ダイエットブックBIZ

1日2食ダイエットの効果は?【抜く食事でデメリットもあり!】

スポンサーリンク

1日2食にすることでダイエット効果を得る方法ですが、抜く食事でもっとも効果的なのは朝昼夕のどれでしょうか?3食食べている方にとっては辛いダイエットかもしれません。

Fotolia_82608879_XS-min

1日2食ダイエットの効果は1食分のカロリーダウンによるダイエット効果ですが、朝昼晩と抜く食事によっては生活や仕事に支障が出てデメリットもありますので注意が必要です。3食食べると太るという声もありますが、2食にしたらどれほどの効果が期待できるのでしょうか。

スポンサーリンク

1日2食ダイエットとは?

1日2食ダイエットとは、普段1日3回食べている方が、2食に減らして摂取カロリーを抑えることで、ダイエットをしようという方法です。

Fotolia_76229235_XS-minダイエットをするには、摂取カロリーを抑えることが最も簡単にできる方法で、すぐにでも始められるダイエット方法です。

食べることが何よりも大好きという方にとっては、とても辛いダイエットになりますが、3食のうち1食減らすだけなので、少しの間だけ我慢すればいいだけです。

Fotolia_29486780_XS-min

参考⇒食べる事が好きな人のダイエット方法はコレ!【おすすめ4選】

そのため、お手軽ダイエットとも言えます。

運動をする必要もないので、運動が苦手という方にもおすすめなダイエット方法なので、ダイエットをしたいと考えているている方は気軽にこのダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

1日2食ダイエットの効果とは?

1日2食ダイエットの効果としては、1日の摂取カロリーを抑えることができるところです。

Fotolia_52157190_XS-min消費カロリーがそのままで、摂取カロリーを抑えることができれば自然と痩せることができます。

しかし、注意が必要なのが、食べる量です。

Fotolia_22948166_XS-min

1食分を食べなくしても、他の2食で、除いた一食分の量を食べてしまっては意味がありません。

Fotolia_77914532_XS-min

あくまでも、食べる2食分は普段の量を維持した状態で、1食抜くことで効果を発揮します。

1食抜いた後の食事では、どうしてもお腹が空いているので食べ過ぎてしまいます。ここが、このダイエットで難しいポイントの一つです。1食分抜いた後の食事で、普段通りの量の食事を準備し、それ以上の量を食べないように心がけることがこのダイエットの成功へのポイントとなります。

やり方はとても簡単!

このダイエットのやり方としては、1食分を抜くだけです。

しかし、食事を抜く時間を朝にするのか昼にするのか、夜にするのかによって、メリットやデメリットも違ってきます。

自分にとって一番ダイエットのしやすいタイミングで、1食抜くのがおすすめです。

Fotolia_50457922_XS-minダイエットを始めても長続きしなくては意味がありません。大切なのはダイエットを続けることです。

参考⇒ダイエット継続のコツとは?【失敗しても再チャレンジ!】

ダイエットを続けることにより効果を実感できます。

そのため、まずは自分にとって、どのタイミングで食事を抜くことが、長続きしそうか考えます。そして、どのタイミングで抜くのが一番効果的なのかを知り、長続きしそうで、少しでも効果が高まりそうなタイミングで、このダイエットを始めることが、このダイエットを成功させるための近道です。

スポンサーリンク

朝食抜きのデメリットは?

このダイエット方法では、朝を抜くという方が多くいます。

Fotolia_86976517_XS-min参考⇒ダイエット中の朝食メニューは和食がおすすめ!【パンやシリアルはどう?】

もともと、朝食を抜く方は多く、このダイエットを始めるには最適と考える方もいるようです。

しかし、朝食は人が活動する上でとても重要な食事です。

朝にしっかりと食事をすることにより、その日の活動量も変わってくるといっても過言ではないくらい重要な食事となります。朝からしっかりと仕事や家事をしたいという方には、朝食を抜くことはおすすめできません。

このように、活動的な1日を過ごせなくなることが朝食を抜くことのデメリットとなります。忙しい生活を送っている人こそ、このデメリットを回避するためにも、朝食を抜くことはおすすめできません。健康的なダイエットをするためには、朝食は必要です。

昼抜きの効果とデメリットは?

忙しい毎日を送っていると、昼食もとらずに仕事をしているという方は多くいます。

Fotolia_63471534_XS-min

参考⇒ダイエット中のランチの理想メニューは?【外食やコンビニの注意点】

この昼食を抜くことのデメリットとしては、職場などでは、みんなが昼食をとっているのに自分だけ、何も食べないという時間を過ごさないといけないというデメリットがあります。

仕事をしていると、誰でもみんなと同じように時間を過ごしたいと思うのではないでしょうか。

昼食を抜くことにより、少し孤立感を感じることも出てくるかもしれません。

しかし、主婦の方ならこの時間を抜くのはいい時間帯です。家族もいない時間帯なら、気軽にこのダイエットをすることができます。昼食を抜くことは、その人の生活スタイルによってメリットやデメリットがあります。デメリットがないのなら、昼食を抜くのはいい時間帯と考えられます。

夕食抜きの効果とデメリットは?

夕食を抜くのはダイエット効果を高めるうえでメリットがあります。

夜仕事をする方は、夕食が大切になりますが、昼間に仕事をする方は、夜は活動量が減るため、あまりカロリーを必要としません。そのため、夕食を多く摂取してしまうと太る原因となります。

しかし、夕食では友人と飲みに行ったり、家族との団らんを楽しむ時間帯であり、このコミュニケーションの時間が減ってしまうのがデメリットです。

Fotolia_50767959_XS-min

一人暮らしで、夜に外食をほとんどしない方にとっては、夕食を抜くのはダイエット効果を高めるためにもいい時間帯なのですが、友人とよく夕食を摂るという方、家族との団らんを大切にしたいという方にはデメリットの多い時間帯です。

このダイエットでは、自分の生活スタイルの中でデメリットのない時間帯ですることが大切です。

スポンサーリンク

そもそも3食は太るの?

このダイエットをしようかどうか迷っている方の中には、そもそも3食食べると太るのかどうかという疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

結論から言って、3食食べるほうが健康的で、太ることもないと考えられます。

Fotolia_95841320_XS-min

参考⇒健康的にダイエットする方法は食事が大事?【メリットたくさん!】

ここで大切になるのが、食べている量です。

1日2食でも3食分以上の食事をしていては意味がありませんし、3食食べていても、1回の食事量が少ないのなら太る心配もありません。

ただ、食べることが大好きな方は、3食食べると食べ過ぎてしまうという方がいます。

食べ過ぎれば摂取カロリーも多くなり太ることとなります。このような方は、1食分を抜くことにより1日の摂取カロリーを調節することができます。このダイエットで大切なのは、1日2食にすることがいいということではなく、1日の総合の摂取カロリーを減らすことが大切です。

成功できた口コミは?

1日2食ダイエットをして成功している方の口コミでは、12日目で体重が1キロ減ったという声がありました。

この方は、朝食は食べ、その後12時間は何も食べないという方法を実行したようです。

5時30分に朝食を食べ、その後、食事をするのは18時の食事です。

Fotolia_81530759_XS-min参考⇒午後6時以降食べないダイエットの効果は?【成功口コミ多数!】

この食事をしない間は水だけで過ごしたそうです。

このダイエットを体験して得た効果としては、体重が減っただけでなく、花粉症が軽くなったり、ひざが痛くなくなった、気持ちがいつも前向き、などといった効果もあったようで、このダイエットで体重だけでなく、その他の効果も得られたと感じているようです。

1食抜くだけなので、劇的な変化はなさそうですが、体への負担も少なく、試す価値のあるダイエット方法です。

1日2食ダイエットの効果は?【抜く食事でデメリットもあり!】のまとめ

今まで3食食べていた方にとっては、食事を抜くというのはとても辛いダイエットになります。慣れるまでには時間がかかりますが、短期間で数キロダイエットしたいという方には向いているダイエット方法かもしれませんね。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top