ダイエット速報

糖質制限で炭水化物を抜かず押麦を摂り入れるのがおすすめ!

コロナ太りをしたから「糖質制限」や「低炭水化物」をしている方は多いかもしれません。しかし、炭水化物を全て抜いてしまって必要な栄養素が得られないのはもったいないです。こちらでは、炭水化物源としておすすめの押麦についてご紹介し、さらに他の炭水化物の栄養素についてもまとめます。

食物繊維たっぷりの押麦

体内の余分なコレステロールの排出に役立ったり、便秘を解消したり、糖質の吸収を穏やかにすることで血糖値の上昇を抑えたりする働きがある食物繊維。押麦には食物繊維が豊富に含まれているため、野菜だけではなかなか摂りきれない食物繊維を摂取することができます。押麦に含まれる食物繊維の量は、白米の約24倍とも言われているため、白米を押麦に置き換えることで無理なく食物繊維を摂れるのです。

押麦は、白米に2〜3割で混ぜるのが美味しく食べる秘訣です。パサつきやすいため、割合が増えれば増えるほど、食べにくく感じる方も多いかもしれません。下ごしらえなしで炊飯できるのも魅力で、洗米した白米にそのまま加えるだけで済むのも毎日取りいれやすいポイントです。

食物繊維が多い食べ物は、消化をしにくいというデメリットがあるので、消化機能が低下している体調不良の時には白米に戻すと安心。押麦は、ご飯に混ぜるだけでなく、サラダやスープの具材としてもおすすめ。多めに茹でておくとすぐに使えて便利です。

他の炭水化物の栄養素も紹介

それでは、ここからは押麦だけじゃなく、他の炭水化物にも栄養たっぷりなものがあるよ!ということで、玄米とオートミールについてご紹介していきます。

玄米の栄養は?

玄米とは、精白されていない状態のお米のことを言い、白米よりもビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。玄米は、人間が健康に過ごしていくために必要な栄養素をほとんど摂取できる完全栄養食です。白米と比べてエネルギーはやや低く、タンパク質はやや多く、不溶性食物繊維はなんと4倍。ビタミンB群は約10倍にものぼります。また、ダイエット向きな理由の1つにしっかり噛むようになるところ。食物繊維が豊富なのでしっかり噛まないと食べられないので、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを抑えてくれます。

オートミールの栄養は?

オートミールは、玄米の3倍もの食物繊維が含まれているのが特徴です。さらに、ダイエット向きのポイントとしてGI値が低いことが挙げられます。GI値が低いと血糖値が急上昇することがないので、インスリンの分泌を抑えます。ミネラルも豊富で、しっかりと栄養を摂れるのも人気の秘訣。

まとめ

こちらの記事では、炭水化物をただ抜くのではなく、押麦や玄米、オートミールといった栄養豊富な炭水化物を取り入れてみるのがおすすめなことを解説しました。ぜひ、糖質制限をしているけれど、便秘がちになってしまったという方や、食べても大丈夫な炭水化物を取り入れながらダイエットがしたいという方は試してみてくださいね。

元記事:「糖質制限」で炭水化物源を抜くのはもったいない!「押麦」でより健康に

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?