ダイエットブックBIZ

心拍数ダイエットで脂肪燃焼効果!【計算方法は?】

スポンサーリンク

心拍数ダイエットで有酸素運動などをする時に自分の心拍数をあるゾーンで維持することで脂肪燃焼の効果を高めダイエット効果を促す方法です。計算方法などを詳しくご紹介しています。

Fotolia_53795560_XS-min

心拍数ダイエットは脂肪燃焼を効果に行うためには重要です。心拍数が高い運動をしてしまうと筋肉からエネルギーが発生するのでダイエットでは非効率といわれています。有酸素運動を効果的にするなら心拍数の管理が必須です。

スポンサーリンク

心拍数ダイエットとは?

有酸素運動は痩せてくれる運動方法としていてこれはかなり知られています。

なので有酸素運動をして痩せようとしている人はとても多いのですが、実際にこの有酸素運動をしていても痩せない場合があります。

贅肉

実は有酸素運動をして痩せるためにかなり大事としているのが心拍数になります。心拍数がどのくらいなのかによって脂肪燃焼の効率が違ってきてしまいます。

かなり高い場合でもそしてかなり低い場合でも脂肪の燃焼効率が下がるようになってしまい、思ったような結果が出ません。

とても良いとしている心拍数なのが、最大心拍数の40%から65%程度と言われています。この範囲を維持しながら有酸素運動をしてダイエットをしていくのが心拍数ダイエットになります。

Fotolia_66044496_XS-min

これはそこまで難しくなく、心拍数が常に把握できる機械さえあればどなたでも出来る方法になります。

健康を維持するためにも心拍数を把握しながら運動することはとても大事です。

体に負担をかけないためにも心拍数管理するととても良いですので、健康のためにも心拍数を測るようにするのがオススメです。

心拍数と有酸素運動について

有酸素運動をするためにかなり大事としているのが心拍数になります。

有酸素運動と言われている運動をしていれば特に関係ないのではと感じてしまうのですが、実は違っていてかなり関係してきいます。

心拍数によって有酸素運動をしているつもりでも、実際には無酸素運動状態になっていることもあるからです。

ジョギングを楽しむ男性

有酸素運動は最大心拍数の85%未満としていて、これ以上になると無酸素運動状態になります。

これはウォーキングしていても同様で、かなり負担がかかり85%以上になると無酸素運動状態になります。トレーニングしている場合これでも良いかもしれませんが、しかしダイエットになると違います。

Fotolia_43933537_XS-min

無酸素運動になると筋肉にあるエネルギーを使用するため、脂肪燃焼がしにくくなってしまいます。

Fotolia_62702271_XS-min

そして65%以上になっているのもこの無酸素運動に近い運動で、これもまた脂肪だけでなく筋肉のエネルギーを使用するのでなかなか脂肪燃焼をしてくれません。

有酸素運動でなおかつ脂肪燃焼してくれるのが、40%から65%なります。

ダイエットを目的としている有酸素運動をする場合には、65%未満の心拍数で運動するのが一番大事になります。

計算方法は?

心拍数ダイエットで一番必要としているのが最大心拍数を把握することです。

全ての人が同じ心拍数ではなく年齢などによってどうしても心拍数が違ってきてしまいます。そこで気になるのがどのようにして最大心拍数を知ればよいのかになります。

最大心拍数は実際に測ることは難しいため、計算して最大心拍数を把握することが必要です。ではどのように計算するのかというと、220にマイナス自分の年齢をすることで最大心拍数になります。

Fotolia_66858976_XS-min

実際に計算をしてみると、年齢が40歳なら220-40=180になります。この最大心拍数から×0.6にすると脂肪燃焼に適している心拍数になってくれます。

この適している心拍数を目安にして有酸素運動をすると脂肪燃焼をしてダイエットが出来るようになります。この心拍数ダイエットですが、当然有酸素運動しないと痩せてくれませんし、カロリー管理など食事にも気を付けることが大事です。

wasyoku02-min

ちょっと大変な方法かもしれませんが、じっさいに痩せている人がかなり多いのでオススメできるダイエット方法です。

スポンサーリンク

脂肪燃焼効果を最大に引き出す

筋トレなどのトレーニングはダイエットにはあまり向いていないとして最近ではよく言われています。

danberu05-min

しかし方法によってトレーニングだとしても脂肪燃焼をしてくれる可能性があります。ではどうすればよいのかというと、それは心拍数を管理したトレーニングをすることです。

この方法は有酸素運動より痩せる方法ではありませんが、しかし十分痩せてくれる可能性を秘めています。トレーニングというと無酸素運動になるのですが、心拍数によって有酸素運動に近くなってくれます。

心拍数が、最大心拍数の80%未満になっていると、筋肉にあるエネルギーだけでなく脂肪などのエネルギーも使用するようになります。

kintore-min

脂肪燃焼をしてくれる可能性があるからこそ、ダイエットも出来ると言えます。

ただし、脂肪燃焼させるためにはある程度長い時間トレーニングをしていないといけません。心拍数管理をしてトレーニングをしていてもいきなり脂肪のエネルギーを使うわけではありません。

有酸素運動同様にある程度長い時間運動することで脂肪のエネルギーを使うようになりますので、トレーニングをしてダイエットをしようとすると長い時間必要となるのでかなり辛いダイエットになります。

それを理解した上で行うことが必要です。

ゾーンって何?

心拍数ダイエットでは脂肪燃焼してくれる心拍数のゾーンに合わせることが最も大事としています。そこで知りたいのが、この脂肪燃焼をしてくれる心拍数のゾーンはどうなっているのかです。

ではよりダイエットに最適としているゾーンはどうなっているのかというと、最大心拍数の40%から65%程度になります。

Fotolia_53158306_XS-min

65%以上になってきてしまうと、有酸素運動よりも無酸素運動に近い負担が体にかかってきてしまいます。そうなると贅肉など蓄えているエネルギーよりも筋肉が持っているエネルギーを使って動くようになります。

お腹の肉をつまむ女性

当然これでは脂肪燃焼がしにくくなるので、ダイエット効果があまり得られません。そして40%未満になると、今度は運動しているよりも日常生活に近い状態になります。

これになると脂肪ではなく血液に含まれているエネルギーで十分動けてしまいますので、これもまた脂肪燃焼がしにくいです。

なので40%から65%が最適としているゾーンになります。

口コミでの評判は?

心拍数ダイエットはかなり有名だからこそ気になるのがじっさいにどのぐらいのダイエット効果が期待できるのかです。

では心拍数ダイエットで一番参考になる口コミはどのような状況なのでしょうか。心拍数ダイエットはかなり高評価になっています。

Beautiful young woman

実際に痩せている人が多いからこそなのですが、ただ当然不満もある人もいれば疑問がある人もいらっしゃいます。

かなり多いのが、普通に有酸素運動しているのとそこまで違いがないだったり、何が違うのかわからないということです。確かに心拍数管理をしていなくても有酸素運動をしていると痩せてくれます。

有酸素運動だけと心拍数管理をしてダイエットするのとではそこまで大きく違いがありません。しかしより可能性を高めてくれているのがこの心拍数ダイエットになります。

確実に痩せるわけではありませんが、可能性を高めることはダイエットにはかなり必要です。有酸素運動でなかなか成果が出てくれない場合には、この心拍数ダイエットを試してみることをオススメします。

心拍数ダイエットで脂肪燃焼効果!【計算方法は?】のまとめ

有酸素運動をするなら心拍数を管理して行ったほうがダイエット効果は高いのでおすすめです。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top