダイエットではないので、食事の量を減らしたり同じものばかりを食べるような真似はしなくて良いのです。

単純に朝は和食。

お肉を食べる場合はコレステロールが低くタンパク質が豊富なものを摂るようにすること。野菜や海藻、魚といった健康的なものをバランス良く取り入れた食事がコレステロールを下げるのにはぴったりとなります。

それにプラスして軽い運動も取り入れる事が出来ると理想的な生活スタイルを作る事が出来るでしょう。

Fotolia_41962424_XS-min特別な事をしろというわけではなく、従来の日本人らしい食事をする事が一番コレステロールを下げるのに繋がるのです。

下げる食品とは?

コレステロールを下げる食品の中にもいくつか種類があります。

  • コレステロールを下げる食べ物。
  • コレステロールの吸収を抑えてくれる食べ物。
  • 肝機能を良くさせてコレステロールを処理する力を向上させる食べ物。

大きく分けてこの3種類になりますが、コレステロールを下げる食品として一番メジャーなものですと、イワシやアジといった青魚が上げられます。

Fotolia_80998853_XS-min

青魚には単純にコレステロールを下げるだけではなく、良質なタンパク質も含まれています。特に魚の脂の部分が一番効果的で、魚の脂にはEPAというオメガ3脂肪酸の一種が含まれています。EPAはコレステロールを下げるだけではなく、中性脂肪にも効果がある物質なので二重に体には嬉しいものです。

更に脂質異常症、いわゆる高脂血症の薬にも使われている物質なので、青魚は毎日でも摂りたい食べ物の一つとなります。

Fotolia_47556584_XS-minしかし魚が苦手という方も多くいらっしゃいますので、そういう方はサプリメントを利用するのもオススメです。

Fotolia_96261904_XS-minちなみにコレステロールの吸収を抑えてくれる食べ物には、わかめや昆布といった海藻類、キャベツやブロッコリーといった野菜類、豆腐や納豆といった大豆類、食物繊維があります。

肝機能を向上させてコレステロールの処理を高めてくれる効果がある食べ物には、イカやホタテ等の魚介類が上げられます。魚介類以外の食品でもありますが、タウリンの含まれる食品が対象となります。

これらの食品を上手く組み合わせて食生活に取り入れる事がコレステロールを下げるポイントとなります。

スポンサーリンク

コレステロールを下げるサプリは?

コレステロールを下げるには食生活の改善が一番ですが、魚や海藻等の海のものを食べるのが苦手な方も多いです。

そういう場合はサプリメントを利用するのも一つの方法となります。

Fotolia_53045985_XS-min一番良いのは病院で医師に相談した上で処方されるサプリメントがオススメですが、診断を受ける程ではないがコレステロールが高くなっているという診断を受けた要注意状態の方は市販のサプリメントにもコレステロールを下げるものが販売されていますので参考になればと思います。

コレステロールを下げるサプリは共通していくつかの成分が入っています。

  • DHA
  • EPA
  • 納豆キナーゼ

主にこの3つは確実に入っていてほしい成分となります。

コレステロールを下げるサプリメントとして人気上位も大体がこの成分が含まれており、全面に入っている事を押しているものが多いです。なのでいくらコレステロールを下げると謳った商品でも一応成分表を確認してこの3つの成分が入っている事を忘れずに確認してから購入しましょう。

沢山いろんなメーカーからコレステロール用のサプリメントが出ていて迷ってしまうという場合は、名前を聞いた事があるような有名メーカーから出ているものを試してみると良いでしょう。

おすすめはコレ!

バナー原稿_aimp

コチラもおすすめ!

バナー原稿imp

悪玉コレステロールが気になる方は!

基本をしっかりと行いサプリを活用するのが有効です。

ダイエットをして下がるのか?

ダイエットとコレステロールについてですが、コレステロールを下げるために何をしたら良いかわからずとりあえずダイエットを始める方はとても多いです。

Fotolia_74409625_XS-minそれと言うのも、健康診断でコレステロールが上昇してしまったという方のほとんどは急激に体重が増えたという場合が多いというのもあります。その結果、コレステロール=太っているというイメージを持ってしまい、とりあえずダイエットをして痩せれば全て元に戻るという考えに至る方が多いのです。

確かにダイエットは大切です。

Fotolia_22948166_XS-min急激に体重が増えてしまったなら他の病気にならないためにも尚更痩せる事は大切になってきます。

しかしダイエットをしたからといって必ずしもコレステロールが下がるというわけではありません。中にはダイエットをして痩せたらコレステロールが高くなってしまった、という悩みを持ってしまう方も少なくありません。

Fotolia_64027991_XS-minそもそも痩せたから、痩せているから、コレステロールが低いというイメージを持ってしまっているのが間違っているのです。

痩せている人でもコレステロールの含まれているものを沢山食べていれば当然コレステロールは上昇します。体質として食べても太らないと言っている方は要注意ですよ。

Fotolia_48423216_XS-minコレステロールを下げるために大切な食生活の改善ですが、これはコレステロールを含むものを控えめにする事が大切になります。ダイエットをして痩せたのにコレステロールが高くなったという方々は、最近流行りの炭水化物抜きダイエットをされた方が多いのではないでしょうか?

Fotolia_34170315_XS-min参考⇒炭水化物抜きダイエットは夜(夕食)だけでも効果的か?

炭水化物抜きダイエットはお米を食べないようにする代わりにおかずは好きなものを食べて良いという方法がメインですので、結果的におかずばかり食べるという形になります。そうすると炭水化物を抜くので体重は減りやすくなりますが、コレステロールはおかずに多く含まれていますのでコレステロールばかり摂り入れているという形になってしまいます。

そうなる事でダイエットしたらコレステロールが高くなったという一見矛盾しているような状況が起きてしまうのです。

コレステロールを下げたい方は無理にダイエットをする必要はありません。ちょっとだけ運動を取り入れる程度で、後は食生活を見直すので必然的に少しずつですが痩せていく事が出来ます。

断食は効果的?

断食とコレステロールは関係性があります。

というのも体の中のコレステロールを速く下げるために最適なのが断食です。断食というと水しか飲まないので体に悪いと思われがちですが、それは長期間行った場合の事を指します。

断食はダイエットとしては決して良い方法とはいえませんが、体の中をリセットするにはとても良い事と言われています。

Fotolia_52157190_XS-min参考⇒プチ断食で週末ダイエット!正しいやり方でデトックス効果も?

海外では研究もされ、断食した人の体内の血糖値やコレステロールが通常の数値まで戻す事が出来たという結果も出ています。

断食がコレステロールを下げる理由としては、普段私たちの体の中では食べ物から脂質を吸収していくという現象が起きています。こう言うと太るから嫌だと思う方もいらっしゃると思いますが、脂質を取り入れる事は体にとって大切だからこそ行っているものです。

しかし断食をするとどうでしょう?

食べ物を食べないので脂質を吸収する事が出来なくなります。それでも脂質は必要です。そうなると蓄積されている脂質を燃焼していくようになります。そうすると血液中のコレステロールを下げるという結果へと繋がっていくのです。

なのでコレステロールが気になる方は月に1回程度断食の日を作ると体が一旦リセットされてとても効果的ですよ。

注意していただきたいのは必ず連日はやらないこと。体調を崩しかねません。

Fotolia_33329558_XS-minそして無理をしないこと。

血糖値が下がりすぎてフラフラしてしまう方もいらっしゃいます。そういった場合はすぐに断食を止めて飴やごはん等の糖を摂るようにしましょう。仕事や予定がある時には向いていませんので、休みの日に行うのがオススメです。

起きているとどうしてもお腹が空いて辛いという場合は、殆ど一日中寝てしまうというのも同様に効果がありますのでお試し下さい。

スポンサーリンク

アルコールは適量で!

アルコールとコレステロールについてはあまり良くない関係性があります。

アルコールは適量ならば長生きにも繋がる飲み物といわれていますね。特に日本酒ならば一日に一合二合程度ならば将来的に心臓の病気にかかる可能性が低くなるとまで研究結果が出ています。他のアルコールですと、ビールならば大きい瓶のもので一本、ウイスキーならば指二本ぶんの量を二杯が適量の範囲内とされています。

しかしそれ以上を超えてしまうと、肝臓への負担はもちろんコレステロールを高くしてしまうという影響が出てしまうのです。

Fotolia_70069226_XS-min適量内だと長生きの素にもなるアルコールですが、適量以上を飲んだ途端に心臓の病気になりやすくなり、死亡率もグンと高くなってしまうのです。近年ではとても多い糖尿病や肥満にも繋がりやすくなります。

またアルコール単体のみならず、アルコールと一緒に食べるおつまみにもコレステロールは多く含まれています。

Fotolia_69077201_XS-minアルコールと一緒ですと更にコレステロールを高める原因となりますが、中にはアルコールは摂らなくてもおつまみが好きという方もいらっしゃいますが、そういう方も要注意です。

アルコールを摂るなという事ではありません。アルコールでストレスを解消するという方も多くいらっしゃいますよね。大切なのは適量の摂取にすること。そしておつまみはなるべく脂肪分の少ないものを選んで食べること。

これがコレステロールを高くならないようにする気をつけながら楽しむアルコールのポイントです。

遺伝との関係は?

コレステロールと遺伝も関係がないわけではありません。

コレステロールが高い原因と言えば一番多いのはやはり食生活によるものです。次いで過労や何らかのストレス。

しかしそれだけではなく、実はもう一つコレステロールが高くなる原因があります。それが遺伝によるものです。

遺伝によるコレステロールの上昇の場合、家族性高コレステロール血症という病気の場合があります。この家族性高コレステロール血症になっていると、本来加齢の方に多い心筋梗塞等や脳梗塞が若い年齢でもなる可能性が出てきてしまいます。

家族性高コレステロール血症は、普通の人よりも肝臓の細胞表面にあるLDL受容体と呼ばれるタンパク質が少なかったり、機能に何らかの障害があることでコレステロールを上手く吸収する事が出来ず、コレステロール量が増えてしまうという病気になります。

これが両親から遺伝してしまう事はもちろん、片方の親からでも遺伝する事があります。

遺伝性という事やそういった病気がある事があまり広まっていないため、特殊な病気かと思われがちですが、200人から500人に一人はこの家族性高コレステロール血症をかかえているとされています。凄く珍しいという病気ではありませんが、この病気を見つけるのはよほど症状が出ていない限りはなかなか診断が珍しいとされています。

見逃す医師も少なくはないのが現状です。

なのでまずは自分でも警戒をするのが大切です。

例えば、一番わかりやすいのは健康診断で毎回コレステロールが高いと診断される場合。

Fotolia_76285967_XS-min他には家族や親族に50代よりも下の年齢で心臓病等で亡くなった方がいる場合。

これらは遺伝性を疑う必要があります。疑って何もないなら問題ありません。何かあった時に疑いがあった方が少しでも早く治療をする事が出来ます。遺伝性の場合は適切な治療が大切になります。しっかりと治療をしていれば普通の人のように長生きする事も出来ます。

面倒くさがらずしっかりと診察と相談を行いましょう。

肥満は原因の元!

痩せてもコレステロールが高い方もいらっしゃいますが、殆どの場合は肥満が原因として問題になっています。

Fotolia_87739877_XS-min肥満は様々な病気に繋がります。

代表的なのは糖尿病ですが、高血圧や高脂血症といった生活習慣病が沢山の病気に繋がる可能性があります。

簡単に言ってしまえば特別な薬に頼らなくても痩せるだけで様々な病気のリスクを低下させる事が出来るということです。

コレステロールと肥満はとても密接です。

肥満の方が全員というわけではないですが、高コレステロールの方は大体が肥満になっていますので、健康診断等でコレステロールが高くなっていると注意を受けた場合は食生活を見直して、食事を利用してのダイエットを始めるようにしましょう。

Fotolia_50767979_XS-minもちろん運動も大切ですが、激しい運動をすれば良いというわけではありません。

少しのウォーキングと和食を中心とした適切な量の食事を心掛けるだけで自然と痩せていく事が出来ます。健康的なダイエットともいえます。

Fotolia_42971072_XS-min参考⇒健康的にダイエットする方法は食事が大事?【メリットたくさん!】

中には希に肥満でもコレステロールは正常という方もいらっしゃいますが、いつコレステロールが高くなるかわかりませんので油断せずにしっかり日々気をつけるようにしましょう。

口コミでの効果的な方法は?

口コミでみるコレステロールを下げた方法は、一番多いのは医師の診察を受けて処方された薬やサプリメントです。

Fotolia_62586321_XS-min当然ですが、医師がしっかり診察してその人にあった量の薬を処方しているので、自分でなんとなくで買ったサプリメントをなんとなく飲むよりは効果が期待できます。

もちろん市販のサプリメントも口コミでは人気です。

手軽に購入することが出来る事や、効果もそれなり発揮するのがその魅力でしょう。もちろん散々コレステロールを下げる方法として上げている食生活の改善も、効果があると口コミでも見かけます。

食生活が上手く改善出来ないという方はまずはおかずの量を半分にしてみたり、少し物足りないくらいで食事を止めておきましょう。何も一週間でコレステロールを下げろというわけではありません。慌てる必要はないので、自分のペースで少しずつ改善していくのが大切です。

実際口コミでも食事を今までよりも半分にする事から始めたという方はとても多いです。

他には家族と相談しながら、一人暮らしならコンビニやスーパーでお弁当等を買う際は野菜や魚を意識したものにした、という口コミも見かけました。

Fotolia_72083081_XS-minこの事からわかるように、背伸びをする必要はなく自分に出来る範囲で気をつけていく事が改善には必要な意識となるのでしょう。

コレステロールを下げる方法は?【サプリと食事対策が効果的!】のまとめ

コレステロールを下げるにはまずは毎日の食生活と習慣の改善が大切です。高いまま放置をしておくと病気のリスクにもつながりますので、健康診断などで分った際に対策をしていきましょう!

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top