ダイエットブックBIZ

皮下脂肪を効果的に減らす3つの方法とは?

スポンサーリンク

皮下脂肪は脂肪の中でもっとも減らしにくいと言われています。洋なしのような体型をしている方は皮下脂肪が溜まっている可能性が多いですが、ただやみくもにダイエットしても皮下脂肪は減っていきませんので、効果的な落とし方をご紹介していきます。

hikasibou

皮下脂肪は長年の脂肪の蓄積によって、溜まっていくのもなので、ダイエットを頑張っても、なかなか減っていかない傾向があります。頑張っても減っていかないので、諦める人もいますが、皮下脂肪も脂肪には変わりありませんので、必ず落ちていきます。

たっぷり溜まった皮下脂肪を何とかしたいのである漢方を試してみました!まずはレビューをご覧ください⇒皮下脂肪のために生漢煎を飲んでみた!

スポンサーリンク

皮下脂肪は減らすのが大変?

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪が多い方は洋ナシのような体型に多いとされています。

yonasi1

皮下脂肪はどのような状態なのかというと、皮膚のすぐ下の部分に脂肪がついてしまっている状態になります。実はこの皮下脂肪はかなり消費することが大変と言われている脂肪になります。

皮下脂肪は消費されることがなかったエネルギーを長い時間かけて徐々に蓄積されてついていく脂肪です。

エネルギーが足りなくなったからといってこの皮下脂肪からエネルギーをもらうようにしているので、エネルギーが足りない状態にしなければいけません。これがかなり大変としていて、食事制限だけでしっかりと脂肪燃焼をしてくれるわけではなく、運動をしてよりエネルギー消費をしないと脂肪燃焼をしてくれません。

Fotolia_43677829_XS-min

参考⇒食事制限ダイエットは短期で効果を出せる!【停滞期は長い?】

脂肪燃焼が大変だからこそ皮下脂肪がついてしまうと大変になりますので覚えておきましょう。

皮下脂肪がつく原因とは?

皮下脂肪を燃焼させることはかなり大変になっているので、まずはつかないようにすることが必要です。

そこで知らないといけないのが、なぜ皮下脂肪がついてしまうのかですが、原因はとても簡単になります。

皮下脂肪はエネルギーを貯蓄しているからこそなので、エネルギーの消費に対してカロリーを取り過ぎてしまうのが原因です。

atsushi

バランスがとてもいい状態ではないからこそ皮下脂肪がついてしまいますので、まずはバランス良くすることが大事です。

激しい動きをしないのならあまりカロリーを取らないようにする、そしてある程度動くようなら、どのくらいカロリー消費をしているかよく考えてそれからバランスの良い食事をしましょう。

参考⇒バランスの良い食事はダイエットに効果的?【おすすめメニューは】

健康にもバランスがとても重要なので、簡単に考えるのではなくより真剣に取り組んでいくことがオススメです。

スポンサーリンク

男性よりも女性の方がつきやすい

皮下脂肪が付いてしまうのは男性でも女性でもあるのですが、実は女性のほうがつきやすいとしています。

なぜ女性のほうが皮下脂肪がつきやすいのかというと、これには大きな理由があります。大きな理由としているのが子宮を守るためになります。子宮は子供を作るためにとても重要としている内蔵になっていて、しっかりと守るようにしておかないといけません。

妊婦

特に赤ちゃんができると、お腹が大きくなり子宮を守れるのが皮膚だけになってしまいます。

それではしっかりと守ることが出来ないので、皮下脂肪をつけるようにして守っています。この仕組があるので、女性の方はどうしても皮下脂肪がつきやすい体になっています。

効果的な減らし方とは?

皮下脂肪は頑張ってダイエットをしていてもなかなか減ってくれない脂肪になっています。そのため一番知りたいのがどのようにすると皮下脂肪を減らすことができるのかです。

ではどのように減らすことができるのかというと、それは有酸素運動をすることです。

Fotolia_74409625_XS-min

参考⇒有酸素運動はダイエットに効果的?【室内でも心拍数管理!】

エネルギーの貯蓄なのが皮下脂肪なので、食事制限をしていても殆ど減ってくれません。

attractive asian woman eating salad

減らすために大事なのが運動をしてエネルギーの消費をすることです。

激しい運動でも消費をしてくれるのですが、ただ、激しい運動になると長時間できません。

Fotolia_71036433_XS-min

長くどんどんとエネルギーの消費をしていくことが効果的なので、長い時間運動ができる有酸素運動がオススメになります。ただ運動をしてすぐに減らすことができるわけではなく、ある程度時間が必要なので長く続けることも大事になります。

シボヘールも使ってみる?

機能性表示食品のシボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪が気になる方におすすめです!

ウエスト周りが気になってきた人も要チェック!

筋トレで減らないのか?

皮下脂肪を燃焼させるためには筋トレがいいと言われています。

確かに筋トレをすることによって脂肪の燃焼をしてくれるのですが、しかし、十分な方法なのかというとそうでもありません。実は筋トレだけでなく有酸素運動をすることでより皮下脂肪を燃焼が出来ます。

ランニング

筋トレは筋肉をつけるトレーニングになっていて、脂肪燃焼をさせているわけではありません。筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるようになり筋肉を育てるようになります。この成長ホルモンが脂肪を分解するようにして、燃焼しやすい状態にしてくれます。

この時に有酸素運動をすると、程よい筋肉がつくようになり筋肉にならなかった脂肪が燃焼をしていきます。筋トレだけをしていると、筋肉がつきすぎてしまう場合もありますので、程々にして有酸素運動で皮下脂肪を減らしていきましょう。

スポンサーリンク

漢方を使ってみる方法もある

皮下脂肪を減らす方法として有酸素運動がオススメなのですが、実は漢方でも皮下脂肪を燃焼することが出来ます。

漢方で防風通聖散という成分があるのですが、これがエネルギーの消費力を高めてくれるため、皮下脂肪を減らすことが出来ます。

漢方なので薬のように副作用が多いわけではなく、かなり少なくなっているため安全でオススメです。

ただこの漢方を飲むことだけでは当然、皮下脂肪がどんどんと減ってくれるわけではありません。

運動をする、そしてカロリーの摂取量を管理するなど違う部分でもダイエットしていくことが大事です。

Fotolia_66043824_XS-min

そしてその人の合う合わないが出てきてしまい、合わない場合には気持ち悪くなるなどいろんな症状が出ます。ちょっとでもおかしいと感じた場合には、飲むことをやめるようにしてください。そしてそれでも調子が悪いようでしたらすぐに病院に行って診察をしてもらうようにしましょう

この漢方はいかが?

本気で脂肪を落としたい方におすすめです!

余分なお腹の脂肪を分解!燃焼!排出促進!使ってみる価値ありかも。まずはレビューをご覧ください⇒皮下脂肪のために生漢煎を飲んでみた!

サプリならコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

どうしても減らない時には?

ダイエットをしていても、皮下脂肪がなかなか減ってくれない場合が非常に多いです。

実はこれが当然の結果としていて、皮下脂肪は一番最後に燃焼をする脂肪になっているので、極限まで行かないと全く減らない可能性があります。では皮下脂肪が減らない場合どのようにしていけばいいのでしょうか。

皮下脂肪を減らすために大事になってくるのが、長い期間無理のないダイエットをしていき、毎日じゃなくてもいいので定期的に有酸素運動をすることです。

Fotolia_41962424_XS-min

ダイエットをしている時に一番減りやすいとしているのが内臓脂肪などで、一番減りにくいのが皮下脂肪です。

そのため、内臓脂肪をある程度なくすようにしていかないと、皮下脂肪が減りません。

naizousibou参考⇒内臓脂肪の落とし方の3つの法則とは?【食事と運動でラクラク!】

そして食事制限だけのダイエットをしていると、エネルギー消費が少ないのでこれもまた皮下脂肪が燃焼しません。大事なのが運動を長い期間することなので、無理のないように気長に減らしていくようにしていきましょう。

皮下脂肪を効果的に減らす3つの方法とは?のまとめ

皮下脂肪を減らすには継続的なダイエットが大事です。無理なく長期的に行うことがポイントです。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top