ダイエット速報

健康管理アプリ「カロミル」使用者が増加!栄養素を知るメリットも

食事の写真を撮ることで、AIが画像を解析して栄養計算をしてくれるアプリ「カロミル」が、累計登録会員数70万人を突破しました。コロナ禍で健康への意識が高まったようで、5月から20万人の会員数を増加させたというカロミルについて、開発の背景やカロミルの特徴についてまとめ、さらに栄養素を知ることの健康へのメリットについてもまとめます。

カロミルとは?

カロミルを開発するにあたり、CEOの棚橋さんとCTOの阿万さんが共同創業で2016年にスタートしたそう。以前に棚橋さんは腎臓病を患い、食事を管理するアプリを探していたそうですが、精度の高い記録ができるアプリがなく苦労した経験があり、それが食事管理アプリ、カロミルの誕生の一歩となりました。

カロミルでは、1枚の食事の写真を登録することでAIが画像解析し、栄養素や食事時間、内容を記録してくれます。2017年には、カメラロール解析ができるAIの開発にも成功、記録のためにアプリを立ち上げなくてもカメラロールにあるだけで解析してもらえるようになりました。

カロミルを開発するにあたり、最も注力していて自信を持っている部分が、「AIによる画像解析精度の高さ」となっています。その精度の高さが、口コミだけでダウンロード数を増加させている要因。カロミルがすごいと口コミしてもらえるのが、さらにカロミル会員数を増やしているということですね。

食事を管理する健康やダイエットへのメリットは?

それでは、食事を管理することが、どのように健康やダイエットへつながっていくのかをチェックしましょう。

ダラダラ食いを防止する

ダイエットしてもなぜか痩せられない、と悩んでいる人は、無意識のうちに何かを口にしているというケースが非常に多いです。それが、食事管理や栄養素を管理することで、全てを記録しないといけないという意識に変わり、ダラダラと食べるのを止めることができます。食べたい、と意識したものを食べるだけで、なぜか太ってしまった、ということがなくなりますよ。

自分の食事の傾向が知れる

量を減らしてもなぜか痩せない、という方は、もしかすると糖質、脂質、塩分のどれか、もしくは複数を摂取しすぎということがあります。全体量は少ないのに脂質が異常に多くてカロリー過多になっていたり、塩分が多くてむくみが出ていたり、糖質が多すぎたりとなると、我慢しているのに痩せない、ということも。栄養素まで把握することで、食物繊維をたっぷり摂ったら我慢してないのにカロリーが減った!ということもあります。ぜひ、自分の食事の傾向をチェックしましょう。

まとめ

こちらの記事では、健康管理アプリカロミルのダウンロード数が増加したニュースや、自分の食事を管理する大切さについてまとめました。なんとなく食事を減らしている、という状態はバランスが崩れがちで健康を害す恐れもあるので、便利なアプリを使いながら簡単に食事管理をしていくのがおすすめです。

元記事:健康管理アプリ「カロミル 」が累計70万ダウンロード突破!コロナ禍で健康への関心が高まり5月から半年で20万人の増加

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?