ダイエットブックBIZ

ストレスで太る理由は?【過食や病気にならない対策を!】

スポンサーリンク

ストレスでなぜ太ってしまうのでしょうか。理由は脳との関係があり、食欲を増幅させてしまったり、抑えられなくなったりしてしまうことがストレスで太る理由とされています。過食や病気になる前にストレスの対策を!

Fotolia_54190846_XS-min

ストレスで太る理由は脳にあり、食欲を抑えられなくなったり、甘いものが食べたくなってしまったりします。ストレスを抱えるだけで、過食で太ったりや病気などになってしまうことがありますので、太る前にストレス対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

食べてないのに太るのはストレス?

ダイエットをしたことがありますか?

Fotolia_27526286_XS-min

女性ならば、ほとんどの人が1度くらいはダイエットをしたことがあると思います。ダイエットの基本は、『摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする』ことです。

Fotolia_41962424_XS-min

では、食べなければ痩せると思いますよね?しかし、食べなければ必ず痩せるわけではないのです。

Fotolia_64027991_XS-min

むしろ、食べないのに太ってしまうことさえあるのです。摂取カロリーが少ないのに太るなんて、不思議ですよね。そもそも、なぜ『食べてないのに太る』のでしょうか。

わたしたちの体は、食べる量が極端に減ると、脳が危機感を感じます。

Fotolia_6761569_XS-min

すると、なるべくカロリーを消費しないように、脂肪を蓄えておくようにと信号を出すのです。その結果基礎代謝が落ち、少ない食事量でも太ってしまうのです。

食べない期間が続くと、脳は『唯一の栄養源』であるブドウ糖を欲しがります。この『ブドウ糖を欲しがる』という点が、ストレスを感じたときに分泌される『コルチゾール』というホルモンと同じなのです。

食べてないのに太る原因がストレス?と思うのは、これが原因だと思います。

ストレスで太る理由は?

ストレスを感じると胃が痛くなるなど、わたしたちの体はストレスを感じると何かしらの反応を示します。

ストレスが溜まっていくと体だけでなく『脳』にもストレスがかかってきます。

Fotolia_63518972_XS-min

脳がストレスを感じると、脳の『大脳辺縁系』という部分が興奮します。

大脳辺縁系が興奮することで、神経伝達物質にも様々な変化が起こるのです。まず、大脳辺縁系が興奮すると『ドーパミン』というホルモンが多く分泌されるようになります。

ドーパミンは摂食中枢に働きかけ、食欲を増大させる作用があります。

Fotolia_29486780_XS-min

また、ストレスを感じることでレプチンの働きが鈍くなると言われています。

レプチンは満腹中枢を刺激して食欲を抑える作用があるのですが、働きが鈍くなっているため、正常に満腹中枢を刺激することが出来なくなっているのです。

Fotolia_68858415_XS-min

このためいくら食べてもお腹がいっぱいにならない、つい食べ過ぎてしまうということが起こるのです。これが、『ストレスで太る』主な理由です。

対策法は?

『ストレス太り』というくらいですから、太る大元の原因である『ストレス』を解消することが重要です。

Fotolia_62716753_XS-min

ストレスを溜めないことが一番、とは言いますが、ストレス社会とも呼ばれている現代、ストレスを感じずに過ごすことはほぼ不可能だと思います。

Fotolia_41851185_XS-min

ストレスを感じるとしても、出来るだけ溜めないことが重要になると思います。自分にとって効果的な『ストレスの発散方法』を見つけておきましょう。

Fotolia_68520480_XS-min

また、ストレスで太る場合の多くは『筋肉量が低下する』傾向にあります。

Fotolia_62702271_XS-min

ですから、普段から筋トレをするなどして筋肉をつけるようにしましょう。ストレスと睡眠は深い関係がありますので、質の良い睡眠をとることもとても大切です。

それから、ストレス太りの対策として注目したいのが『大豆イソフラボン』です。豆乳などに多く含まれています。

Fotolia_70149771_XS-min

大豆イソフラボンは、女性ホルモンである『エストロゲン』と同じ作用があります。エストロゲンは抗ストレスホルモンでもありますから、ストレス対策としては有効だと思います。

スポンサーリンク

痩せる方法は?

ストレス太りの主な原因は、『つい食べ過ぎてしまう』ことです。

Fotolia_68595039_XS-min

ストレス太りをしてしまったときに痩せるためには、まず太ってしまった原因が『ストレス』であることを自覚することです。

原因が分かれば、太った原因であるストレスを解消することで痩せることも出来ると思います。また、ストレスによって食べ過ぎた結果として太ってしまったときは、『食べてはいけない』と思ってはいけません。

batu-min

食欲を我慢することが、さらなるストレスになってしまうからです。しかし、欲するままに食べていては、痩せるどころか更に太ってしまいます。

食欲を我慢せずに痩せるためには、やはり『何を食べるか』が重要になってきます。

なるべくカロリーの低いものを食べるようにしましょう。

甘いものがほしくて仕方ないときは、洋菓子よりは和菓子を選びます。チョコレートよりあんこ、プリンよりあんみつを選ぶと良いと思います。

youkan-min

参考⇒太りにくい体質を作る方法はコレ!【和菓子やアイスなどの食べ物は?】

もし可能なら、更にカロリーの低いゼリーやヨーグルトにしてみましょう。

Fotolia_77547610_XS-min

適度に運動をして汗を流す、ゆっくりお風呂に入ってリラックスするなど、ストレスを発散することも心がけてください。

過食になることも?

ストレスで過食になることは、別に珍しいことではありません。

Fotolia_69517502_XS-min

特に男性より女性のほうが、ストレスで過食になることが多いようです。

ストレスが原因で過食になるときは、大抵甘いものや脂っこいものなどの『太りやすいもの』を欲しがる傾向にあります。

Fotolia_48375272_XS-min

これは、ストレスを感じたときに分泌される『コルチゾール』というホルモンによるものです。

コルチゾールは、内臓脂肪を増やす働き、脂肪を蓄積させる働きがあります。

naizousibou

そして脳はストレスを感じると『ブドウ糖』を欲しがるようになります。

これがストレスで過食になったときに甘いものを欲しがる理由です。更に脳は、ブドウ糖の他にもコレステロールを欲しがります。

コレステロールの中でも特に肉などに多く含まれるトリプトファンを欲しがるため、唐揚げなどの脂っこいものを食べてしまう、ということです。

karaage-min

わたしもストレスからチョコレートが止まらなくなった時期がありました。ストレスが溜まるとチョコレートが食べたくなるのは、特別なことではなかったのですね。

病気になることは?

過剰なストレスがかかると、臓器の機能が弱まってしまうことがあります。

ストレスによって免疫力や抵抗力が低下し、病気にかかりやすくもなります。ストレスが原因で機能に影響が出る可能性のある臓器は、主に『腎臓』『肝臓』『甲状腺』の3つです。

Fotolia_64575621_XS-min

腎臓の機能が弱まると水分の排出が滞り、むくみを引き起こします。

Fotolia_43816957_XS-min

肝臓の機能が弱まると、タンパク質の分解がうまく出来ずに細胞と細胞の間に水分が溜まっていってしまいます。

Fotolia_57768289_XS-min

甲状腺の機能が弱まると、分泌されるホルモンの量が低下します。ホルモンの量が低下するため代謝も悪くなることがあるのです。

このような病気と呼べるまではいかなくても、ストレスが原因で臓器の機能が低下し、その結果として代謝が低下したり、脂肪が蓄積されていったりすることもあるのです。

Fotolia_77916010_XS-min

ですから、ストレスが原因で思わぬ病気を患ってしまい太ってしまうこともあるのです。

こうなると『単なるストレス太り』では片付けられませんね。体に異常を感じたら、早いうちに一度医療機関を受診してみたほうが良いかもしれませんね。

ストレスで太る理由は?【過食や病気にならない対策を!】のまとめ

ストレスは病気の根本ともいえますので、溜め込まない努力は必要かもしれません。食べていないのに太ってきたという場合には、病院で検査を受けることをおすすめいたします。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top