ダイエットブックBIZ

ピーナッツダイエットはやり方に注意!【カロリーと効果は?】

スポンサーリンク

ピーナッツダイエットの効果的なやり方にはどのような方法があるのでしょうか。気になるのはピーナッツのカロリーですが、食べ過ぎなければダイエットに支障はありません。

Fotolia_94212283_XS-min

ピーナッツダイエットの効果を出すためにはやり方を適切にしなければいけません。特にピーナッツはついつい食べ過ぎてしまうことがありますので、ダイエットに逆効果になってしまうこともありますので注意しましょう。

スポンサーリンク

ピーナッツダイエットとは?

ピーナッツを他の食事と一緒に、朝や夕食に摂取するという方法です。

Fotolia_85956298_XS-minピーナッツには、太りにくい油が含まれており、GI値も28なので、血糖値も上がりにくいという特徴があります。

間食する度に10粒程度をよく噛みながら水と一緒に食べるようにすると水によってお腹の中で膨らむので、満腹感を得ることができるんです。

Fotolia_72911849_XS-min普段、間食などにお菓子などを食べられている人は、ピーナッツに買えてみるといいと思います。ピーナッツの摂取しすぎには注意ではありますが、通常の量であれば何も問題はありません。

ピーナッツには、ダイエットに必要な成分が含まれていて、ビタミンやミネラル、アミノ酸や脂肪酸など多くの成分が含まれています。適切な量を適切なときに接種することによってピーナッツでダイエットをすることができます。

ピーナッツダイエットの効果とは?

ナッツ類は、高カロリーなので、食べる量や時間帯をきっちりとコントロールすることができればダイエット効果は得られます。

Fotolia_88477128_XS-minまた、生活習慣病の改善や予防効果もあります。

ナッツには食物繊維は半分以上含まれており、タンパク質の量が多いのでダイエットに最適なんです。他の栄養分も豊富に含まれています。タンパク質や脂肪、食物繊維が豊富であるために、ナッツなどはパンやデンプンの食品に比べると、お腹の持ちがすごく良いです。

参考⇒ナッツダイエットは無塩が効果的!【食べ過ぎは太る?】

食事の摂取量を確実に押さえることができるのでダイエットには効果が期待できます。

おすすめは、アーモンドやピーナッツ、カシューナッツ、ピスタチオがダイエットにはおすすめです。

Fotolia_59009270_XS-min適切な量として、アーモンドは17粒程度、ピーナッツは25粒程度が目安です。

やり方とは?

ピーナッツなどに含まれている「オレイン酸」には、血中の悪玉コレステロールを減らすことによって、心臓病や動脈硬化、高血圧を予防してくれる作用があります。

Fotolia_13006023_XS-minコレステロールを減らしてくれる効果があるので胆石などにもいいとされています。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン
  • 亜鉛
  • ビタミン類

も豊富に含まれているのでダイエットには最適です。

  • 1つ目に朝食や昼食の時に他の食事と一緒に10粒程度のピーナッツを摂取する方法です。
  • 2つ目に夕食前や空腹時などにピーナッツを食べるのがおすすめです。

食事前の17時頃がいいとされています。

お腹が空いたときに、ピーナッツを食べるようにするといいと思います。忙しくて、昼食が食べれないときには、ピーナッツとお茶を一緒に接種するといいと思いますし、食事のリズムを乱されることがありません。

スポンサーリンク

太る心配はないの?

ピーナッツの食べすぎには、太るかもしれませんが、元々ピーナッツには栄養価が非常に高いので、適量を摂取するには太らないんです。

Fotolia_76229235_XS-minビタミンE、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、リン、アミノ酸、不飽和脂肪酸、食物繊維などが豊富に含まれているので、食べすぎない限りは太らないんです。

摂取する量や時間帯などをしっかりとコントロールさえできれば大丈夫です。

今までお菓子などを間食されていた人にとっては、物足りないかもしれませんが、間食されていたものを、「ピーナッツ」に代替えするだけです。

Fotolia_85994135_XS-minすごく簡単に思いませんか?

しっかりとよく噛んで、水と一緒に摂取することによって満腹感を得ることができるんです。とりすぎない限りは太らないんですよ。

カロリーは?

ピーナッツのカロリーは100gで約585kcalあります。

その中でも、タンパク質は約26.5g、脂質が約49.4gあるんです。これを見てわかるように全体の半分ぐらいは脂質です。

Fotolia_64027991_XS-min

その他

  • 炭水化物:約19.6g
  • カルシウム:約50mg
  • リン:約390mg
  • 鉄:約1.7mg
  • ナトリウム:約2mg
  • カリウム:約770mg
  • マグネシウム:約200mg
  • 亜鉛:約3mg
  • 銅:約0.7mg
  • ビタミンB1:約0.2mg
  • ビタミンB2:約0.1mg
  • ビタミンE:約11.4mg
  • 食物繊維総量:約7.2g
  • ポリフェノール総量:約475mg
  • アスパラギン酸:約128mg
  • グルタミン酸:約12mg
  • フェニールアラニン:約25mg

です。

ピーナッツの脂によってコレステロールの値を減らしてくれ、生活習慣病であるガンや動脈硬化、糖尿病などを予防してくれます。

茹でたピーナッツには貧血の防止や血管年齢が若返るような効果が見られます。

食べ過ぎるとどうなるの?

ピーナッツを食べすぎると、どうなるかというと。

まず、ピーナッツの成分の半分以上は脂質でできており、不飽和脂肪酸で血液をサラサラにしてくれたり、生活習慣病の予防にとても良いというメリットもありますが、高カロリーのため、食べ過ぎることにより肥満を招くことがあります。

Fotolia_38542694_XS-minピーナッツに含まれているビタミンなどが、食べ過ぎることにより肝臓に溜まり負担をかけることがあります。

そして、消化吸収が悪くなることにより腹痛や下痢などになりやすく肌荒れの原因ともなります。

Fotolia_68188309_XS-minまた、渋皮などに含まれている成分にタンニンというのがありますが、これは腸の運動を低下させることがあるので便秘になることがあります。このようにピーナッツの過剰摂取は身体にとっても良くないので、適量を摂取するようにしましょう。

口コミでの反応は?

ナッツ類には、コレステロールを減らしてくれたり動脈硬化や心臓病、高血圧などを予防する不飽和脂肪酸が含まれています。また、胃液の分泌などをコントロールすることにより胃酸過多や胃潰瘍を予防したり便秘などにも良いと言われています。

不飽和脂肪酸が多いことにより脂質を上手に使うことにより脂質代謝をあげます。

そのために、ダイエット効果は多いんです。

朝食や昼食などにピーナッツを採り入れたり、夕食や空腹時などに水と一緒にピーナッツを摂取することによってダイエットができたという口コミは多かったです。

とりすぎには注意ですが、今までどんな方法であっても成功できなかった方がピーナッツダイエットで減量できたという口コミがとても多いです。ぜひダイエットを考えている方にはおすすめです。

ピーナッツダイエットはやり方に注意!【カロリーと効果は?】のまとめ

ピーナッツは美味しいのでついつい食べ過ぎてしまうこともありますが、食べ過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top