ダイエット速報

健康的に体脂肪を減らす方法は?ごはんを抜くとだめな理由も詳しく解説

体重計

ダイエットをしている方なら体重とともに気にしているであろう数値が、体脂肪率です。お腹周りだけもたつく人などは、要注意。こちらの記事では、健康的に体脂肪を減らす方法や、ダイエットで食事を抜くといけない理由を解説します。

体脂肪について解説

和食ダイエット外来の工藤孝文先生が、体脂肪について色々と解説してくれました。

一般的に健康な体脂肪率は、男性が10〜19%、女性が20〜29%だと言われています。これ以上だと肥満だそう。この中でも高い数値にいる方は、肥満予備軍ともいえるので注意が必要です。

体脂肪率は水分量などで変化するので、同じ時間に食後2時間以上開けて測定するのがおすすめです。

運動をしていないから筋肉が減って体脂肪が増えているケースや、食事を抜いて体が危機感を感じてエネルギーを蓄えているケースなどが考えられます。

体脂肪を溜めない方法

まず行いたいのは、食事内容を改善することです。和食ベースで肉や魚、野菜や海藻をバランスよく食べるのが大切。特に低カロリーなきのこや海藻、豆類、野菜類は食物繊維も豊富なので、糖質や脂肪の吸収を抑えてくれます。腹持ちも良くなりますよ。

早食いは血糖値を急上昇させたり食べ過ぎたりする恐れがあるため、ゆっくり時間をかけて食べるように心がけましょう。

お腹が空いた時は、おからパウダーヨーグルトがおすすめです。高たんぱく質で低脂質、トルコアイス風の食べごたえ抜群なデザートになります。

ダイエットでごはんを抜くのがだめな理由

食べないダイエットよくダイエットをしていると、夕食を抜いて一気に痩せられたというようなことを耳にしますが、これは健康的なダイエットとはいえません。それはなぜなのか、ごはんを抜くことがだめな理由を解説していきます!

摂取カロリーが足りなくなる

もちろん、カロリーが少なければ少ないほど、痩せることはできるでしょう。ただし、その分栄養も摂取できなくなるため、肌や髪がぼろぼろになったり、やつれてしまったり健康的なダイエットができなくなります

美しくなりたくて痩せるのに、げっそりしてしまっては意味がありませんよね。

脂肪を溜め込みやすくなる

長い時間空腹が続くと、次に食事をした時に体が飢餓状態になってしまうことを恐れて、過剰にエネルギー摂取をしようとします。体に脂肪を溜め込むため、我慢して食事を減らしたのに逆効果になるのは残念ですよね。

空腹時間が長いと、血糖値が急上昇しやすくなるのも脂肪がつきやすくなる原因の1つです。しっかりと食べてきれいに痩せられる健康的な食事を目指しましょう。

まとめ

こちらの記事では、体脂肪率についての正しい知識をまとめ、さらに食べないダイエットの危険性について解説しました。

食べないで我慢する努力をするぐらいなら、おいしく食べてきれいに痩せられる内容を選んで実践するほうがいいと思いませんか?ぜひ、健康的でヘルシーな食生活を選んで、美しく痩せる方法を試してみてください!

元記事:【痩せているのに体脂肪率が高い】健康的に体脂肪率を下げるにはどうしたらいいの?

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?