ダイエット速報

ダイエッターはたんぱく質をたくさん摂るべき?植物性たんぱく質のメリットも

牛肉

早稲田大学大学院で運動生理学を学び、「ダイエットコーチ計太」としてYouTubeにも動画を公開しているパーソナルトレーナーの慶太さんが、ダイエット中に摂取するべきたんぱく質について教えてくれました。

こちらの記事では、たんぱく質の必要量や、植物性たんぱく質のメリットについてもご紹介します。

「体重×1.5〜2.0g」のたんぱく質は適切?

鶏ささみ

この基準は、一般的にダイエットをしたい人にはたんぱく質過剰になりうるかもしれないと、計太さんは説明します。簡単に言うと、「マッチョと一般人では基準が違う」ということ。

たんぱく質が過剰になると、それは脂肪に変わってしまう恐れもあるため、ダイエットをしているのになかなか痩せないという方は、たんぱく質の過剰摂取を疑ってみてもいいかもしれません。

そこで、計太さんがおすすめするのが、「体重×1.0g/日」のたんぱく質を摂取すること。シンプルでわかりやすいのも嬉しいポイントです。しっかりとトレーニングで追い込んでいる人は、もっと摂取してもいいのですが、そこまで筋肉量を増やしたいわけではない人は1.0gを基準に考えましょう。

たんぱく質量の目安

サバ1尾:20g

鶏むね肉(100g):19g

白米(300g):7.5g

木綿豆腐(150g):10g

これらを上手に使えば、プロテインなどを間食に使わなくても十分に必要量を摂取できそうですね。

うまくたんぱく質をとる方法は、筋トレをした日は多めに、しない日は少なめに調整するのがいいそう。上手にバランスを取ってみましょう。

植物性たんぱく質のメリットは?

大豆

たんぱく質には、肉や魚を中心とした動物性たんぱく質や、大豆などを中心とした植物性たんぱく質に分けられています。こちらでは、植物性たんぱく質のメリットをご紹介していきますね。

カロリーが低く量をたくさん食べられる

動物性たんぱく質に比べてカロリーが低いため、お腹が満足するまでたっぷり食べても太りにくいメリットがあります。また、大豆などは食物繊維も豊富で、腸内環境を整えるだけでなく満腹感を感じやすいのも嬉しいポイント。

水溶性ビタミンを含んでいる食材も多いので、エネルギー効率がよくなり活用してくれるとも言われています。

脂質が少なくヘルシー

こちらも動物性たんぱく質と比べて、脂質が少ないメリットがあるため、ダイエット中にはとても嬉しいヘルシー食材となります。動物性ばかりを選んでいると、脂質をたっぷり摂取してしまっていることも多いため、植物性たんぱく質を上手に取り入れましょう。

まとめ

こちらの記事では、パーソナルトレーナーの計太さんが教える、たんぱく質の適正量や植物性たんぱく質を摂取するメリットについて解説しました。

糖質中心の生活をしている方などは意識してたんぱく質をとる必要がありますが、たんぱく質のとりすぎも考えものだということです。今一度、自分の食生活を振り返って、バランスよく栄養をとれるように調整してみましょう。

元記事:「ダイエッターはたんぱく質をたくさん取るべき」は本当? 早稲田院卒ダイエットコーチが解説〈dot.〉

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?