ダイエットブックBIZ

「カロリー消費を増やすコツ」「豆苗の賢い食べ方」「市場も反応?紅茶を見直す動き」【2019年10月29日ダイエット.bizニュース】

スポンサーリンク

本日のダイエットブック. bizニュースは「ダイエットしたいけど運動は嫌!日常生活からカロリー消費を増やすポイント」「節約野菜「豆苗」は美容や貧血対策にも超優秀。賢い食べ方とは」「紅茶市場が復調 “抗インフルエンザ活性”報道で特需、“タピオカミルクティー”も追い風に」でお送りいたします!

徒歩通勤する女性

ダイエットしたいけど運動は嫌!日常生活からカロリー消費を増やすポイント

だらだらしているとカロリー消費はできない!
ダイエットするための一つの手段として、カロリー消費を増やすことが挙げられます。カロリーを消費するために大切なのは、体を動かすこと。基礎代謝を上げることもダイエットにつながりますが、そのためには筋肉量を増やすことが必要です。筋肉はだらだらしていても、勝手にはついてくれません。どちらにしても活動量を増やすことが必要不可欠なのです。

でも運動は苦手…
運動することでカロリー消費を増やせるとわかってはいるものの、運動は苦手で好きじゃない…いざ、やろうと気合を入れても3日で終わってしまう、そんな経験もあるのではないでしょうか?

仕事が忙しくて、なかなか時間を取れない時もありますよね。そんな時にオススメなのは、日常生活の延長線上での運動を取り入れること。トレーニングやスポーツなど本格的なものを取り入れなくても、少しずつ活動量を増やすことができますよ。

コツは頑張りすぎないこと
通勤など毎日通る道を少し速足で歩いてみたり、ひと駅余分に歩いてみたり、自転車を徒歩に変えてみたり…ほんのちょっとだけ体を動かす時間を増やしてみましょう。コツは頑張りすぎないこと!いきなり運動量を増やすと疲れてしまい、モチベーションも下がってしまいます。

このくらいなら毎日できるかな、くらいの量で少しずつ増やしてみてください。それが自分の中で日常になったら、その範囲を広げてみましょう。エレベーターやエスカレーターを使わない、一日1回の散歩の時間を作る、そんな風に徐々に機会を増やしてみてくださいね。

運動が苦手な人は、普段の生活でも活動量が低い傾向があります。まずは本格的に運動をする以外の、ちょっとした活動を増やすように心がけてみてください。だんだんと慣れてくれば、体を動かすことに抵抗がなくなってきます。徐々に運動が心地よく感じ、積極的に体を動かせるようになれば、活動量が増えてカロリー消費も増えていきますよ。焦らずに自分のペースで続けられるものを、着実に取り入れてみてくださいね!

櫻井麻美
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。
既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

gooニュース「ダイエットしたいけど運動は嫌!日常生活からカロリー消費を増やすポイント」2019.10.28

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエットを成功させるには【摂取カロリー < 消費カロリー】の関係がポイント!そして、消費カロリーのUPにはトレーニングが大切になりますね。

ただ、”痩せたいけど運動はイヤ!”と苦労をせずに”痩せたい”と願う、”ある意味無茶な人”も一定数以上いるのも事実です。そんな人に是非目を通してほしいのがこちらの記事です。

”身体を動かすことなく痩せられる”と虫のイイ話は展開していませんが、”運動”を意識させることなく”身体を動かす”ポイントを紹介しています。

ポイントは、

  • ”少しずつ”増やしていく
  • ”頑張りすぎないこと”

の2点!たったこれだけ、難しいことは要求していませんね?

”病は気から”という言葉もあります。”痩せたい”と強く思うことで、ダイエットに結び付く行動が無意識にできるようになれば、あなたのダイエットも半分は成功したと言ってよいでしょう。

”少しずつ”、”無理のない範囲”でダイエット習慣を身に着けていきましょう!

続いてはこちら!

節約野菜「豆苗」は美容や貧血対策にも超優秀。賢い食べ方とは

【ラクうま美人ごはん vol.41】

安定感のある実力野菜。

季節や天候によってしばしば発生する「野菜高騰」。そんな時の野菜選びって、悩ましいですよね。しかし、そんな時にも安定した価格で、栄養バランスが良くて、食べ応えのあるおいしい救世主的野菜としてオススメしたいのが、「豆苗」。最近では“価格安定野菜”として紹介されることが多く、スーパーに行けば、だいたいいつでも1袋100円前後で購入できるのが最大の魅力なんです。でも、美容・ダイエットを考えた場合、食べ方にはコツがあることを、ご存知でしょうか?

そこで今回は、豆苗の魅力(基本情報・栄養)をご紹介しつつ、キレイになるために覚えておきたい「食べ合わせ術」を2つご紹介したいと思います。

◆豆苗とは、「えんどう豆」の発芽野菜。栄養的にも超優秀
豆苗とは、えんどう豆を発芽させた新芽野菜のこと。もやしやカイワレなどと同様、「発芽野菜」の仲間であり、栄養的には、「豆」と「緑色葉物野菜」の両方のメリットを併せ持っているんです。特に嬉しいのは、次の4つ。

①ビタミンA⇒美肌・アンチエイジング(βカロテン4100μg)
目や皮膚の粘膜を健やかに保つ。老化の原因とされる活性酸素を除去する。

②ビタミンC⇒美肌・美白・アンチエイジング(79mg)
コラーゲンの合成に重要な役割を果たす。鉄分やカルシウムの吸収率を高める。抗酸化作用も。

③葉酸⇒造血・妊娠前後の対策(91μg)
赤血球の生産をサポート。DNAの合成を促進し、細胞の新生・再生に関わる。

④ビタミンK⇒丈夫な骨づくり(280μg)
カルシウムの代謝に関与し、骨を丈夫にする。

※各数値は、豆苗・生・茎葉の可食部100gあたりの含有量。(文科省食品成分データベース)

そして何より嬉しいのは、これらの4栄養素について、豆苗1/2袋(約50g)を食べるだけで、成人女性が1食で取るべき摂取量の7割以上を満たすことができるのです(ビタミンKは目標量の2倍以上!)。

ここまでで、豆苗が肌に良いこと、健やかな血液や骨を作るために重要であることはわかりました。それでは次に、さらなる効果を期待して、キレイを高める“効果的な食べ方(食べ合わせ)”の話に移りましょう。

◆年齢不詳!極上美肌を作るための「食べ方・食べ合わせ」とは
まず最も覚えておくべきは、「たんぱく質」と合わせること。ビタミンAやビタミンCが豊富で、美肌作りに関わると言っても、基盤となる「たんぱく質」をしっかり摂取していないと、豆苗パワーが無駄になりかねません。つまり、豆苗を食べるときには、肉・魚・豆などのたんぱく源を一緒に食べることを意識すると良いでしょう。ちなみに、豆苗を最も簡単にたっぷり食べるためには、電子レンジで短時間加熱(30秒〜1分)するのがオススメ。

いつものカット野菜の代わりに添えてみるところからスタートしてみると良いでしょう。

そしてもう一つのポイント。加熱に弱い「葉酸」や「ビタミンC」を考慮し、「生で食べる」ことも取り入れてみて。そうです、豆苗って、生サラダとしても楽しむことができるのです。そして、最強のアンチエイジングを目指すべく、合わせたいのは、アボカドとパプリカ。抗酸化作用の相乗効果が期待でき、アボカドのクリーミー感が、豆苗の食感(ポサポサしていて食べにくいと感じる人もいる)をおいしく包み込んでくれます。

最後に「味付け」ですが、短時間加熱にせよ、生にせよ、味付けはお好みのドレッシングやタレをかければOK。最も重要なのは、継続的に取り入れていくことですから、無理なく自分好みのテイストで楽しむことを忘れずに。さあ、豆苗で、安定感のある美容食を楽しみましょう!

参考:豆苗研究会「スゴイ!豆苗の栄養価」

<文、写真/スギアカツキ>
【スギアカツキ】食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

dmenuニュース「節約野菜「豆苗」は美容や貧血対策にも超優秀。賢い食べ方とは」2019.10.28

ここに注目!ダイエットブックEye’s

スポンジに蒔かれた種が芽を伸ばした状態で商品化されている”豆苗”、芽を刈り取った後にスポンジを水に浸して”2回”、”3回”と再び”収穫”したことのある人も多くいることと思います。

2回目以降に収穫する芽は細くなってしまいますが、それでも何回か収穫できるので”経済野菜”として重宝しますよね?

さて、この豆苗ですが、コストパフォーマンスに優れるという”経済面”だけではなく、”栄養面”においても優秀であることを皆さんはご存知でしょうか?

豆苗には、記事で触れられている成分の他にも、

  • ビタミンB群
  • 食物繊維

が豊富に含まれています。

ビタミンB群は糖質や脂質の代謝をサポートする成分として、また、食物繊維は便秘の解消など、腸の環境を改善するのに欠かせない成分ですね?

生のままサラダにしても良いですし、レンジで短時間加熱するのも、たくさん食べるうえでおススメの方法です。

栄養面でも優れ、お財布にも優しい豆苗、献立に取り入れないわけにはいきませんね?

最後はこちら!

紅茶市場が復調 “抗インフルエンザ活性”報道で特需、“タピオカミルクティー”も追い風に

紅茶にハチミツを入れている

〈ティーバッグがけん引、家庭用紅茶市場全体で前年比プラス〉
家庭用紅茶市場が復調している。長年にわたり、ゆるやかな減少が続いていたが、ようやく底打ち感が出てきた。

昨年の秋以降、紅茶の健康価値が注目され、市場のすそ野が拡大。特に、紅茶ポリフェノールの抗インフルエンザ活性が多くのメディアに取り上げられ、年末年始の流行シーズンにはティーバッグを中心に“特需”が起きた。この流れを春夏期につなげようと、紅茶メーカー各社では主力品の販促や水出しタイプの拡充により、さらなるユーザーの開拓と定着を図った。その結果、今年1月~9月の家庭用紅茶市場は前年を4%ほど上回って推移した。ティーバッグやリーフなどの家庭用だけでなく、外食におけるタピオカミルクティーブームや紅茶飲料のヒットが重なるなど、多方面で紅茶の注目度が上がっている。

財務省貿易統計によると、2018年紅茶輸入量(バルク)は前年から6.2%増の1万4753t、金額4.1%増の79億円と数量、金額共に増加した。今年1月~8月にかけては数量7%増の9630t、金額2.1%減の46億円と数量が伸びる一方、金額は減少。紅茶飲料やティーバッグのブレンド用途が多く、比較的安価なインドネシア産の輸入量が増えたことが主な要因。

今年1月~9月の家庭用紅茶市場をみると、インスタントやリーフが前年から微減で推移する一方、ティーバッグは前年を5%ほど上回った。ティーバッグが構成比約6割を占めるため、市場全体も前年越えで推移した格好。しかし、昨年はダージリン休売などの減少要因があるため、一昨年と比較した場合には微増にとどまる。「ようやく底を打ったものの、真価が問われるのは今季以降の売り上げ」(メーカー)。〈「健康」「フルーツ」「カフェインレス」への対応目立つ〉
約2割のロイヤルユーザーが市場の半分以上を消費する家庭用紅茶市場において、従来の販促策は既存品の香りやブレンド訴求が主流となっていた。だが近年、そのロイヤルユーザーも高齢化が進み、新規ユーザーの、とりわけ若年層の開拓が業界全体の課題となり、各社はさまざまな施策を展開している。そのなかで特に目立つのは、紅茶の健康価値訴求による飲用喚起や、フルーツフレーバーとカフェインレス対応品の強化だ。

紅茶の健康価値については日本紅茶協会が主体となり、積極的に情報を発信。ダイエット効果やガン細胞の増殖抑制作用、疲労回復作用など、さまざまな効用が報告されるなか、昨年、抗インフルエンザ活性が注目されて需要が急増。流行シーズンの昨年12月~今年2月にかけて、ティーバッグの売り上げは前年を2桁近く上回った。「この時期『日東紅茶 デイリークラブティーバッグ』の10袋入りがよく売れたので、新規需要を獲得したとみている。その後、主力の25袋入りの販促強化に努めて夏場の売り上げも好調を維持した」(三井農林)。

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングでは近年、フルーツと紅茶の組み合わせの提案に力を注ぐ。今年4年目の期間限定店舗「リプトン」フルーツインティー専門店は、同社によると「紅茶をよりカジュアルに日常的に楽しんでもらい、夏場の需要喚起と家庭用市場の活性化につなげる」ことを目的としている。昨年この専門店で販売した人気メニューのグリーンティーを今春、家庭用コールドブリューシリーズの「グリーンティー ピーチ&オレンジ」として発売し、20~30代の若年新規層の獲得につなげた。秋冬向けにはホット専用のフルーツインティー(2種)を新たに投入し、ユーザーの定着を促す。

また近年、働く女性の増加や妊娠時の飲用意向の高まり等を背景にカフェインレス商品の売り上げが拡大している。日本緑茶センターの「ティーブティックやさしいデカフェ紅茶」や富永貿易の「アーマッドティー」(デカフェシリーズ)をはじめ、その市場性に着目した大手3社(三井農林、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング、トワイニング・ジャパン)が相次いでカフェインレス紅茶を投入し、市場が活性化。今後のさらなる拡大を見据え、各社では紅茶以外のカフェインレス商品も年々増やしている。例えば今季はノンカフェインのルイボスティーが充実しており、トワイニング・ジャパンは「リッチルイボス」、三井農林は「ルイボスデイズ」をそれぞれ発売。共に初動は好調という。

〈11月1日は「紅茶の日」〉
このように今季、各社は引き続き健康価値ニーズへの対応とカフェインレス商品のバラエティ化等により市場の底上げを図る。11月1日「紅茶の日」には、紅茶の日実行委員会(三井農林、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケテイング、カレルチャペック、キリンビバレッジ、伊藤園)と日本紅茶協会後援により、東京駅直結の商業施設KITTE内で大規模なサンプリングが実施される。

食品産業新聞社ニュースWEB「紅茶市場が復調 “抗インフルエンザ活性”報道で特需、“タピオカミルクティー”も追い風に」2019.10.28

ここに注目!ダイエットブックEye’s

嗜好飲料としておなじみの”紅茶”ですが、市場規模は減少傾向が続いていたんですね?一方で同じ嗜好飲料のコーヒーは右肩上がり、この違いはコーヒーを前面に打ち出したショップがあるかの差なのでしょうか?

そんな紅茶も”抗インフルエンザ活性”が認められたことで注目を浴び、前年と比べて順調な実績で推移しているようです。もちろん、この売上増の背景には”タピオカミルクティー”の流行があるのも間違いないですね!

このように”再評価”の動きがある紅茶ですが、ダイエットに役立つ成分も含まれているのを皆さんはご存知でしょうか?

紅茶に含まれるダイエット成分と言えば”テアフラビン”と呼ばれるポリフェノールの一種、紅茶の特徴ともいえる”紅い色”の素がそれなのです。

テアフラビンには”ポリフェノール”に共通して認められる抗酸化作用(アンチエイジング作用ですね)の他に、

  • 抗肥満効果
  • 血流改善効果

も認められているのです。

コーヒーやお茶、烏龍茶といった飲み物と比べると存在感が薄めの紅茶ですが、”ハーブ”を加えて飲むというアレンジ法もあります。

これからの時期の”インフルエンザ”対策にもおススメです。ダイエット成分にも注目して、愛飲する飲み物のレパートリーに加えてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。