ダイエットブックBIZ

「食事?運動?睡眠?」「低糖質ダイエットに向く人・向かない人」「夕食をサラダチキンに」【2019年10月3日ダイエット.bizニュース】

スポンサーリンク

本日のダイエットブック. bizニュースは「食事、運動、睡眠……どれを変えるとダイエットできるの!?」「あなたはどっち?「低糖質ダイエットに向いている人」or「向いていない人」」「キスマイ北山 役作りで短期間に3~4キロ減量 「夕ご飯をサラダチキンに」ダイエット法明かす」でお送りいたします!

悩んでいる女性のイラスト

食事、運動、睡眠……どれを変えるとダイエットできるの!?

ダイエットに励んでいる女性は多いと思いますが。これを成功させるために変えるべき習慣は人それぞれ。本当は睡眠習慣が太っている原因なのに、食生活ばかり気にしても結果が出ないのは当然です。より効率よくダイエットを成功へと導くために、普段の食生活、運動習慣、睡眠の質を見直して、最適な方法をみつけたいものです。

■食生活を変えるべき人

「ダイエット=食べることを我慢すること」と考えてしまいがちですが、食べる種類を「増やす」ことで、ダイエットを成功させるケースもあります。食事量自体が多過ぎて太ってしまったという場合は、食事量を見直し、適量にすることが必要です。一方、あまり食べてないのに太ってしまうという場合は、栄養不足で代謝が低下している可能性があります。その場合は、副菜を中心におかずを増やし、栄養バランスを整えることがダイエット成功への近道です。

■運動習慣を変えるべき人

筋肉量が極端に少ない場合は、筋肉を鍛えることで代謝を高め、日常生活で消費できるエネルギー量を増やしましょう。年齢を重ねても自分の足で歩くために、足腰を鍛えておくことは大切です。そのためには、栄養不足やエネルギー不足の状態では筋肉が発達しなかったり、骨粗しょう症などのリスクが高まったりしますから、食生活を整えて必要量を補ったうえで運動することが望ましいといえます。食べずに運動だけ、という方法は絶対に避けましょう。

ただ、これまでも運動をしてきた、という人は大きく習慣を変える必要はありません。運動習慣がなかった人はいきなり強度の高い運動をすると体を傷める可能性がありますから、ウォーキングやジョギング、水中ウォーキングなど、息切れしない程度に続けられる運動から始めるとよいでしょう。

■睡眠習慣を変えるべき人

昼間に原因の分からないイライラに悩まされる場合や、なぜか間食をしたくなったり甘いものばかり食べたくなったりする場合は、睡眠不足が原因かもしれません。これらに当てはまる場合は、十分な睡眠時間が取れているか、寝る環境は安心できて熟睡できるものであるかを確認し、改善することをオススメします。

どれも当てはまるような気がする……という場合は“すべてを改善する”でOKです。心と体が健康的になって初めて、魅力的なボディラインへと整えることができます。毎日を元気一杯、エネルギッシュに過ごせるよう、生活の仕方を工夫していきましょう。

(美容・健康ライター Nao Kiyota)

BIGLOBEニュース「食事、運動、睡眠……どれを変えるとダイエットできるの!?」2019.10.1

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエットというと真っ先に「食事制限」が思いつく人が多いでしょうね?でも、置かれている環境は人それぞれ違うので、ダイエットは食事制限!と断定してしまうのも乱暴な気もします。

食生活の見直しが必要な人は、摂るべき栄養素が不足している可能性があり、運動習慣を変えるべき人は筋肉量の増強が必要。睡眠を見直す人はストレスが多いかもしれないということです。

”食事制限”は本来摂取すべき栄養素が不足する危険性があるので、”栄養素”に意識を払うのは大切ですね。筋肉の素となるタンパク質、脂質や糖質の代謝効率を上げるビタミンB群は欠かせません。また、腸内環境がダイエットにも影響を与えるので、食物繊維も大切です。

運動習慣を変えて筋肉量を増やす必要がある人は、運動だけではなく筋肉の素となるタンパク質の摂取も当然必要になりますね。

また、睡眠不足は過度なストレスの原因になるばかりでなく、睡眠中の”成長ホルモン”の分泌量も少なくしてしまいます。成長ホルモンは文字通り”身体の成長”に必要な物質ですが、代謝の向上にも欠かせないホルモンなのです。

記事では3つの要因に分けて分析していますが、よく読んでみると、3つのどれが欠けてもダイエットは上手くいかないことが良くわかると思います。

バランスの取れた食事、適度な運動、そして充分な睡眠時間。心当たりのある人は、1つずつでも解決していきましょう!

続いてはこちら!

あなたはどっち?「低糖質ダイエットに向いている人」or「向いていない人」

今回のお悩み
ごはん、パン、麺類が大好きで、甘いものもよく食べています。
低糖質ダイエットをはじめてみたいのですが、ずっと続けられるか不安で…。
自分が低糖質ダイエットに向いているかは、どう判断すればいいのでしょうか?

糖質オフが向いているのは「これからダイエットをはじめる人」

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

低糖質ダイエットについては、専門家によってさまざまな意見があります。僕のこれまでのダイエット指導の経験では、低糖質ダイエットを長期間続ける場合、「向いている」「向いていない」をはっきり分けるのは難しいと考えています。

というのも、子どもの頃からごはんを主食にしてきた人にとって、主食を完全に抜く厳しい糖質制限を長期間続けるのは難しいからです。

また、糖質は、体内ですばやくエネルギー(熱)になったり、運動後の筋肉の回復を助けたりする働きもあり、長期間の厳しい糖質制限で代謝が落ちることも考えられます。

そのため、低糖質ダイエットは“導入”の1か月だけ、糖質をとり過ぎている食生活のリセットのために実践するとよいでしょう。

例えば、次のようなタイプの人です。

<低糖質ダイエットが向いているタイプ>
□これからダイエットをはじめる
□むくみやすい
□丼物、麺類など単品メニューをよく食べる
□ごはん、麺などを大盛りにすることがある
□お菓子を毎日食べている
□糖分の入った甘い飲みものをよく飲む

糖質は体内で水分と結合して筋肉などに蓄えられますが、最初の1か月に糖質を制限することで余分な水分が抜け、むくみがとれて体重が1.5kgほどダウンする人も見られます。

反対に、次のような人は、糖質をこれ以上制限する必要がないといえます。

<低糖質ダイエットが向かないタイプ>
□仕事で外回りをしていてよく歩くなど、日常生活の活動量が多い
□筋トレ、ジョギングなど運動習慣がある
□過去に糖質制限でめまい、倦怠感などの不調を起こしたことがある
□1食の主食の量は、ごはん茶碗1杯分、麺1玉程度
□お菓子、甘い飲みものは、ほとんどとらない

筋肉作りには、たんぱく質だけではなく「糖質」も必要

ダイエットの導入に糖質を制限する場合、お菓子、飲みものなど嗜好品の糖質から減らしていきましょう。主食は、完全に抜くとストレスになってしまうので、朝昼は適量(ごはん茶碗1杯など)をとり、夜は量を控えめにします。

そして、筋肉など体の材料になる「たんぱく質」、代謝などに関わる「ビタミン・ミネラル」を意識的にとることも大切です。

筋トレをして筋肉量アップを目指している場合、糖質を控え過ぎないようにしましょう。たんぱく質とともに、良質な糖質(ごはん、いも、豆類などのデンプン)、ビタミン、ミネラルをとることで、運動時のエネルギー代謝や筋肉の回復がスムーズになります。

1か月の糖質オフの後は「脂質オフ」の食生活に切り替えを

低糖質ダイエット1か月後からは、お菓子は控えつつ、朝昼夜の主食を「ごはん1杯」など適量にし、“脂質オフ”の食生活に変えていきましょう。

揚げものなどの油脂を多く使う料理、肉料理ばかりに偏らないようにします。また、パスタ、パンなども脂質が多くなりがちなので、主食はごはんをメインに。

ただし、魚介類のDHA、EPAなどの良質な脂質は健康によい影響をもたらすので、積極的にとりましょう。

さらに、食品添加物が含まれる加工食品に偏らないよう、生鮮食品を中心としたナチュラルな食生活を心がけることも大切です。

このように、ダイエットの導入に糖質のとり過ぎをリセットしたうえで、余分な脂質をオフしましょう。食生活の乱れがだんだん整い、甘いもの、脂っこいものを欲しない健康的な嗜好に変化していきます。

取材・文/掛川ゆり

ネタりか「あなたはどっち?「低糖質ダイエットに向いている人」or「向いていない人」」2019.10.1

ここに注目!ダイエットブックEye’s

目を見張るダイエット効果がある”糖質制限ダイエット”ですが、「向く人」「向かない人」がいるんですね。糖質ダイエットで痩せたという人をまねてチャレンジしてみたけれど、思うような結果を出せないでいる人は、ここに原因があるのかもしれません。

「向く人」で挙げられている項目は、まさにその通り!”糖質主体”の食生活であるのが一目でわかりますね?これなら食生活を見直して”糖質”をカットするだけで、劇的な変化が見込めるはずです。

一方で、「向かない人」は、今現在の食生活・生活習慣で充分に”糖質制限”を実現できています。何かと目の敵にされる”糖質”ですが、身体活動の”エネルギー源”としてなくてはならないものです。これをさらに減らすとなると、体調が崩れるなどの悪影響が出てくる危険性もあるのです。

糖質は”三大栄養素”です。必要不可欠な栄養素であるのは間違いありません。問題なのは”摂り過ぎ”なのです。

自分の食生活を振り返って、「糖質はそれほど多くないよな・・・?」という方は今の生活習慣でも十分にダイエットが出来ているはずです。それでも太り気味というのであれば、1つ前の記事を改めてご覧になり、栄養バランスや睡眠習慣の見直しをしてみましょう!

最後はこちら!

キスマイ北山 役作りで短期間に3~4キロ減量 「夕ご飯をサラダチキンに」ダイエット法明かす

鶏むね肉

人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の北山宏光さんが10月1日、東京都内で行われた主演ドラマ「ミリオンジョー」(テレビ東京、水曜深夜1時35分)の会見に登場。国民的大ヒットマンガの担当編集者・呉井聡市を演じる北山さんは、「追い込まれる役なので見た目で感じる説得力がないとなと思った」と撮影中に短期間で減量したことを明かし、「3~4キロぐらい。夕ご飯をコンビニのサラダチキンに変えて、そんな夜を過ごしていた。湯煎すると一番うまいと気づいた」と苦労を感じさせない笑顔でダイエット方法を明かした。

北山さんの役へのこだわりは体重面だけでなく、「監督と、(呉井の利き手が)原作では左で描かれていたので、どうしますかという話を最初にしました。ということは撮影前に左利きの練習をしないといけないな、と……」と振り返り、「原作ファンの方がいることを理解した中で、自分にできることは何なんだろうと探していった感じです」と原作へのリスペクトを念頭に役作りしたことを語った。会見には、萩原聖人さん、今泉佑唯さん、深水元基さん、永野さん、榊英雄監督も出席した。

ドラマは、2013年にマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載されたマンガが原作。主人公の呉井聡市は、マンガ家の夢をあきらめ、マンガ誌「週刊少年グローリー」編集部で国民的大ヒットマンガ「ミリオンジョー」を担当する編集者。ある日、「ミリオンジョー」の作者、真加田恒夫が急死する。呉井は真加田の死を隠し、真加田の創作ノートだけを頼りにアシスタントの寺師良太と共に連載を完結させようとする……というストーリー。10月9日深夜1時35分にスタート。動画配信サービス「Paravi」では同日午後11時から全話を一挙配信する。

毎日新聞「キスマイ北山 役作りで短期間に3~4キロ減量 「夕ご飯をサラダチキンに」ダイエット法明かす」2019.10.1

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエットの必要があるの?充分にスマートな印象のある北山宏光さんですが、”役作り”で更なるダイエットに挑んだとのこと。華々しく見える芸能界ですが、裏では血のにじむような努力があるんですね。

さて、北山宏光さんが実践したという「夕食をサラダチキンで済ませる」のは、”置き換えダイエット”に分類されるものです。夕食では糖質の摂取を控え、その代わりに”タンパク質”を摂ることで3~4kgの減量に成功したのです。

短期間で痩せるダイエット法の面目躍如といわんばかりの”成功事例”ですね。摂り過ぎると脂肪として蓄積されていまう”糖質の制限”に基礎代謝を左右する筋肉の素となるタンパク質の摂取と、ダイエットの基本となるポイントを見事に押えています。

ただ、食生活や生活習慣は人それぞれ、1つ前の記事で触れたように、「向く」「向かない」があるのも現実です。

他人は他人、自分は自分と”割り切って”、自分にとってベストのダイエット法を実践していきましょう!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。