ダイエット速報

ダイエットのために炭水化物を制限すべき?お米がわりにおすすめなものも

魚

糖尿病対策に糖質を制限するのが有効だと、今でも考えている人がいますが、日本糖尿病学会では総エネルギー摂取量を制限せず、炭水化物のみを極端に制限して減量をはかる事の安全性は立証できていないと言われています。

こちらの記事では、糖尿病や減量のために何を制限するのが有効なのかということや、お米の代用におすすめな食材を紹介します。

炭水化物を控えることの弊害

チキンBMI30以上の肥満の人に炭水化物を50〜60gに制限することを指導した結果、6ヶ月で体重減少をきたした結果があらわれ注目を集めました。

しかし、低炭水化物は6ヶ月までは有意な体重減少をもたらしますが、1年もするとバランスよく食事をとるのと差が無くなるそう。さらに、低炭水化物では血中LDLコレステロールの増加がみられました。

低炭水化物食が長期効果を見出せなかったのには、症例数の少なさや高い脱落率が挙げられるそう。

また、主食を減らすことでおかずの量が増えすぎると、動物性たんぱく質や脂質の量が増え、動脈硬化や心血管疾患のリスクが高まります。

普段の主食の量が極端に多いような人は、今よりも減らすという意味では有効ですが、バランスよく食べている人が糖質を極端に減らしすぎるのはおすすめできません。国際医療福祉大学医学部教授の坂本昌也先生は、もし低炭水化物食に取り組んでいる人がいたら、今日からやめることを強くお勧めすると語ります。

お米の代わりにお勧めな食材は?

カリフラワーライス極端な低糖質はお勧めできませんが、毎日カップラーメンを食べていたり、ご飯を3杯食べる!というような方は控えめにすることも大切です。ここからは、お米がわりに食べたい食材について紹介します。

豆腐

お手頃価格で簡単に手に入る豆腐。低糖質で高タンパクなので、ダイエット中に嬉しい食材です。

フォークでざっくりと潰すことで、お米のような見た目になり、米と一緒に炒めてチャーハンにすることも。食感のある木綿豆腐の方がおすすめです。

カリフラワー

低糖質で食物繊維が豊富なカリフラワー。ビタミンCやビタミンB群が豊富で免疫力アップ効果も。

細かく刻んで白米に混ぜることで、かさましすることができてお勧めです。イオンなどで冷凍で販売もされていて、手軽に使えますよ。コリコリとした食感もおいしいです。

しらたき

低糖質で嬉しいしらたき。きざんでお米に混ぜて炊くことで、糖質量やカロリーを抑えることができますよ。麺の代わりになるのも嬉しいポイント。

タンパク質と食物繊維が取れる食品なので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

まとめ

こちらの記事では、低糖質食は糖尿病や肥満の解消につながるのかという内容をまとめ、さらに米の代用になる食材について解説しました。

糖質が低すぎると、他の栄養素が多くなりすぎて弊害が表れることもあります。何事も、バランスよく取り入れることが大切なので、今の自分の食生活をバランスの良い方に寄せていけるようにしてみましょう。

元記事:ダイエットのためには脂質より炭水化物を制限すべきか【進化する糖尿病治療法】

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?