ダイエット速報

2021年こそ痩せたい!という方にしてほしい5つの新習慣は?

お風呂

毎日の生活で、実は無意識にデブグセ行動をしているという方は多いかもしれません。こちらの記事では、そんな方におすすめの2021年から始めたい5つの痩せグセ新習慣を紹介!

また、日頃からちょこちょこと動いてカロリーを消費する方法をご紹介します。

2021年から始める5つの新習慣とは?

豆乳

まずは、以下のようなデブグセをしていないかチェック。

・おいしそうなものをつい買いすぎる
・夜更かしして朝が起きられない
・連休などで必ず太る
・イライラすると食欲に走る
・手の届くところに食べ物がある
・付き合いで食べてしまう

心当たりのある方は、ぜひ痩せグセ習慣を試しましょう!

1.バスタイムは高温反復浴を

浴槽に熱めのお湯を張りまず水分補給。全身浴3分、あがって休憩5分を3回繰り返し、また最後に水分補給。この高温反復浴は代謝アップに繋がります

2.飲み会前は夜更かしNG

睡眠不足は食欲増進のグレリンというホルモンが増加します。その状態で飲み会に参加すると、暴飲暴食してしまうためしっかりと寝て参加するのが重要。

3.日常生活でよく動く

運動が苦手だからといって怠けてはだめ。きつい運動をするより、日常でちょこまか動く方が活動量が増やせるので、姿勢を良くしたり階段を優先して使ったりしてみましょう。

4.買い物前に豆乳200ml

空腹状態で買い物に行くのは買いすぎてしまうことも多いので、豆乳を飲んで行くことで満腹中枢を刺激し回すぎを防げます。

5.ながら食いせず一食集中!

動画を見ながらお菓子を食べるなど、ながら食いはデブグセの1つ。しっかりと味わって食べましょう!

日常生活で活動量を増やすには?

家事

痩せグセの1つにもあったように、ちょこまかと動くことで日常生活でもカロリーの消費量を増やすことができますが、具体的な方法をまとめます。

座って行うことを立って行う

テーブルと椅子に座ってメイクをしていたり、座ってテレビを見ていたりする時間が長い方は、それらを立って行う時間を増やすことで運動強度をあげることができます。

立って、さらに姿勢を良くしているだけで、ダラっと座っているよりも運動になりますよ。テレビを見ているなら、ながら腹筋やながらスクワットなどの運動もおすすめ。

つま先立ちで家事をする

料理を作ったり掃除機をかけたり、家事をするのは運動になります。さらに、それらの行動をつま先立ちで行うことで、運動強度を上げられておすすめ。

つま先立ちをすることで、足の筋肉の強化にもつながるので、ぜひ上半身の姿勢も気にしながら行ってみましょう。

まとめ

こちらの記事では、2021年に痩せたい方にぜひ実践してもらいたい、痩せグセ行動5選をご紹介しました。さらに、ステイホームでもちょこまかと動くための方法も解説。

外に出られないから、外は寒いからという理由で、家でダラダラしていては太ってしまう一方です。ぜひ、普段の動きを少し増やして運動量をアップさせて、スマートな体を作ってみてください。

元記事:【2021年こそ痩せる!】食べるときは全集中、買い物前に豆乳を飲む…5つの新習慣

ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?