ダイエット速報

ジョギングとランニングに違いはあるの?ダイエット向きの走り方は?

「ジョギング」と「ランニング」、何気なく普段から使っている言葉ですが、その違いをご存知ですか?元記事では、ジョギングとランニングの違いについて紹介しています。こちらの記事では、ジョギングとランニングの違いについて、またダイエットが目的の場合の正しい走り方についてより詳しくご紹介します。

ジョギングとランニングの違いとは?

ジョギングもランニングも同じ、長めの距離を走る競技です。その走る速度によってジョギング、ランニングと呼び分けているのだそう。より早いペースで走っているのがランニングで、競技を目的とした走り方です。学生時代に行われることが多いマラソン大会を思い出していただくとわかりやすいかと思います。長い距離ですが競争ですので、少し速いペースで走るようにしていますよね。

一方のジョギングは健康増進を目的としており、ゆったり目のペースで走ります。一時「皇居ラン」というものが話題になりましたが、あちらはゆったりと走っているので、ジョギングの部類に入るわけです。具体的なペースは心拍数を測ると明確になるようです。ランニングは140以上、ジョギングは120~130前後の心拍数になるように走ります。心拍数を知るには、心拍測定機能付きのランニングウォッチが必要です。

ダイエット向きの走り方とは?

ダイエットを目的とするならば、継続が一番重要です。効果で言うならば、ジョギングもランニングもダイエット効果はありますので、ご自身の体力や性格から選択していくことがいいでしょう。

ランニングをする

速いペースで走るので、ある程度体力がある方、普段から運動習慣のある方は問題ないです。初心者がいきなりランニングをしますと、怪我もしやすいですし、キツイので早々と心が折れてしまう可能性があります。1日に15分以上ランニングすることで効果が出てくるようですが、10分でもいいのでなるべく毎日続けるようにし、体を温めておくといいですね。ランニングはペースが速いので、短時間でのエネルギー消費が可能です。基礎代謝が上がるので、痩せやすい体になっていきます。

ジョギングをする

ゆったりと走りますので、運動習慣があまりない人、自信がない人にはジョギングがおすすめです。こちらも1日に15分以上走ることで効果が現れてきます。初回はごく短い距離、時間から始めて、日を追うごとに距離や時間を増やしていくというやり方でも大丈夫です。ジョギングもできれば毎日少しずつ走ることが望ましいですが、たとえば週3回20分にしてもいいようです。先述した通り、何より継続が重要ですので、長期的に続けられるよう計画が立てられるといいですね。

まとめ

こちらの記事では、ジョギングとランニングの違いについてや、ダイエットに効果的な走り方について紹介してきました。ランニングは短時間でもダイエットに効果がありますし、ジョギングはゆったり無理なくダイエットをしたい人にはうってつけの運動です。どちらを選ぶかはそれぞれの体力と性格次第ですが、どちらを選んだとしてもとにかく継続しましょう。継続こそがダイエット成功への道なのです。

元記事:ジョギングとランニングの違いって何?

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?