ダイエット速報

太ももを引き締めたい時におすすめの下半身エクサ!ダンベルの使い方も

太もも

下半身の大きな筋肉を鍛えることで、体の土台が強くなると言われています。なので、しっかり鍛えれば、他の部位のワークアウトや日常生活がどんどん楽になるそう。

こちらの記事では、おすすめの下半身エクササイズを紹介し、さらにダンベルを上手に使うコツも紹介していきます。

太ももを引き締めるコツ

レジスタンスバンド太ももを強くするコツは、3つの筋肉群をカバーすること。大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋です。本気で結果を出すなら、負荷をどんどん増やしていくことも重要

今回紹介する下半身エクササイズでは、レジスタンスバンドやダンベルorケトルベル、箱か台を使用します。

バンデッド・ヒップブリッジ+アブダクション

腰に余分な俯瞰をかけることなく、ハムストリングスや臀筋、体幹に効果を発揮します。太ももにレジスタンスバンドを巻き仰向けになり、膝を曲げ、両足を床につけてお尻から30〜40cmほど離します。

腕は体の横に置いて、手のひらを下に向けたところからスタート。体幹をしめてかかとを床に押し付けたら臀筋をしめてお尻を持ち上げます。いったんとまり、両膝を左右に開いてバンドを伸ばしましょう。スタートに戻って1回。これを10回1セットとして2セット行います。

バンデッド・ラテラル・ステップアウトスクワット

中臀筋と大腿四頭筋にきく運動。膝の下にレジスタンスバンドを巻き、足を腰幅に開いたら両手を胸の前で組みます。

右に一歩踏み出し膝を曲げ、お尻を下げて太ももと床を並行にし、臀筋を締めて踵で床を押して体を押し上げ、スタートポジションに戻ります。反対側もリピートしましょう。

ダンベルの上手な使い方

ダンベル 女性ダンベルというと、ボディビルダーなど筋肉を大きく育てたい人が使う器具だというイメージがありますが、実際は女性や初心者のダイエットにも効果があります。使い方にコツがあるので、効果を上げる使い方を紹介します。

女性なら1kgもあれば十分

大きく筋肉を鍛えたい場合は、負荷の重いダンベルが必要になりますが代謝をあげたりダイエット効果を得たい場合は、1kgもあれば十分です。自重よりも少し負荷をかけて、長く継続していくことを意識した重さがいいので、重すぎずに続けやすいものを選びましょう。500mlのペットボトルに水を入れたものも、おすすめです。

筋肉を効率的に育てられる

ダイエットにおいて、筋トレは基礎代謝をアップするためにもとても重要なトレーニングです。腕立てなどの自重トレよりも、楽に続けられるのがダンベルトレーニングだと言われています。

まとめ

こちらの記事では、太ももを本気で鍛えたい人におすすめのトレーニングを紹介し、さらにダンベルトレーニングの上手な取り入れ方を解説しました。

ダイエットで筋肉を育てるためには、まず下半身を育てるのが効率的でおすすめです。ぜひ、効率よく筋肉を育てるトレーニングをチェックして、上手にダンベルなどの器具を用いて楽しく運動してみましょう。

元記事:太ももを本気で引き締め!おすすめの下半身エクササイズ

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?