ダイエットブックBIZ

食べても太らない人の原因は?【時間や食材もチェック!】

スポンサーリンク

食べても太らない人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?食べても太らないような体質を作るのは難しいですが、時間や食材を工夫して、太る原因を減らすことが大事なポイントになってきます。

Fotolia_94246218_XS-min

食べても太らない人ってうらやましい!と思ったことはありませんか?でも何故食べても太らないのでしょうか?その原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?また太らない時間帯や食材などにはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

食べても太らない人とは?

食べても全く太らない人がいらっしゃいます。

Fotolia_15931656_XS-min食べても太らない人でかなり多いのが胃下垂になっている人、そして病気が原因になっている人などが考えられます。胃下垂の人が太らないのは吸収量が少なく、そして、病気によって太らないのは吸収したエネルギーを上手く使うことが出来ないからです。

太るためにはカロリーを吸収することが必要としていて、エネルギーをうまく使用しなおかつ脂肪として溜めることが必要です。

Fotolia_28095482_XS-min胃下垂の場合、食べた物が胃にとどまっている時間が非常に長くなってしまっています。これにより腸にとどまる時間が短くなるため、栄養の吸収量が減るため太りにくくなります。

病気で言うと、糖尿病は吸収はしてくれるのですが、エネルギーとして使う糖分がうまく分解できなくなり、糖分を使用することなく尿として排出してしまいます。エネルギーを蓄えるために脂肪は作られますので、エネルギー変換できなければ蓄えられることなく、逆に使わなければいけないので痩せてきてしまいます。

このように食べているのに痩せないのはあまり良くない症状でもありますので、注意することが必要です。

食べても太らないの原因は?

通常は多く食べたら当然太ってきてしまうのですが、しかし一生懸命食べたとしても太らないことがあります。なぜ太らないのかというと、エネルギーの吸収と消費が大きく関係してきています。

Fotolia_18729402_XS-min食べることでカロリーや糖分などを吸収しそれをエネルギーとして使用しています。

吸収したエネルギーを運動などによって消費することが出来れば太る原因がありませんので、たくさん食べたとしても消費できていれば太らないというのが原因になります。

Fotolia_69647236_XS-minこれなら良いのですが、胃下垂によって吸収量がかなり減っていたり、糖尿病のように吸収したけれどもエネルギーとして変換されずに排出してしまうのは問題としている原因になります。

どのくらい食べてその後どのようなことをしているのかによって太らない理由が変わってきてしまいます。

運動していないのに全く太らない、痩せていくなどおかしいと感じたらすぐに診察し原因を調べてください。

時間も関係している?

太るのはどの時間も全く一緒ではなくて、その時間によって太りやすい太りにくいがあります。

Fotolia_81530759_XS-minでは食べても太らない時間はいつになるのかというと、それは朝起きてから午後の3時くらいまでとなります。

寝ている時間は副交感神経が優先として働いているのですが、起きることで今度は交感神経が優先になります。交感神経が優先になると、脂肪を燃焼する働きをしてくれるため、食べても太らない時間と言えます。

Fotolia_27002551_XS-min参考⇒脂肪燃焼させる効果的な運動方法は?【筋トレより心拍数!】

ただこの交感神経が活発に働いているのは寝るまでではなく、夕方までしか働きません。夕方以降は徐々に副交感神経が優先的になってきてしまうため、脂肪燃焼しづらく太る時間帯と言えます。ただこれは規則正しい生活をしている時で、その人のリズムによって大きく違ってきてしまいます。

リズムが違うと判断しにくくなってきてしまうので、もしダイエットをしているのならリズムを整えて判断しやすくするためにも、規則正しい生活にすることがオススメです。

スポンサーリンク

食材も考えよう

食べると太りやすい食材もあり、食べてもあまり太らない食材があります。

ではどの食材が太らないのかとというと、一番代表的でオススメしたいのが野菜になります。

Fotolia_32181241_XS-min参考⇒野菜ダイエットは生で効果的!【温めと酢漬けではどちらが酵素が多い?】

野菜の種類違ってきてしまうのですが、比較的低カロリーなため食べても太りにくいです。

Fotolia_72389697_XS-minさらに体に必要としている栄養が豊富なので、代謝機能を低下させないことも出来ます。痩せにくい体にならないためにも野菜に含まれている栄養が必要なため、食べても太らない食材になります。他にも豆類や乳製品、寒天やこんにゃくなどが太らない食材として有名です。

Fotolia_44171588_XS-min参考⇒こんにゃくダイエットを成功させるやり方は?【粉が効果的!】

太らない食材と言っても暴飲暴食をしてしまえば太る可能性を高めてしまいます。なのであくまでも一般的の食事量で食べた時に太りにくいと考えるのが必要です。

夜に効果的な食べ物は?

夜食べてしまうのが一番太るとしているため、なるべく食べないようにすることが太らないためにも必要です。

Fotolia_47240733_XS-min参考⇒太らない夜食はお茶漬けや豆腐!【コンビニのおすすめは?】

しかしどうしてもお腹が空いてしまい食べたいとした時に気になるのが、夜食べても太らない食べ物はあるのかです。

まず一番オススメしたいのが、野菜スープやお味噌汁になります。

misositru02-min参考⇒味噌汁ダイエットの効果を高める方法とは?【具たくさんでもカロリーオフ!】

野菜スープやお味噌汁はかなり低カロリーになっているため、食べたとしても太ってしまうほどではありません。しかも固体を食べるだけよりも、スープなどの液体を食べるほうがお腹にたまり満腹感が得られます。

少ない量でお腹を満腹にすることも大事なので、カロリーの低いスープ系が一番のオススメになります。

食べても太らない体は作れる?

食べても太らない体が作れるのなら、太る心配がなく食べられますので気分的に楽になります。

Fotolia_48423216_XS-minでは食べても太らない体は作れるのかどうかというと、太りにくい体は作れますが太らない体は自らでは作れません。まず、太らない体を作るために絶対に必要としているのが、カロリー吸収量よりも消費量を常に多い状態にすることです。

代謝機能をあげることなどでカロリー消費量をあげることができるのですが、しかし絶対に吸収量よりも自動的に多くできるわけではなく、さらに代謝機能をあげたとしてもものすごい消費量になるわけではありませんので、結果として絶対に太らないは出来ません。

胃下垂だったり糖尿病でも、吸収量やエネルギー変換が全くないわけではなく少なくなっているだけですので、消費量が吸収などよりも下回れば太ってきてしまいます。

食べても太らない人の原因は?【時間や食材もチェック!】のまとめ

若いころは食べても太らなかったという方は筋肉の衰えによる代謝低下や運動量が下がったことによる消費カロリー低下などがあります。太らない体を作るのは物理的に無理ですが、基礎代謝のアップや食べる時間、食材などを気にすることで太ることが少なくなります。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top