ダイエット速報

ダイエット中も食べやすい低糖質チョコスイーツ!減量中のチョコの取り入れ方

チョコレート

主流の糖質制限ダイエットをしていると、どうしても罪悪感を抱いてしまうチョコスイーツ。バレンタインデーに欠かせないチョコレートをどうしても食べたい!という方におすすめの、手作り低糖質チョコスイーツを紹介します。さらに、減量中にチョコレートを上手に取り入れる方法も解説していきますね。

レンチン3分!低糖質ガトーショコラのレシピ

ガトーショコラ

たんぱく質:20.9g、脂質:14.5g、糖質10.0g、カロリー:265.7kcal

ツイッターやクックパッドに投稿し、ダイエッターから支持を得ているLicoさんのレシピです。Licoさん自身も、筋トレと食事改善で13kg減量に成功したそうで信頼できますね。

【作り方】

ザルで2分ほど軽く水切りした絹豆腐150gを裏漉しし、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜます。ラカント30g、おからパウダー10g、純ココア20g、卵1個、無糖アーモンドミルク20ccを全て豆腐に合わせます。型に入れ、ふんわりラップをして600Wで3分レンチンしましょう。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成です。

炊飯器で簡単「低糖質チョコケーキ」

たんぱく質:22.1g、脂質:20.1g、糖質:9.5g、カロリー:337.9kcal

ボウルで卵1個をしっかり混ぜ、ラカント40gを入れます。おからパウダー30g、純ココア30g、アーモンドミルク120ccを混ぜ、サイリウム3gも混ぜます。ベーキングパウダー5gも。炊飯釜にバターを塗り生地を入れ、普通に炊飯します。竹串で生地がついてこなかったら完成。

ダイエット中のチョコレートの付き合い方

チョコレート

チョコレートは、ダイエット中でもそれほど悪いものではありません。食べ方や選び方を正しくすれば、上手に取り入れられるのでチェックしてみてくださいね。

ビターなタイプを選ぶ

チョコレートといってもビターなものからミルクやホワイトチョコなど様々な種類がありますが、ビターなものは糖質が少ないのでダイエット向きです。

また、食物繊維が豊富なカカオマスがたくさん入ったものを選ぶのがおすすめ。ミルクチョコやホワイトチョコは、糖質が高い上にカカオマスも少なめなのでダイエット中にはあまりおすすめできません。

2〜3粒を大切に味わう

そして、いくらビターチョコとはいってもたくさん食べすぎるともちろん太ってしまいます。なので、2〜3粒程度を大切に味わいながら食べることがおすすめ。

全部我慢して排除してしまうのではなく、ダイエット中の息抜きとして大事に食べるのがおすすめです。

まとめ

こちらの記事では、もうすぐバレンタインの今のタイミングで知りたい、低糖質のチョコスイーツのレシピや、チョコレートの取り入れ方について解説しました。

ダイエット中のおやつの中で、ビターチョコは低糖質で取り入れやすいおやつになります。ぜひ、食べ過ぎには注意しながら頑張っている自分を応援するおやつとして取り入れてみてゃいかがでしょうか?

元記事:ダイエット中に食べても罪悪感ナシ!「低糖質」チョコスイーツレシピ

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?