ダイエットブックBIZ

体が固いと太るの?【柔らかくなると痩せるのか】

スポンサーリンク

体が固いと太るというより、体が柔らかい人の方が血の巡りなども健やかで痩せやすいとことはありますので、毎日のストレッチなどはダイエットに有効です。効果を感じるまでは時間がかかりますので毎日の積み重ねが大事です。

Fotolia_115689944_XS-min

体が固いと太ると言われることがありますが、ストレッチなどをして柔らかくなってくると血の巡りが良くなり、代謝が上がったり、冷えなどを解消できたりしますので、おすすめです。固い体を改善するために毎日ストレッチをしていて結果的に痩せたという口コミもあります。

スポンサーリンク

体が固いと太るの?

体を痩せる為に、ストレッチなど体を柔らかくする事がよく言われています。

Fotolia_76053737_XS-minストレッチのダイエット効果は?【お腹や足痩せにも!】

しかし、実際には体が固いと太るのか?不思議だと思います。

運動などで、体を痩せる為に実際に行うのならば痩せやすい状態に体がなりやすいのは理解しやすいと思います。

Fotolia_62364093_XS-min参考⇒痩せやすい時期と体質の作り方!【食事方法には特徴が?】

実際には、体が固いと股関節や筋肉が硬くなっている事が多いです。

特に、筋肉が硬い場合には筋肉の中を通っている血管の流れが悪くなり、体に必要な栄養と酸素が必要な量が運ばれにくくなります。

Fotolia_68294236_XS-minこれによって、体が冷えやすいなど代謝が低くなってしまう結果になってしまいます。

Fotolia_28602586_S-min参考⇒冷えとりダイエットの方法は下半身から!【じわりと効果が?】

本来は、血管の流れが良くなると体温を上げる為にもより多くのエネルギーが必要になります。

体が固いと太るのは、体の代謝が悪いという事です。

Fotolia_56231312_XS-min参考⇒基礎代謝を下げずにダイエット方法は?【筋トレが効果的!】

体が使うはずだったエネルギーを体に貯めこんでしまい、結果的に体が太りやすい状態になります。

参考⇒太りやすい原因は食べ方?【時間帯や遺伝も関係!】

基礎代謝と呼ばれる、人が運動などを行っていないで普通に過ごしている時でも消費されるエネルギーです。

基礎代謝でより多くのエネルギーを消費しやすい状態に近づけるには、基礎代謝の約40パーセントが筋肉からエネルギーを消費されやすい為に、筋肉の量を増やしてより多くのエネルギーを消費しやすい状態にしていく事が痩せやすい体作りには効率的な方法の1つです。

体が固いとデメリットが多い?

体が固いとデメリットが多いとは感じないけれども、子供の時には体が柔らかったのに、大人になると体が固くなってしまった方は多いと思います。

Fotolia_59045819_XS-minしかし、体が固いといっても日常の生活を送っていると困った事や苦労したことがないと考えられる方は多いと思います。

体が固いと、デメリットは他にも多くあります。

特に働く方には困った症状などが出やすくなります。

その1つに、肩こりや腰痛です。

Fotolia_41933045_XS-min本来は、肩こりなど筋肉が硬く血行が悪い為に頭痛起こりやすい症状です。

現在では、肩こり対策のグッズでも様々な種類が多く販売されている程、肩こりで悩む方が多いです。

そしてもう1つの、腰痛ですが体が固い為に思わぬアクシデントで本来の動きが出来ずに転倒してしまうなどによって腰痛に繋がってしまうパターンと、体が固い為に、姿勢が悪くなってしまい腰に負担が掛かりやすい状態になって腰痛になってしまいやすいなどがあります。

そして、血管の流れが悪くなるために、血管を通り運ばれる老廃物などを運ばれなくなってしまい疲れが取れにくい体になりやすいです。

Fotolia_44302065_XS-minもちろん、筋肉の血管の流れが悪い為に筋肉で行われる代謝で消費されるエネルギーの量も、当然少なくなってしまいやすい状況が出来上がりやすくなります。

スポンサーリンク

柔らかくなると痩せる?

特に、体をやわらかくすると痩せる所があります。

それは、肩甲骨の近くにある褐色細胞というものが多くあります。

Fotolia_35055145_XS-min参考⇒肩甲骨ダイエットで脂肪を燃やせ!ストレッチポールの効果とは?

この褐色細胞は、刺激を受けると代謝を高めて脂肪を燃やす働きが大きい細胞だと言われています。

Fotolia_77875165_XS-min体の中にある褐色細胞は、ごくわずかなので褐色細胞だけて体が痩せる事はないですが、筋肉よりも数十倍の熱を作り出す為に、エネルギーを多く消費して体が痩せやすい状態になる一歩だと思います。

それに加えて筋肉を柔らかくておくことで、より代謝が良くなりエネルギーを消費しやすくする状態にする為に筋肉を柔らかくしておきます。

これらによって、効率よく代謝が行われて体が痩せやすい体になります。

Fotolia_64667404_XS-min基本的に、体をやわらかくすると痩せるのは体の血管の血液の流れを良くする事によって代謝が良くなる為に、痩せやすい体になりやすいです。

そして、体が柔らかいと筋肉の代謝が良くなる為に、基礎代謝も高くなり運動を行っていないにも関わらず、日常の生活で消費されるカロリーが大きくなるのも大きな特徴です。

Fotolia_70326718_XS-min参考⇒ながらダイエットでお腹や足を細く!【家事や立ち仕事で】

体を柔らかくしておくと、それだけ体を動かせる範囲が広くなり為に意識しなくてもよりおおきな体の動きを日常の中でも行ってしまう事によって、消費されるエネルギーも大きくなり、体が痩せやすい状態に徐々になって行きます。

柔らかくする方法は?

特に、体を柔らかくしておきたい所は股関節で足を通っている大きな血管もあり血液の流れを良くしておきたい場所です。

Fotolia_39249098_XS-min参考⇒股関節ストレッチダイエットは下半身痩せに効果!【むくみ解消へ】

その他に骨盤や背中の肩甲骨と言われている所も一緒に柔らかくしておきたい場所だと思います。

体をやわらかくする方法は、ゆっくりと湯船に浸かり血液の流れが良くなった状態で行うストレッチは、体を柔らかくするのに効果的です。

Fotolia_59781177_XS-min参考⇒お風呂でダイエット!その効果は?【お腹スッキリで脚やせも】

ストレッチは、1日3回と決めて毎日行うと体が固い方でも徐々に体が柔らかくなって行きますので、焦らずにじっくりと取り組み事が必要です。

睡眠前にストレッチをしておくと、眠りやすくなり代謝が良くなる為に、脂肪が燃焼されやすいメリットなど毎日の生活に大きなメリットがあります。

睡眠不足は太りやすくなりますのでご注意を!

Fotolia_33141588_XS-min参考⇒睡眠不足は太りやすい!原因は何?【時間を見て回避】

いくらストレッチを毎日行うのならば体を1秒でも早く柔らかくしたいと言う思いが強くなってしまい、ついつい無理をしてしまう方も多いと思います。しかし、アキレス腱など腱や筋肉などをケガさせてしまう結果になりやすい為に、無理なストレッチには注意が必要です。

体をやわらかくする方法は、ストレッチで実際に行う際にちょうど良い加減は、ストレッチを行っていて反動を付けずに痛気持ちいい位がちょうど良いと言われています。

そして、肩の力を抜いてリラックスした状態で呼吸も止めずに行うと、より無理のないストレッチにつながると思います。

体が固いと太るの?【柔らかくなると痩せるのか】のまとめ

ストレッチをしてもすぐには体が柔らかくなることはありませんが、1~2週程度行っていくうちに徐々に効果が出てきますし、冷え性の方は血の巡りが良くなり、温かく感じることも多くなります。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top