ダイエットブックBIZ

お尻のたるみの原因は?産後はエクササイズで解消できる!

スポンサーリンク

お尻のたるみの原因は加齢による筋肉不足が主ですが、エクササイズなどで筋肉をつけることでお尻のたるみを解消できます。また産後は骨盤が開き、それにともないお尻のたるみが起こりますので産後6ヶ月以内に対策をしていきましょう。

Fotolia_56193722_XS-min

お尻のたるみの原因を把握して対策することでお尻のたるみは解消できます。しかし皮のたるみになるとなかなか改善することは難しいといわれています。また、脂肪吸引などでお尻のたるみをする場合には注意が必要になります。

スポンサーリンク

お尻のたるみの原因は?

最近お尻が下がって見える、大きくみえるなどと感じてる人がいるのではないでしょうか。

それはお尻のたるみが原因かもしれません。

ピッタリとしたパンツやスカートをカッコ良く着こなそうとしてもお尻がたれていてはカッコ良くは見えません。そこで、お尻のたるみの原因とは何かをいくつか紹介させていただきます。

実は、お尻のたるみは揺れることが原因でした。

若い20代のうちは筋肉もあり揺れても支える事ができるのであまり気になる事は少ないですが年齢と共に筋肉が落ち揺れに耐え切れなくなってしまいます。そうすることで脂肪がついてきて形が崩れてしまうんですね。お腹や背中も同じです。

贅肉

そして、私達の何気無い生活でもお尻のたるみを悪化させてしまう原因があります。

サイズの合わない下着を着用していませんか?

S

これはバストと同じでサイズの合わない下着をつけているとお肉が流れたり形がどんどん崩れてしまいます。

運動不足であったり座りっぱなしが多い方も要注意です。運動不足で筋肉が落ちれば支えるものがなくなるのでたれていきます。そして、ずっと座っているとお尻は潰れてしまい、血行も悪くなることでお尻が硬くなってしまうんです。

isu

姿勢が悪くなり猫背になってしまう事もお尻がたれる原因になります。緊張感がなくなってしまうと、どんどん下へたれてしまいます。足を組んだり猫背になるなどを意識してなくしていく必要があります。

お尻のたるみの解消法は?

お尻のたるみをなくして、綺麗なヒップラインを手に入れる事が出来たら良いですよね。

そこで、お尻のたるみを解消する方法をいくつか紹介させていただきます!

  1. 背筋を伸ばして姿勢良く立って下さい。
  2. 両手は腰に置きます。
  3. 姿勢をキープしたまま片足立ちをします。
  4. 上げている方の足で空中に1から9までを書いて下さい。
  5. ふらついてしまう人は、壁や椅子などにつかまるなどをして、慣れていきましょう。
  6. 1から9まで書いたら、もう片方の足も同じように1から9まで書いていきます。
  7. 慣れてきたらアルファベットを書いてみましょう!
  8. 1日1セット行なうようにしましょう。

下半身の筋肉をかなり使うのでお尻のたるみに効果的です。

次は骨盤矯正をする事でヒップアップしましょう!

お尻歩きをしましょう。

  • 床に座って両足を伸ばします。
  • 両手も前に伸ばして、そして腰を使いお尻で前進します。
  • 姿勢良くを意識してください。
  • 1日3セット行なうのが効果的です。

【動画でみる】骨盤周りををほぐすお尻歩き

腰回しをしましょう。

  • 足を肩幅に開いて立ちます。
  • 両手を腰に置いて腰をゆっくり大きく回します。
  • 右10回左10回ずつ回します。
  • 上半身を動かさないように腰だけで回すようにしましょう。

簡単にできる方法ばかりなので、続けて綺麗なお尻を手に入れましょう!

スポンサーリンク

産後には注意?

子供を産んだ後にお腹が出た、お尻がたるんだというのは産後ママの悩みの一つですよね。

産後のお尻のたるみというのは、骨盤の歪みから来ているとされています。妊娠中は体内からリラキシンというホルモンが分泌され、そのリラキシンの働きで関節が柔らかくなり骨盤が開いていきます。

出産時は赤ちゃんが骨盤を広げて産まれてくるので、さらに骨盤が開いてしまうのです。

骨盤が開いたままでは、体調不良、ストレス、腰痛など悪影響を及ぼしてしまいます。

Fotolia_40996780_XS-min

そしてカロリー消費が低下してしまい、お尻周りに脂肪がつきやすくなってしまうんです。骨盤が開いてしまい上手く骨盤周辺の筋肉が使えないというのが原因ですので、骨盤矯正をしっかりしてエクササイズなどで筋力を鍛えたりする必要があります。

しかも産後6ヶ月までは骨盤矯正での効果がかなり上がるんです!

Fotolia_56528837_XS-min

その理由は妊娠により骨格の変化が大きいぶん、骨格のリセットがしやすいとされています。

【動画で見る】産後ママにおすすめ!骨盤矯正エクササイズ

体型を戻すだけではなく、痩せやすい身体になりバランスの良い身体に普通よりなりやすいんです。なので産後の健康と美しい身体のためにも骨盤矯正でスッキリ健康な身体になりましょう。

脂肪吸引のメリット、デメリットは?

お尻の脂肪やたるみが悩みで脂肪吸引を考える方もいると思います。

Fotolia_66129331_XS-min

参考⇒脂肪吸引のダイエット効果は絶大?【リスクや費用を知っておこう!】

脂肪吸引ではメリット、デメリットがありますので知っておきましょう。

まず女性の身体は男性よりも脂肪がつきやすい体質であり、特にお腹やお尻周りというのは子供を産む為に守ろうとするため脂肪がつきやすくなっています。

妊婦

そして脂肪が着いてしまうと特にお尻周りは痩せにくいですし、普通のダイエットはリバウンドをしやすいですが脂肪吸引はリバウンドしにくいとされています。ただ、生活習慣や食生活に過度な問題があれば太ってしまう可能性もあるので気を付けましょう。

そして、気になるのがお尻のたるみが取れるのかですよね。

脂肪がつきすぎてしまったお尻のたるみには、その脂肪を取り除く事でヒップアップに繋がる事もあるみたいですが、老化、筋肉の衰えなどで起きたお尻のたるみの場合は普通の脂肪吸引ですと解消できるとは限らないんです。

Fotolia_66398014_XS-min

そこで老化などで起きたお尻のたるみに有効と考えられている浅層脂肪吸引というものがありますが、個人差や医師の技量によっても差はあり、どれくらいの効果が期待できるかは確実なものにはされていません。

悪いものとは思いませんが脂肪吸引ですとお金もかかりますしリスクもあります。今は筋力を鍛えヒップアップできる簡単なエクササイズなどもあります。鍛えてしまえば綺麗なお尻の維持もできますし、まずはそちらを試してみる価値はあります。

もし脂肪吸引するのであれば先生にしっかり相談し納得してから受けるようにすることをお勧めします。

そして、そこで痩せたから大丈夫などではなく、そうなった原因を知り改善にも繋げていきましょう。

スポンサーリンク

お尻の内側のたるみとは?

年齢と共にお尻がたれ、筋力が落ちれば落ちるほど、お尻の脂肪が支えきれなくなり内側へと流れて骨盤周りの脂肪までもがたれてきてしまうんです。お尻は筋肉、筋膜、結合組織、脂肪、皮膚といった順でできています。

そして筋肉が衰えてくると結合組織が弱くなり緩んでしまいます。そして歩いたりしてお尻がたれる原因の一つ”揺れ”る事からお尻のたるみになってしまうんですね。
1度たれきってしまったお尻を元に戻すというのは難しいですが、簡単にできる解消方法などがあります。

まずは私生活から少し意識してみましょう。

歩く時は姿勢を正しお尻をキュッとさせ意識をして歩くだけでも違います。

ランニング

椅子に座っている時は足が開いてしまわぬよう、しっかり閉じる事を意識しましょう。そして内側に力を入れたり力を抜いたりする事で内側の筋力アップに繋がります。家にいる時であればタオルなどを挟んで行なうのも効果的です。

そして、これも簡単なのですが立って姿勢を正してください。両足のかかとをつけ、つま先はできるだけ広く開いてください。この時に姿勢を崩さないようにピンと立ってキープしてください。

そうすると、内側の筋肉からお尻の筋肉に効いているのがわかると思います。10秒ほどキープで良いです。それを無理のない程度に何セットかやり毎日続けていく事で効果もあると思います。

そして普段からガードルを履く事もお勧めします。ガードルは形を綺麗に見せるだけではなく、たるみの原因となる揺れも防いでくれますよ。

どれも無理なくできる事なので、まずは続けて筋力を取り戻していきましょう。

そうすることで、筋力がなく下がってしまった部分が上がるのが実感できるはずです。

皮のたるみは解消できる?

皮が余ってみた目がシワシワに見えるなどで悩んでいる方もいると思います。

Stretch marks and cellulite

お尻の皮のたるみというはダイエット後、筋肉の衰えなどが原因となります。やはりこちらも、エクササイズなどで筋力を取り戻していく必要があります。

ですが、筋肉をつける事で多少は変わりますが、ただのお尻のたるみに比べると綺麗に戻るのは難しいと思います。皮膚のたるみを取る手術もありますが、やはりリスクはありますよね。なので、重要なのはダイエットなどをしながら、筋肉をつけていくというのも大切です。

激しい運動をするとかではなく、本当に簡単なエクササイズや日常生活での意識だけで良いです。

姿勢を正して立ち椅子などにつかまり片足を後や横などに動かすだけでも骨盤周りからお尻の筋肉を使う事が出来ますし、普段から姿勢を正してお尻に力を入れて歩くなど、ちょっとした意識で身体も変わっていきます。

筋肉がつけばダイエット後の皮のたるみは筋肉をつけずにダイエットするより大分違うと思います。頑張ってダイエットをしたのに、なんだか締まりのない身体になってしまっては嬉しさも半減してしまいます。

Fotolia_37176815_XS-min

せっかくなら綺麗な形で痩せたいですよね。その方が、より達成感もあり喜びも多くなると思います。

キレイにスッキリ痩せるにはこれがおすすめ!

お尻のたるみを解消するには時間がかかる場合があります。

少しでも早く結果を出したいという方にはこちらがおすすめ!

【太もも専科】太もも・セルライト・ヒップ集中!1000円体験

お尻のたるみの原因は?産後はエクササイズで解消できる!のまとめ

ただダイエットをしてもおしりのたるみは解消できないことがありますので、筋肉をつけるエクササイズを行う方がキレイなラインを作ることができます。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top