ダイエット速報

やってはいけないダイエットの習慣とは?体重との上手な付き合い方

ジム

ダイエットって、頑張らないと痩せられないものだと思っている方は多いかもしれません。しかし、実は頑張れば頑張るほどダイエット効果が台無しになってしまうこともあります。こちらの記事では、ダイエットをする上でやってはいけない習慣についてチェックしていきます。さらに、体重とどのように付き合っていくかをまとめていきますね。

せっかくのダイエットを台無しにする5つの習慣は?

1.実現できない目標を立てる

真面目に考えるほど厳しい目標を立てがちですが、厳しいルールを一生守ることができる人はいるでしょうか?高すぎる目標を守れない時に自己嫌悪に陥り、罪悪感で自分を責めるぐらいなら、ゆるく自分が守れるルールを立てるべきです。

2.糖質や脂質を排除しまくる

糖質制限はうまくやるとダイエット効果が高まりますが、糖質も脂質も生命維持のために必要な栄養素ですよね。何事も排除し過ぎは健康に悪いため、ほどよくヘルシーにするのがポイントです。

3.食事を飲み物のみに置き換える

スムージーの置き換えは栄養不足に陥るため、長期で続けるのはNGです。また、咀嚼が必要ないので消化しやすいですが、食道や胃や腸も筋肉でできているので固形物が通らず消化能力が落ちることも。

4.過剰なエクササイズ

やり過ぎは運動でも禁物です。過度なエクササイズは体に疲労を蓄積するので、自分に無理なく毎日のスケジュールに取り入れるのがおすすめです。

5.体重にとらわれる

体重チェックは必要ですが、体重にとらわれすぎるのはNGです。必ず体重が減り続けることはないので、一喜一憂するのではなく冷静にチェックする意識が大切。

ダイエット中の体重との付き合い方は?

ダイエットをしていると、必ず体重をはかるのがベストです。自分の状況をしっかりと把握することが、頑張る道筋を見つけるのに必要だからです。ただ、先述したようにとらわれすぎるのもよくありません。ここからは、ダイエット中の体重との付き合い方を解説します。

体重は同じ条件ではかりつづける

せっかく体重をはかるなら、きちんとした数値を知ることが必要です。そのため、同じ服装で同じ時間帯にはかるのが大切。朝起きてトイレに行き、ご飯を食べる前、下着ではかる、など同じ条件ではかりましょう。

体重の変化の法則を知る

体重はジグザクと上がったり下がったりを繰り返す法則があります。これは「ホメオスタシス」という生理機能が関係します。体重が急に減ると、生命の危機を感じた体が体重を元に戻そうと働き始めて、結果ジグザクするのです。つまり、これは生理機能なので、下がり続けないことにショックを受けなくていいことを覚えておいてください。

まとめ

こちらの記事では、ダイエットの間違った習慣を解説し、ダイエット中の体重との付き合い方についてご紹介しました。何事にもストイックになり過ぎず、長く続けられるダイエット習慣を取り入れてみましょう。無理をし過ぎはリバウンドの元になるので注意してくださいね。

元記事:
頑張るほど「疲労感」が増していく…やってはいけないダイエットNG習慣

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?