ダイエット速報

食べたら筋力アップ!?「ちくわ」の持つパワー・でも食べ過ぎ注意

ちくわ

皆様、「速筋タンパク」って知っていますか?
タンパク質の中でも注目を集めている成分なんですって。

その「速筋タンパク」を多く含む食材、それが「ちくわ」です。
こちらの記事では、ちくわの持つパワーについてご紹介していきます。

ちくわを食べて筋力アップ!

ちくわ

ちくわに含まれる「速筋タンパク」。
まずはこの成分がどういったものなのかを説明しますね。

そもそも筋肉には「遅筋」と「速筋」があります。
「遅筋」とは、水泳やジョギングなどのように持久力を必要とする有酸素運動に向いている筋繊維です。

対して「速筋」は、ダッシュやジャンプなど瞬発力が必要となる無酸素運動に向いている筋繊維です。
速筋は遅筋に比べて加齢で衰えやすいため、意識的に鍛えておきたいところなんですね。

速筋を増やすにはどうしたらいいかというと、負荷をかけたトレーニングと食事が重要になってきます。
そこで活躍するのが、「速筋タンパク」が摂れる「ちくわ」なのです。

ちくわを毎日食べると「運動しなくても筋肉量が増える」といわれるほど「速筋タンパク」が豊富。
カロリーも1本(30g)で約35kcalくらいで、ダイエット中に嬉しい食材なのです。

おすすめなのは、ちくわを肉の代わりに使うアレンジ。
たとえば、ひき肉の代わりにちくわを刻んでいれる「麻婆ちくわ」や、肉の代わりにちくわを一緒に煮る「ちくじゃが」などがあります。

他にもちくわをからし明太子とバターで炒め、パセリを散らした「ちくわ明太バター」、片栗粉をまぶしてカリッと焼いた豆腐とちくわに、甘辛いタレをからめた「照り焼き豆腐」、豆腐とちくわで作る「卵とじ」なども。
おかず、おつまみなど幅広くアレンジが可能ですので、毎日美味しくちくわが食べられますよ。

ちくわを食べすぎるとどうなる?

ちくわ

ちくわを食べて筋力アップ、カロリーも低いしいっぱい食べたい!
という気持ちもわかりますが、ちくわの食べ過ぎには注意も必要です。

何を気にしておきたいかというと、ちくわの塩分です。
ちくわは加工食品ですから、当然塩分をしっかり含んでいます。

ちくわを過剰に食べることで、塩分も余計に取ることになってしまいます。
塩分はむくみの原因です。

痩せようと思ってたくさん食べるうちに顔が丸くなったなんてことにもなりかねません。
他にも塩分の摂りすぎで高血圧や動脈硬化を引き起こす可能性もあります。

ダイエット的にも逆効果、それどころか健康を害する恐れも。
ですので、食べ過ぎには注意していきましょう。

先ほども紹介した通り、ちくわは他の食材と合わせて使うことも多いですよね。
その際には、組み合わせで増える塩分量についても、できれば考えておくといいです。

まとめ

こちらの記事では、ちくわに含まれる「速筋タンパク」、ちくわのアレンジ、食べすぎるとどうなるかをご紹介しました。
ちくわは高タンパク、低カロリー、しかも安価なので毎日食べたいですよね。

しかし、ちくわだけ大量に食べるのは栄養が偏りますし、塩分も気になります。
上手に料理の中に取り入れ、健康的な食事をするべきです。

元記事:食べるだけで筋力アップするって本当!? 速筋タンパクが豊富なちくわのボリュームおかず

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?