ダイエットブックBIZ

【2019年4月30日ダイエット.bizニュース】「チーズとマヨネーズがダイエットの救世主に!?糖質制限の心強い味方!!」他

スポンサーリンク

2019年4月30日のダイエットブック. bizニュースは「チーズとマヨネーズがダイエットの救世主に!?糖質制限の心強い味方!!」「一瞬にして意欲が燃え尽きてしまうあなたに!!長続きするダイエットの秘訣とは!?」「聞きかじった知識は挫折の原因!?正しいダイエットの知識を身につけよう!!」でお送りいたします!

チーズ

チーズとマヨネーズがダイエットの救世主に!?糖質制限の心強い味方!!

「罪悪感もストレスもなし♪

アウターを脱ぎ捨て、だんだんと薄着になり始めるこの時期。「冬の間にうっかり蓄えてしまった、お腹のお肉が気になる…」という人も多いですよね。とはいえ、忙しい4月は食べる量を我慢してダイエットに励んだり、ボリュームのない淡白な味の「ダイエットおかず」を作って、家族の不評を買うのは避けたいところ。

そこでおすすめなのが「チーズやマヨネーズを使った、低糖質なこく旨おかず」です。ダイエット中に敵視されがちなチーズやマヨネーズは、じつは糖質が低いので、たくさん食べても太りにくく、こく旨なので家族の満足度も抜群!これなら罪悪感を感じることなく、おいしくたっぷり食べられます。我慢しなくていいから、ダイエットもストレスフリー♪

「たんぱく質」はしっかり摂ろう!

糖質をオフするコツは、糖度の高い調味料や食材を使わないこと。調味料なら砂糖やみりん、めんつゆ、ケチャップなど、食材なら根菜類や芋類などを避けることがポイントです!逆に、鶏肉や豚肉などはしっかり食べて、たんぱく質や脂質はきちんと摂るのがいいと言われています。」

毎日新聞(デジタル版)「[罪悪感ゼロ]「チーズ」と「マヨ味」のコク旨おかずでゆる〜く糖質オフ!」2019.4.24

「糖質制限ダイエット」は短期間で効果を発揮する方法として知られています。

筆者もかつてはこの方法で半年20キロの減量に成功させているので、真偽は間違いないでしょう。

とはいえ、みんながみんなこの「食事制限(糖質制限)ダイエット」を完走できるとはかぎりません。

なぜなら……食べることが大好きな人にとっては、食事制限が苦痛で仕方ないからです。

つねに食事に”物足りなさ”を感じてしまうため、次第に「ダイエット=ストレス」という印象が蓄積され、最後には”爆発”してダイエットを放り出してしまうのです。

そこでオススメなのは、今回の記事でご紹介した「チーズやマヨネーズを使った、低糖質なこく旨おかず」

チーズとマヨネーズは味が濃いので、食後の満足感が三割増しになる優れモノ。

たとえば、大量のキャベツにチーズとマヨネーズをかけて”とん平焼き”にしてアレンジしてみると、野菜を食べるのが楽しくなりますよね?

なさんもぜひ、工夫してみてくださいね!

続いてはコチラ!

一瞬にして意欲が燃え尽きてしまうあなたに!!長続きするダイエットの秘訣とは!?

「(引用の都合で一部省略しています)
◆痩せ体質になるには無理なダイエットは禁物!

「炭水化物を抜く」「低カロリー食を続ける」「単品ダイエットをする」等を行えば、確かに一旦は体重が減るでしょう。ただ、そのダイエットを一生続けることができるでしょうか?

我慢→ストレスが溜まって食欲が暴走……。せっかく減らした体重もアッという間にリバウンドしてしまったら、ダイエットをした意味がありません。ダイエットは続けるからこそ意味があるのです!

そこで、無理なくライフスタイルに取り入れやすいダイエットの秘策として、痩せ体質になる5つのコツをご紹介したいと思います。

◆太らない方法1「朝型生活で痩せ体質!」

午前中のうちに体を積極的に動かすと、その後5~6時間は代謝のよい状態が続くといわれています。通勤通学、外出、買い物etc……、日中は何かと活動することが多いので、1日の始まりに代謝のよい状態を作っておけば、エネルギー消費アップにつながり、ダイエット的にも有利。

◆太らない方法2「食事の微調整が体を美調整する!」

ストイックに「食事量をセーブする」「太る食材は食べない」等を常に続けていたのでは、ストレスから暴飲暴食を招く恐れがあるので、食生活もボディラインと同様にメリハリをつけることが大事です。

例えば、「大好物(でも太りそうなもの)は週末1回だけご褒美として食べる」「週に1回は思いっきり外食を楽しむ」というようにすると、ストレスなく日々のダイエットが実践できます。

また、食べ過ぎた翌日の午前中は水or野菜ジュースなどでプチ断食を行う、1日を野菜スープなどで過ごすことも調整方法としてオススメ。さらに、夜は外食の予定があり食べ過ぎることが分かっている日は朝食と昼食を少なめにするなど、1日の食事量をコントロールすることが肝心です。プランを持って健康的に食事管理することは、太らないための重要なポイントとなります。

◆太らない方法3「バスタイム=ダイエットタイム!」

冷えはダイエットの大敵です! 体温が1度下がると基礎代謝が12%低下することからも、太りやすい&ダイエットがうまくいかない原因にもなります。

また、体が冷えると水分や脂肪が溜まりやすくなり、血液やリンパ液の循環も低下することで、むくみ&セルライトができやすくなる状態になるので注意が必要です。

まず、体を温めるのにマストなのはお風呂。ダイエットに有効な入浴法は、37~40度以下のぬるめの温度に、みぞおちの下まで浸かる半身浴。20分以上、頭から汗が噴き出るぐらいまで浸かれば、全身の血行がよくなることでデトックス効果も期待できます。バスタイム=ダイエットタイムだと思って、毎日しっかりお湯に浸かる習慣を持ちましょう。

また、42度ぐらいのお湯に全身3分浸かる⇔洗い場で休憩(頭や体を洗う)を3~5回繰り返す高温反復浴もオススメ。効率よく脂肪燃焼効果が期待できます。

食事面では、冬にとれるもの、寒い地方でとれる野菜や果物は体を温めるといわれているので積極的に。さらに、体を温める食材として知られている、生姜や根菜類もオススメです。いっぽう、冷たい飲み物(ビール、アイスコーヒーなど)や白砂糖、小麦製品は、体を冷やすので控えるように心がけましょう。

◆太らない方法4「柔らかい体で痩せ体質に!」

体が硬いor柔らかいには持って生まれた先天的な要素もありますが、体が硬いと運動効率も悪くなり、太りやすい体質を導いてしまうものです。毎日のストレッチ習慣で、誰でも少しずつ体を柔らかくすることが可能です。

体が硬いと以下のような悪循環が起こります。

・動きにくいから動かなくなる

・筋肉がこわばることで血行不良&代謝低下を招く

・筋肉が硬くなり、さらに伸びにくくなる

・動きにくい&動かないから太りやすくなる

逆に、柔らかい体であることで得られるメリットとして以下が考えられます。

・筋肉や関節が伸びやすく可動域が大きくなり、体も大きく動かせる
→消費カロリーがアップする

・体がスムーズに動くので運動することが苦ではない
→運動が継続&習慣化しやすい

・普段動かさないような体の隅々の筋肉まで使える
→脂肪が付きにくくなるうえ、所作も美しくなる

◆太らない方法5「ダイエットで人生を楽しく!」

「痩せたい!体重を減らしたい!」という必死の思いから様々なダイエットに振り回されるのではなく、「人生を楽しむためにダイエットがある」という意識に変えていきましょう。

中でもファッションは気軽に気分転換ができたり、「○○風に」という演出が楽しめたりと、人生を楽しくする大きな要素です。

きちんとした身なりを心掛け、ファッションに気を配るということは、太らない体づくり&美しいライン作りにとっても◎。だらしない格好やボディラインを隠すファッションばかりしていると、体型がどんどん緩んでくるので注意しましょう。

また、ボディラインキープの基準となるパンツやスカートを決めておくこともオススメ。「ウエストや太もも周辺がきつくなったら危険!」という目安が分かれば、「気づいたら体重オーバー!」という事態を回避できます。」

Yahoo!JAPANニュース「痩せ体質になるには?5つの太らない方法」2019.4.24

ダイエットって、たいていは勢いに任せて決意するケースがほとんどです。

そのときは、「脂肪への復讐心」が業火のように燃え上がり、「なんでもやってやる!」「どんとこい!」と大きな気持ちになっているものです。

しかし……いざダイエットを始めてみると、続かない。

あれだけ息巻いていたわりに、食事制限や運動をやったりやらなかったり、日々中途半端・・・気づけば「ダイエットの長期休戦」状態に突入してしまうのです。

これは、往々にしてみられる典型的な挫折パターン。筆者はこれを、「ダイエットやるやる詐欺」と呼んでいます(笑)

ではいったい、どうすればこの中途半端なダイエットを完走させることができるのか?

そのための金言が、今回ご紹介した記事に書かれています。ぜひ参考にしてくださいね!

最後はコチラ!

聞きかじった知識は挫折の原因!?正しいダイエットの知識を身につけよう!!

落ち込む女性のイラスト

「【盲点1】朝食やランチなど、無理に「食事」を抜いてしまう

「内臓脂肪を落としましょう」というと、「食べなければいいんだ」と思ってしまいがちですよね。そのために「朝食を抜く」「ランチを抜く」と、「食事をとらないダイエット」で頑張ろうという人がいますが、これは絶対NGです。

極端に食事を減らすと、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。すると食事制限をやめたあとは、筋肉の減ってしまったところに脂肪がつきます。この脂肪ばかりついた状態を「サルコペニア肥満」といい、通常の肥満よりも生活習慣病になる可能性が高くなります。

「サルコペニア肥満」は高齢者に多くみられますが、近年は若い女性も増えています。「無理なダイエット」を行った結果、肥満体には見えなくてもぷよぷよの体をもった「サルコペニア肥満」になってしまうのです。

そもそも「食べない」ダイエットは長く続かないものです。私自身の経験からも、ダイエットは「無理なく、続けること」ができるものでなければ成功しません。「食べない」のではなく、「賢く食べて」上手にやせましょう

【盲点2】無理に「完全な糖質制限」までしてしまう

現代人の肥満の原因ほとんどが、ご飯やパンなどの「糖質のとりすぎ」といわれています。この糖質を減らすことができれば、内臓脂肪も減らすことができますが、「極端な糖質制限」を、私はおすすめしません

極端な糖質制限を始めた場合、ほとんどのケースでエネルギー不足になる危険性があるからです。炭水化物を食べすぎて太っている人の多くはほかの栄養素が不足していることが多く、炭水化物を極端に減らすことで全体的なエネルギーが足りなくなるのです。その結果、「だるくなる」「やる気がなくなる」などの症状が出ることになり、当然長続きもしません。

私自身も完全な糖質制限によってエネルギー不足となり、「やせこけた老人」のような状態になってしまった経験があります。

糖質は多すぎず少なすぎず、上手にとることが重要です。今までの量から「半分に減らす」だけでも内臓脂肪の減少は十分に期待できると思います。

【盲点3】「外食」「飲み会」が多くて、「調整できない」と諦める

糖質制限をしようと思っても、会社勤めだと昼や夜の食事が調整できないことがありますよね。昼食が仕出し弁当になったり、夕食が接待や飲み会になったりなど、糖質の調整がしづらい状況があるでしょう。

そこで、思い切って朝の「主食」を抜いてしまう作戦を提案します。朝食を抜くのではなく、朝は必要最小限の糖質とあわせて、1日の中で不足しやすい食物繊維・ビタミン・ミネラル・たんぱく質を摂取する方法です。

主食は抜くことになるので、朝食のカロリーは低めとなります。その分、昼や夜の食事のカロリーが少し多くてもOKです。

主食の制限がうまくいかなかった場合でも、1日で摂取するトータルエネルギー量が糖質を中心に制限できるので、効率よくダイエット効果を発揮してくれます。

私がよくおすすめしているのが、「蒸し黒豆トッピングヨーグルト」です。ヨーグルトに市販されている蒸し黒豆をのせただけの簡単レシピで、低糖質で高たんぱく、さらに豊富な水溶性食物繊維を含んでいます。

私もよく朝食で食べています。簡単ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

【盲点4】「間違った方法」で、「腹筋運動」を一生懸命している

「ポッコリお腹を引っ込めるには腹筋運動!」と、必死に腹筋運動をするというのはよくある光景ですが、残念ながら一般的に行われている腹筋運動だけで、「お腹ポッコリの解消を期待すること」はほとんどできません

「一般的な腹筋運動」とは、「膝を固定して腕を頭の後ろに組んで上半身を90度まで起こす」という運動のことです。

【盲点5】「ハードな運動」を続けなくても、軽い有酸素運動10分程度でOK

腹筋だけでなく、「たくさん運動をしなくては」と、たくさん走ったりジム通いを頑張ったりしている人もいると思います。しかし、ハードな運動は体に大きな負担をかけるだけでなく、長続きしないことが多いのではないでしょうか。

内臓脂肪を減らすためには、まず適切な食事制限が最重要。そして運動は、10分程度の軽い有酸素運動程度でもOKです。「ラジオ体操」のような体操でもいいし、少し散歩をするのもおすすめです。

運動のタイミングは、専門家によって意見が分かれるところですが、私のおすすめは「食後30〜60分」です。これは血糖値の上昇を抑えるためです。

食後に運動をすれば、血中のブドウ糖をエネルギーとして使うので、血糖値を下げることになり、脂肪が蓄積されにくくなるからです。」

gooニュース「なぜ痩せない?「お腹太りの人」が陥る5大盲点 「食事抜き、腹筋、飲み会…」あなたは大丈夫?」2019.4.24

「けっこうストイックにダイエットをしているつもりなんだけど、なかなかお腹まわりが痩せてくれない……

そんな状況に陥ってしまったら、誰だってダイエットに挫折してしまうでしょう。

でもチョット待ってください。もしかして、聞きかじった知識だけでダイエットを行っていませんか?

ダイエットに絶望するまえに、まずはいちど、自分の実践しているダイエットと「正しいダイエット知識」とを比較して、誤りをチェックしてみてはどうでしょう?

間違いがわかるというのは素晴らしいことです。「間違いがある」ということは、「間違いを正せば成功する」ということを意味するのですから!

モヤモヤが晴れて、いっそうダイエットへのモチベーションが高まることでしょう。

The following two tabs change content below.

ishiyama

ダイエットに関するニュースを独自目線で厳選してお届けいたします。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。