ダイエット速報

プロが教える太らないお餅の食べ方3選!年末年始のダイエットも

お餅

白米なら腹八分目ができるのに、お餅だと食べ過ぎてしまうという方は多いかもしれません。白米に比べてカロリーも高いお餅、年末年始に食べる時に太らないようにする食べ方を3つまとめます。

さらに、おいしいものを食べ過ぎてしまう年末年始に太らないようにする方法も紹介しますね。

お餅を食べても太らないための方法3選

お餅

切り餅を3つ食べてしまうと、それだけで351kcalになってしまいます。食べ方によって、太りにくくもなるので、チェックしてください。

血糖値を上げない工夫を

白米もですが、お餅も血糖値が急上昇する食品なので、脂肪がつきやすい特徴があります。血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されると、糖が脂肪として蓄えられるため肥満の原因になるのです。

血糖値を上げないためには、食物繊維の豊富なキノコやこんにゃく、野菜を先に食べることが大切。サラダを先に食べたり、雑煮にして野菜を食べるのがいいでしょう。

お餅は最後に食べる

先に他の食品を食べてからお餅を食べるのが、血糖値を上げないためにも大切。そして、お餅を最後にすることで思っているよりも量が食べられないという嬉しいメリットもついてきます。

無理に食べ切ろうとしない

お餅は傷みやすいイメージがあるかもしれませんが、個包装になっているものならかなり賞味期限が長いので、ゆっくりと消費していけばいいです。無理して急いでたくさん食べようとせず、ゆっくりと少しずつ楽しむのがおすすめ。

年末年始ダイエットのおすすめ方法

おせち

それではここからは、食べ過ぎて太りやすい年末年始のダイエット方法を紹介していきます。

おせちはバランスよく食べる

和食だから太りにくいと思いがちなおせちですが、ものによってはカロリーが高いため注意しましょう。栗きんとんや黒豆、だてまきといった甘いおかずは、砂糖たっぷりで高カロリーなので注意が必要。

反対に、かまぼこやなますなどは低カロリーなので、バランスよくいろいろと食べるのがおすすめです。

体もしっかり動かす

年末年始は寝正月が幸せ、という方も多いかもしれません。また今年は特にコロナ禍で、初詣もまた別日に、という人は多いのではないでしょうか?そうなると、おせちやお餅を食べてゴロゴロ、なんてことも。

外には出られなくても、家の中でながら運動をしてみるなど、少しでも体を動かす努力をすることが、年末年始太りに歯止めをかけてくれますよ。面白いテレビがたくさんやっているため、それをみながら腹筋やスクワットをするのもおすすめです。

まとめ

こちらの記事では、お餅の太りにくい食べ方3選や、年末年始太りにくくする方法についてまとめました。クリスマスからお正月にかけての年末年始、どうしても体重が増えてしまった!という方は多いはず。

そうならないために、食べ方を少し工夫してみたり、動けるところでうごいてみたり、少しずつ努力してみましょう。ちょっとの意識が、体に変化をもたらしてくれますよ。

元記事:【プロが伝授!】太らないお餅の食べ方は3つ!

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?