ダイエット速報

食べすぎた日の対処法は?ヘルシーな食事の続け方も紹介

イベントごとなどで食べすぎてしまったら、罪悪感に苛まれてしまったり、自暴自棄になってダイエットをやめてしまったという方もいるかもしれません。けれど、そんな必要はありません。食べることを楽しんでから気持ちを切り替えて、またヘルシーな食事を取り戻せば大丈夫。こちらの記事では、その理由やヘルシーな食事を続ける方法も紹介します。

カロリーに生活を支配されないことが大切

普段はきちんとした食生活や程よい運動を取り入れているという人なら、たまに暴食をする日があってもそんなに落ち込むことではありません。例えば1日の消費カロリーが2000kcalの人がある日の夜に3000kcal食べてしまった場合、その日だけで見るとカロリーオーバーしているかもしれませんが、1ヶ月のうちその日だけがオーバーしてしまったなら、平均すると1日2033kcal摂取したのと同じ。ほとんど誤差の範囲ですよね。なので、楽しくおいしいものを食べられたなら、それは楽しく過ごしてまたいつものヘルシーな食事に戻せば何の問題もないのです。なので、食べすぎたからたくさん運動しようとしたり、いきなり食事を抜いてみたりする必要もなし。運動をするなら、長く続けられそうな自分に合ったものを取り入れ、食事も続けられるヘルシーなものを選ぶのがいいでしょう。

ヘルシーな食事の続け方は?

ここからは、無理をせずに続けることができるダイエットのための食事法をご紹介していきます。

夕飯を食べる時間を考える

ダイエット中の食事で、一番控えめにしているのは夕飯ではないでしょうか?夕飯で食べたものが寝る間までに消費できなかったら、寝ている間に脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。それを控えるために夕飯を少なくするかもしれませんが、それだけでなく夕飯を食べる時間を調整するのがおすすめ。夕飯は朝食から遅くとも14時間あけるといいと言われているので、朝食を7時に摂ったなら夕飯は12時間後の19時までに摂るのがいいですよ。

ダイエット向きの食品を積極的に食べる

ダイエット中には、マーガリンやソーセージ、はんぺんといった加工品を摂るのがよくないとされています。なぜなら、脂質や塩分が高く脂肪やむくみの原因となるからです。さらに、ダイエット中に摂り入れる方も多い春雨も要注意の食品。カロリーは低いですが糖質が高いので、糖質制限している方は気をつけてください。ダイエットにいいのが、エビやささみ、オリーブオイル、卵、ほうれん草、キノコ類など。自炊をすることで食べたいものをたくさん取り入れられるのでおすすめです。

まとめ

こちらの記事では、食べすぎてしまっても焦らずに普段どおりの生活に戻すことが大切だということや、ダイエット中のヘルシーな食事の取り入れ方についてまとめました。ダイエットをするなら、食事と運動をバランスよく程よく取り入れることが大切。そうしていれば、たまに暴食しても焦る必要はありませんよ。

元記事:

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?