ダイエットブックBIZ

太らない体質を作る方法は?【筋肉アップで理想のボディ!】

スポンサーリンク

太らない体質を作る方法は運動や食生活の見直しが大切です。筋肉をアップさせることで代謝促進になりますので太らない体質を作ることができます。また遺伝や胃下垂などでも太らない体質になることもあります。

Fotolia_68192559_XS-min

太らない体質を作るには、正しい食生活と筋トレですがポイントです。遺伝的なものや胃下垂などでも太らない体質ともいえますが、これは手に入れることはできないので、日ごろの生活で作るしかありません。

スポンサーリンク

太らない体質を作る方法は?

全ての人が同じスピードで太っていくそして痩せていくわけではありません。

その人によって太りやすかったり、痩せにくかったりと違いがあり、体質によって太る太らないが変わってきています。そこで太りやす人は太らない体質にしようとするのですが、方法がどのようにしていけばいいかがわかりません。

Fotolia_39417651_XS-min

では太らない体質にするためにはどのようにしていけばいいのかですが、まず遺伝に関してはこれはどうにもなりません。

Fotolia_58506071_XS-min

遺伝よっても太りやすいにくいがあって、これは頑張ったとしても改善できるわけではありません。しかし遺伝に関係していない部分では改善を可能としていて、太らないような体質にすることが出来ます。

まず一番大事になってくるのが、カロリー消費ができやすい状態にしてあげることです。

カロリーがどのくらい消費できているのかによって、太る太らないが違ってきてしまいます。なのでカロリーが出来るだけ多く消費できるようにしてあげることが最も重要としてきています。

そのためにも、基礎代謝を高めて上げる必要がありますので、基礎代謝を高めれば太りにくい体質になってくれます。

ガッツポーズをする女性

この基礎代謝ですが、ちょっとした生活の変化でもすぐに悪くなってきてしまいます。生活リズムを整えてそして食べる物もしっかりと管理していく、さらに適度な運動をすることで基礎代謝を高い状態で維持できます。

young asian woman jogging in the park

まずは生活リズムから変えるようにして、太らない体質を作っていきましょう。

太らない体質には筋肉が重要?

太らない体質になっている人で筋肉がある程度付いている人がかなり多くいらっしゃいます。

Fotolia_20096705_XS-min

そこで気になるのが、太らない体質にするためには筋肉が必要としているのかどうかになります。では実際にどうなのかというと、ある程度筋肉は必要としていて、筋肉がないよりも筋肉があるのが一番です。

なぜかというと、まず太らないためにかなり必要としているのが、カロリー消費を多くすることです。

カロリーをするために必要としているのが動くことで、あまり動いていないとそれだけカロリーの消費をすることが出来ません。

Fotolia_51057670_XS-min

これは元々太らない体質な人も同様としていて、全く動いていなければ太らない体質な人でも太ってしまいます。

ある程度動いている人になると、当然筋肉もある程度ついてくれますので、太らない人の体質になっている人の多くは筋肉がついています。

そして筋肉が動くことによってカロリー消費をしてくれますので、自然と筋肉があることで太らない体質になってきてくれます。なので太らない体質にするためにはある程度の筋肉が重要になります。

筋肉をつけるように運動することで、痩せていってくれる可能性が高まりますので、まずは運動をしていくようにしましょう。

スポンサーリンク

遺伝なのか?

太りやすい体質そして太りにくい体質は遺伝で決まってしまうとよく言われていることです。

そうなると努力しても太ってしまうのではと考えてしまいますので、諦めてしまう方が実際に多いです。では本当に太らない体質は遺伝で決まってしまうのでしょうか。

どのくらいカロリーを消費するのか、そしてどのくらい吸収をしてしまうのかは遺伝によってある程度違いが出てきてしまいます。

Magen, Darm, Magenmedizin, Untersuchung

しかしこの体の構造の遺伝によって太る太らないが決まってしまうのではなくて、どのような生活しているのかで体質が変わってきます。まずある程度大きくならないと大人とほとんど同じような食生活になってしまいます。

太っている人の家計でよく見られるのが、乱れている食生活で、かなり多い量になっていたりカロリーがとても多い食べ物中心になっていたりします。

お菓子とジュース

同じように食事をしているわけですので、当然親と同様に太ってしまったりするため遺伝でその家系は太っていると見られてしまいます。しかし食生活を親と同じようにするのではなくて、小さい頃からしっかりとしていることで太っている親だとしても太らない子供になります。

なので実際に遺伝というよりも生活が同じだからこそ同じになると考えておくことが一番です。

胃下垂は太らない?

胃下垂になっていると太らないとよく言われていて、実際に胃下垂の人の多くは痩せています。

Fotolia_68937664_XS-min

そこで気になるのが本当に胃下垂が原因で太っていないのかです。では胃下垂になっていると太らないのかどうかを説明いたします。

胃下垂になっていると太りにくいのは事実としていて、なかなか太りません。

まず胃下垂は通常よりも胃がかなり下の部分にある状態のことを表しています。胃が下のほうにあるとどうなるのかというと、通常よりも食べたものが位にとどまる時間がかなり長くなります。

カロリーなどの栄養は胃ではなくて腸で消化されながら吸収されていますので、胃で消化されすぎてしまうと栄養がなかなか吸収できません。

そのため食べているけれどもカロリーが吸収されないため、なかなか太らない状態になります。

atsushi

なので胃下垂になっていると太らないのは本当で、太らない体質と言えます。

当然胃下垂はいい部分だけでなく悪い部分も存在していて、栄養吸収がなかなか出来ないからこそ、栄養出張になる可能性が高いですし、位にとどまる時間が長いからこそ食べたくない時間も長くなり、結果として痩せ過ぎになる可能性もあります。

この胃下垂はなりたくてもとても簡単になれるわけではありませんので、ただ胃下垂になると太りにくいと覚えておくだけにしましょう。

太らない体質を作る方法は?【筋肉アップで理想のボディ!】のまとめ

たくさん食べても太らないような体質は夢のような体質ですね。筋肉量をアップさせることで代謝をアップさせましょう。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top