ダイエット速報

コロナ健康を獲得した人の生活は?ランニングの取り入れ方を紹介

コロナ禍で太ってしまった方はよく聞きますが、反対にコロナによって健康的な体を獲得した人もいます。こちらの記事ではコロナ健康を獲得したと語る、コーエンのPRを務める川崎匠さんの生活をまとめ、さらにランニングによる運動の取り入れ方についてまとめていきます。

コロナ健康をゲットするための生活スタイルは?


それでは早速、川崎さんがコロナによって変わった生活スタイルについてチェックしてみましょう。

通勤時間だったところでランニング

これまでは、朝の通勤時間に1時間ほどかかっていたけれど、通勤の時間が浮いたので朝の時間に余裕ができたそう。そこで、週に3〜4日程度、晴れている朝はランニングするようになったとのこと。毎朝5km弱ほど、タイムなどを気にせず散歩の延長感覚で走っているそうです。練習として堅苦しく続けるのが嫌なので、無理なく続けることを意識されています。また、ランニングをすることで体幹が鍛えられたのか、昔患った腰のヘルニアからくる腰痛もマシになったそうで、それが最も嬉しい変化だと語られています。

モチベーションは体型を維持したいという気持ち

洋服畑のバックボーンがあることから、トレーニングとしてランニングを楽しむというよりは、体型を維持して洋服を着こなしたいことがモチベーションにつながっているそう。走り始めた頃に、社内の新規ブランド「アンルート」が立ち上がり、こちらがスポーツに関係するブランドだったこともあり、さらに走ることが仕事に直結したのも続けられたポイントとなっています。

ランニングによるダイエット効果


それでは、川崎さんがコロナ禍に健康を手に入れたランニングについて、ダイエット効果や健康効果をチェックしていきましょう。

有酸素運動による脂肪燃焼効果

ランニングは、たっぷり酸素を取り込んでエネルギー消費を促す有酸素運動です。有酸素運動は、脂肪燃焼効果があると言われています。酸素を使って体の脂肪をエネルギーに変換して使用するため、脂肪を減らすのに最適。

基礎代謝のアップ

また、脂肪燃焼効果についてはもちろんですが、走ることで筋肉量がアップするのでそれに伴い基礎代謝も高めることが期待できます。基礎代謝が上がると、運動したりしなくても呼吸や内臓の働きだけでエネルギーを消費する量がアップするので、痩せやすい体になるということ。しっかり筋肉をつけることが、食べながら痩せる第一歩なので、脂肪燃焼と筋肉量アップの両立ができるランニングを続けることはダイエットに適しているといえます。

まとめ

こちらの記事では、コロナ禍によって逆に健康を手に入れた川崎さんの話と、川崎さんも日課となっているランニングのダイエットや健康への効果についてご紹介しました。運動することに負担を感じない方なら、ランニングを取り入れて楽しくダイエットができると思うので、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか?もしこれまであまり運動していないという方は、まずはウォーキングから始めて慣れるのもいいかもしれませんね。

元記事:“コロナ太り”ならぬ“コロナ健康”を獲得した、コーエンPR川崎さんのランニングスタイル

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?