ダイエット速報

正しいウォーキングの健康効果は?シューズの選び方も紹介

ウォーキング

正しい歩き方をすることで、さまざまな不調の改善効果が期待できると言われています。こちらの記事では、ボディメイクやダイエット指導をする森拓郎さんが、正しい歩き方の嬉しい効果を紹介し、ウォーキングの時におすすめなシューズを紹介します。

ウォーキングの嬉しい効果6選

ウォーキング・骨が丈夫になる

地面からの衝撃が骨に伝わることで、骨が丈夫になると言われています。骨粗鬆症予防にも。

・全身の血流がアップ

足の筋肉を動かすことで、血流を押し流すポンプ作用がアップ。

・姿勢が良くなる

正しい姿勢でウォーキングを続けたら、大腰筋などが鍛えられ美しい姿勢になります。

・筋肉が鍛えられる

股関節、お尻、足など体の大きな筋肉が鍛えられるので、加齢で筋肉が衰えるのを防ぎます。

・お腹が凹みヒップアップ

大腰筋が鍛えられるとお腹が凹み、大殿筋が鍛えられるとヒップアップ効果も。

・脳が活性化する

歩いて筋肉を動かすことで、神経伝達物質のアセチルコリンが増えるので、脳の血流がよくなって脳が活性化します。認知症予防にもつながるといわれていますよ。

正しく歩けば嬉しいメリットがたくさんありますが、歩くほど不調になるという人も。それは、歩き方が悪いのが原因かもしれません。

ウォーキングシューズを選ぶ上での重要なポイント

ウォーキングシューズここからは、しっかりとウォーキングするのに重要なシューズの選び方を解説します。

足の長さがあっているかどうか

まずは、足長があっているかをしっかり確認しましょう。最も長い指の先の部分から、踵までの長さがあっているかが重要です。

またきっちりすぎるのも良くないので、つま先にある程度捨て寸があることも大切です。1〜1.5cmほどの余裕があるサイズを選んでください。

足幅と足囲も大切

足のサイズは縦の長さだけではありませんよね。足幅や足囲もぴったりのシューズを選ぶことで、さらに歩きやすくなります。

日本人の足は幅広な人が多いですが、それぞれサイズが違うので自分の足をチェックしてもらって選ぶのがいいでしょう。

足幅は親指から小指の付け根の幅のことをいい、足囲は親指の付け根の出っ張りから小指の最も出ている部分までぐるっと一周した長さのことをいいますよ。

通気性なども大事

たくさん歩いたら足も汗をかくので、通気性がよいものなど快適に歩ける機能がついているのもおすすめです。撥水性や透湿性などいろいろな機能がついたウォーキングシューズが発売されているのでチェックしてみてくださいね。

まとめ

こちらの記事では、ウォーキングを正しく行うことで得られる嬉しい効果を6つ紹介し、さらに正しくウォーキングを行うために必要なウォーキングシューズの選び方も紹介しました。

ウォーキングシューズは、足にピッタリとフィットするものを選ぶのがおすすめ。ぶかぶかやきついものを選んでしまうと、くつずれを起こしたり歩きにくくて姿勢がおかしくなったりしてしまうので、気持ちよく歩けるシューズを履いてくださいね。

元記事:1日何歩歩けば、病気予防できる?「正しいウォーキング」で得られる健康効果はこんなに!

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?