ダイエットブックBIZ

水泳はダイエット効果絶大!平泳ぎとクロールの消費カロリーは?

スポンサーリンク

水泳はダイエット効果がとても高い全身運動になります。平泳ぎやクロール、水中ウォーキングなどがありますが、どれも消費カロリーはとても高いといえます。脂肪燃焼や引き締めなどのダイエット効果を得たいなら水泳はおすすめです。

Fotolia_52927173_XS-min

水泳ダイエットは泳げなくてもできるダイエット方法です。クロールや平泳ぎなどができなくても水中を歩くだけでも、陸上を歩くより負荷がかかり消費カロリーは倍増しますので、同じ運動時間でダイエット効果は何倍にも多くなります。食事方法と合わせて効果的に水泳ダイエットを行いましょう。

スポンサーリンク

水泳ダイエットとは?

水泳ダイエットとは、色々な泳ぎ方や動き方でカロリー消費ができる楽しいダイエットです。

水中は陸上と違い水の抵抗があります。

Fotolia_42224379_XS-min

その中で普段と同じような動きや泳ぎをすることによって、全身の筋肉をバランスよく使うことができるのです。

例えば水の中を歩いてみます。

Fotolia_89811672_XS-min

陸では軽く前に進めたはずですが、水中では水の抵抗により、足に負荷がかかり思うように前に進むことができないはずです。足の筋肉だけを使っているように思いますが人間が歩こうとする時は、全身の筋肉を使っています。

そこに負荷が加わることで、力を入れて進まないといけなくなり、結果バランスのいい筋肉が適度につき、その筋肉のおかげで脂肪が燃焼しやすくなります。また筋肉がつくことによって代謝も良くなりますので、汗をかき、ダイエットにもつながるといえるでしょう。

ただ筋トレを行うより、楽しく泳ぎながらダイエットをすることでストレス解消にもなる画期的なダイエット方法だと思います。

参考⇒ストレスで太る理由は?【過食や病気にならない対策を!】

水泳ダイエットは効果絶大?

健康的にシェイプアップできる水泳ダイエットの効果は沢山ありますが、ここでは血流について書きたいと思います。

Fotolia_8075468_XS-min

健康的に痩せるには、全身の血流を良くし、体の中の老廃物を外に出すことが大事です。老廃物が溜まった体は、一度つくと取るのが難しいと言われるセルライトができてしまったり、冷えの原因になることで栄養が隅々まで行き渡らなくなり、どんなに頑張っても痩せることができないという悪循環をもたらします。

参考⇒太股のボコボコしたセルライトを自宅で除去する効果的な方法とは?

セルライトを解消するなら、このクリームがおすすめ!

nocor001-minおすすめのセルライト対策トリートメントクリームはコレ!!

ご参考までに!⇒実際に使ってみました!レビュー公開!

Fotolia_60384551_XS-min

そこで効果的なのが水泳ダイエットなのです。

水の力はすごく、水中に入るだけでなんと、1.3トンもの圧力がかかります。その大きな水圧が動くことによって全身がマッサージされ、血流が良くなり老廃物を外に押し流してくれるのです。

高いお金を払ってエステに行かなくても、水の力だけで血流を良くし健康的な体が手に入るのです。

また水には浮力があるので、陸上で行う運動のように足腰に負担をかけることなくダイエットができるというのも魅力でしょう。

スポンサーリンク

平泳ぎがおすすめです

水泳ダイエットは自由に好きな動きや泳ぎ方をしてカロリー消費をすればいいものなんですが、その中でもオススメなのが「平泳ぎ」です。

Fotolia_69836238_XS-min

平泳ぎは、他の泳ぎ方と比べて楽に泳ぐことができます。

ダイエットや筋トレは、激しい運動を短時間するのではなく、軽いものを長い時間する方が効果があるものです。

水泳ダイエットの場合も同じで、基本は「30分以上ゆったりと泳ぐこと」です。

クロールや背泳でも、ゆっくりと長い時間泳げればいいのですが、動きが大きく、フォームも乱れやすいことを考えると、誰にでも比較的泳ぎやすいのが平泳ぎなのです。

実際、同じだけの時間泳いだ場合、もちろん激しく全身運動するクロールの方が消費するカロリーは大きいです。しかし、間違ったフォームで長い時間泳いでもカロリー消費の効率も悪くなりますし、余分な筋肉を増やしてしまうだけなのです。

浮力を上手に使って、大きく手足を動かす平泳ぎで、楽しみながら行いましょう。

クロールで消費カロリー大!

水泳ダイエットにオススメなのは「平泳ぎ」と書きました。では、クロールは有効ではないのか?と言いますと、もちろん「有効」です。

Fotolia_51728246_XS-min

「誰でも簡単に正しいフォームで長時間」というのは難しいですが、ゆったりとクロールできる人は最も効率がいい泳ぎ方でしょう。

何と言っても消費カロリーの高さがすごいです。

性別や年齢によって差はありますが、一時間クロールした時の消費カロリーは最大で1300キロカロリーにもなります。

日常の生活や普段の運動ではなかなか難しい数字です。この消費カロリーの高さがクロールの大きな魅力です。水泳ダイエットでは「のんびりクロール」をすることがポイントです。

200メートル泳いだあたりから脂肪が燃焼しやすい状態になりますので、それ以上の距離を泳ぐことが必要です。「疲れて泳げない」なんてことにならないようにするには息継ぎの仕方が大切です。

水中で鼻からゆっくり息を吐き、顔を出した時に軽めに息を吸うことにより全体に酸素がいきわたり、しっかりと有酸素運動をすることが出来るでしょう。

効果的なメニューは?

水泳ダイエットの利点は、「誰でも無理なく出来ること」です。

ウォーキングやランニングは体重がオーバーし過ぎた人がする場合、足腰に大きな負担がかかってしまいます。

Fotolia_8298703_XS-min

また、陸上では全体の重さが下半身にかかるのでどうしても足の筋肉だけが逞しくなりがちです。

その点、水中では浮力で重さが軽減されるので全身に満遍なく綺麗な筋肉をつけることができます。

効果的なメニューですが、筋肉をつけたいのか、脂肪を燃焼したいのかによって変わってきます。

全身の筋肉をつけて引き締めたい人の場合、平泳ぎやクロールをゆっくり長い時間するのが効果的です。特に平泳ぎは腹筋が鍛えられます。

脂肪を燃焼したい人の場合、まずは水中を大股で歩きましょう。

参考⇒大股歩きダイエットで引き締め効果!【筋肉が増え代謝アップ】

水の抵抗がある中で歩くことによってマッサージ効果が得られますし、歩くだけなので疲れにくく、長い時間継続することが可能です。

水温は低いので、体は脂肪をエネルギーに変えて温めようとしてくれます。

水の中に入るだけでもカロリーが消費されるので、初心者の人は難しく考えず、まずは一時間ほど水中さんぽを楽しんでみるといいでしょう。

スポンサーリンク

どのくらいの距離を泳ぐ?

水泳ダイエットでは、どれくらい泳げば効果が出るといったハッキリとしたことは決まっていません。

理由としては、性別や体型の違いによって、効果が出る距離が変わってきますし、正しいフォームが出来ているかにもよるからです。

有酸素運動なので他のダイエット同様、長時間続けたほうがより効果的なのですが、正しいフォームでないと短時間しか泳ぐことができなかったり逆にあまりにも長い時間泳いでしまって脂肪を減らすどころか大きな筋肉がついてしまったということもあります。

一番いい方法は、まず水中ウォーキングから始めてみることです。

Fotolia_43590900_XS-min

徐々にウォーキングの時間を伸ばしていき、慣れた頃に泳ぎに変えてみるといいでしょう。

泳ぐときも短い距離から徐々に距離を伸ばしていくことによって、体に無理な負担をかけることなく効果的にダイエットができるでしょう。

また、何度も書いたように、正しいフォームでないと効果は薄れてしましいます。正しいフォームを身につけることが大事です。

水泳の消費カロリーは?

水泳ダイエットは陸上での有酸素運動に比べとても効率の良いダイエット方法です。

水圧がインナーマッスルを鍛えてくれ、浮力によって体に負担をかけることなく全身運動ができることがその理由です。

そしてその全身運動による消費カロリーは、

体型や泳ぎ方によって変わりますが、

  • クロール1時間あたり約900~1300キロカロリー
  • 平泳ぎ1時間あたり約550~600キロカロリー
  • 水中ウォーキング1時間あたり約200~400キロカロリー

とかなりのものです。

体重50キロの人がウォーキングを1時間した時の消費カロリーは、約160キロカロリーなので水泳ダイエットがいかに効率が良いのかわかると思います。

参考⇒ウォーキング効果で-9kgのダイエットに成功した体験談

普通に歩くだけでも消費カロリーは約2倍なので、初めて水泳ダイエットに挑戦する人や、泳ぐのはちょっと苦手だなと思っている人は水中ウォーキングがオススメです。

水泳ダイエットは体だけではなく、精神面にも大きな効果をもたらしてくれます。

Fotolia_22948166_XS-min

日頃のストレスを解消出来たり、リラックス効果もありますので、消費カロリーの数字にとらわれず、好きなことをしてみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

食事方法は?

いくら水泳ダイエットの消費カロリーが高いとはいえ、消費するカロリー以上に摂取するカロリーが多ければ、当然ですが痩せることはできません。

でも水泳は思った以上に体力が消耗するのも事実です。

そんな時、普段のダイエットのようにキツイ食事制限をしてしまうと、体はエネルギー不足になってしまい、まともに泳ぐどころか泳ぎ終わった後に暴飲暴食しかねません。

そうならないように食事は三食しっかりと取りましょう。

Fotolia_50767979_XS-min

他のダイエットに比べ消費カロリーが高い分、三食しっかり食べたところで太ることはないでしょう。

それ以上に食べたい時は、運動する前か後にバナナやジュースなどを摂取し、糖分を体に入れるといいです。そうすることで空腹感が抑えられ、食べ過ぎを防ぐことができるでしょう。

参考⇒バナナダイエットは朝が効果的?【痩せないという口コミも】

また、筋肉を作るためのタンパク質を十分に取りましょう。筋肉が増えれば毎日の消費カロリーが増えますので、ダイエットを成功させるためには適度な筋肉をつけることも大事なのです。

また水泳をする前にサプリを摂取して脂肪燃焼効果をアップさせることもおすすめです。

suuple7620-min

痩せない時の注意点は?

水泳ダイエットは、カロリーの消費率が高くバランスのいい筋肉も付けてくれるとても効率のいいダイエット方法です。

しかし、ただ泳げば誰でもダイエットに成功するというわけではありません。正しい方法で行わなければ、上手に脂肪を燃焼させることが出来ません。

まず入水前の注意点です。

入水の前のストレッチは必ず行いましょう。

Fotolia_56531025_XS-min

水に入る前に筋肉をほぐしておくことで、脂肪の燃焼効果が倍以上になります。また、筋肉が温まった状態で全身運動をすることで、更に効率よく脂肪が燃焼するでしょう。

次に水中ウォーキングについての注意点です。

それは「大股でスピードを出して歩くこと」「体の軸がぶれないこと」です。

ただゆっくり歩いているだけでは痩せることは出来ません。しっかりとお腹に力を入れて、背筋を伸ばし早歩きをすることで、水中ウォーキングの効果が出るのです。インナーマッスルをしっかり意識して行うと良いでしょう。

水泳はダイエット効果絶大!平泳ぎとクロールの消費カロリーは?のまとめ

ダイエットで消費カロリーを最大限に得たいならやっぱり水泳です。全身運動である水泳は脂肪燃焼効果もさることながら、引き締め効果やキレイな筋肉をつけることもできますので、お近くにプール施設があるなら是非チャンレジしてみてください。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top