ダイエットブックBIZ

平日毎日更新!

今日はどんなダイエットニュースがあるのかな?⇒今日のダイエットトピックスはこちら!

スポンサードリンク

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ

【期間限定】 秘訣は骨盤ダイエット! 30万人が体験!今なら500円!⇒公式サイトはコチラ

【2019年5月12日ダイエット.bizニュース】「すべての基本は「食事」と「運動」!痩せにくい人に特徴的な間違ったダイエット方法とは!?」他

スポンサーリンク

2019年5月12日のダイエットブック. bizニュースは「すべての基本は「食事」と「運動」!痩せにくい人に特徴的な間違ったダイエット方法とは!?」「「目に見える成果」がダイエットを長続きさせるコツ!?「エクササイズ」のススメ!!」「「ついでに感覚」が長続きのヒケツ!?エクササイズの大事なポイントとは!?」でお送りいたします!

すべての基本は「食事」と「運動」!痩せにくい人に特徴的な間違ったダイエット方法とは!?

「「食べていないのに太る」と思っている人は、「痩せるために食べていない」ことが原因かもしれない。

「ダイエット中に1日の食事を何度か抜く方がいますが、そういった〝プチ断食〟は一時的に体重を落とすだけで、その後はかえって太りやすくなります」

こう言うのは、横浜創英大学名誉教授で管理栄養士の則岡孝子氏。理由としては、まず筋力が落ちることによる基礎代謝低下。基礎代謝が高い人はじっとしていても痩せやすく、一方で低い人は少ししか食べていないのに太りやすい。

次に、身体が「空腹」の危険信号を出してしまうこと。生命を維持しようと脂肪を作り出すため、食べなくても身体に脂肪がつく。

「プチ断食より、毎日選んでいる食べ物から見直していく方が、よほどダイエットに役立ちます。ぜひ取っていただきたいのは、タンパク質。筋肉を作り、基礎代謝を挙げてくれます」(則岡氏) 大豆・大豆加工食品、魚、肉を軸に献立を考える。糖質制限は長続きせず、リバウンドの原因になるので、ご飯も、量は控えめであるものの、ちゃんと食べる。

基礎代謝を上げるのに、簡単なストレッチもお薦めだ。

「四つんばいで、息をゆっくりと吐きながらお腹を凹ませます。腹筋に力を入れて、息を吐ききってください。その後はゆっくりと息を吸う。毎日やることが大切です」」

Yahoo!JAPANニュース「“食べていないのに太る人”は食べていないことが原因だった」2019.5.5

ダイエットの王道は「食事」と「運動」
いつの時代になってもこの基本は変わりません。
しばしば勘違いされてしまうのですが、「食事改善」=「食事制限」は的を射ているようでもあり、捉え方によっては的外れでもあります。
「食事制限」というのは、あくまで、「これまでの自分の食事スタイルを見直すこと」を意味しています。
つまり食べ過ぎ、間食、偏食……このような「太りやすくなる」食べ方を改めることが要点なのです。だから、極端に食事制限をする方法は、一時的に体重に変化はみられるかもしれませんが、根本的な解決にはなっていないのです。けっきょく、痩せた後にリバウンドする羽目になってしまいます。
そしてまた、「食事制限」だけで痩せようと考えるのも落とし穴です。代謝機能を上げずに、糖質カットだけで体重を減らそうとしたところで、依然として肉体は「脂肪が燃えにくい」状態なので、もとの食事量に戻せば、ふたたび脂肪が蓄えられてしまうし、エネルギー燃焼効率もよくないので、やはりまた太ってしまいます。
大切なのは、適切な食事制限をしつつ、運動を継続的に行い、エネルギー燃焼効率(代謝効率)を底上げすることです。
だから、ダイエットの王道はつねに「食事」と「運動」にあると言われるのです。
ダイエットに挫折した人やリバウンドで以前よりも太ってしまった経験者の多くは、ダイエット時の「食事」と「運動」のバランスに偏りがあると言われています。
みなさんもいまいちど、基本の「き」に立ち戻って、自分のダイエットを見直してみてはいかがでしょうか?

続いてはコチラ!

「目に見える成果」がダイエットを長続きさせるコツ!?「エクササイズ」のススメ!!

「彼が抱き締めやすい細いくびれを作りたい!

鍛えられたお腹と細いウエストは共存可能!女性らしいラインを保ちながら、魅せたいくびれを作りましょう。柔らかい動きがキモですよ。

◇エクササイズその1
ノビノビと動くことで、ハードな動きも楽しい時間になります。踊っているような気分でトライしているうちに、くびれてくるはずです。優雅に大きく動きましょう。
1:腕立て伏せのポジションから、右側に体を向ける。
2:右腕を頭のほうに伸ばし、右ワキ全体を伸ばす。
3:両ヒザを開きながら腰を床に下ろし、右手を右脚の上に。再び伸び上がるように体を浮かせる。10回行い、反対側も。3セット。

◇エクササイズその2
上体をゆっくり下げてキープすることで体幹を使い、深層筋から引き締めます。同時にねじるので、くびれ力は抜群です!
1:ヒザを立てて座る。両腕を前側に伸ばす。
2:腰を丸めるようにして上体を徐々に倒す。背骨を柔らかく使うことを意識。
3:腰が床に着く程度のところで上体を保ち、上体を右側にねじりながら、右腕を広げる。
4:中央に戻したら、左側に上体をねじり、左腕を広げる。
左右交互に繰り返し、10回×3セット。

◇エクササイズその3
動きそのものはシンプルですが、体幹にかかっている負荷は高いエクササイズ。ノドまわりに力が入らないように、お腹の力を使って。
1:仰向けになりヒザを曲げておく。両手は太ももの上に置く。
2:息を吐きながら、上体を丸めて手をヒザのほうへ滑らせる。
3:右脚を伸ばしたら元に戻し、上体も床に戻す。反対側も。10回×3セット。」

gooニュース「引き締まったお腹と細いウエストを同時に作るエクササイズ」2019.5.5

ダイエットを三日坊主で終わらせずに長続きするコツは、「目に見える成果」を実感できるようにすることです。

では具体的にどんな方法があるかというと、たとえばその一例が、今回ご紹介させていただいた「くびれエクササイズ」です。

スキマ時間をみつけてコツコツと積み重ねていけば、エクササイズは必ず成果が出てきます

体重の変化はもちろん「数字」で確認できるので、これもまた「目に見える成果」であることは間違いありません。しかし「体重が減っていく推移」と「見た目の変化」は、つねに一致しているわけではないのです。「体重は着々と減っているけど、お腹まわりにあまり変化がないように思える……」こんなことがよくありますよね。仕方のないことですが、見た目にあまり変化がみられないというのは、少なからずモチベーションに影響を与えます。

やっぱり本心としては、「頑張った分だけ成果がわかる」のが嬉しいですよね。

だからこそオススメしたいのは、エクササイズなのです。さきほども言ったように、エクササイズは継続すれば必ず目に見えて成果が出てきます。まさに、「やればやるだけ効果がある」と実感できるのです。

この小さな「嬉しさ」を積み重ねていくと、ダイエットへのやる気も自然と湧いてきます。「よし、この調子で食事制限も頑張るぞ!」と奮起できるわけです。

ダイエットの基本が「食事」と「運動」にあるゆえんは、こうした「モチベーション」とも深く関係していると言えるでしょう。

最後はコチラ!

「ついでに感覚」が長続きのヒケツ!?エクササイズの大事なポイントとは!?

「下腹部を引き締めるトレーニング

1.うつ伏せに寝て片脚を横に出す。両手で床を押して、背筋は伸ばし、腰が浮かないようにしながら上体を起こす。

2.伸びている方の脚に体重をかけながら、起こせるところまで上体を起こす。

3.そのまま深く呼吸をしながら10秒キープし左右各5回行う。

 おへそのあたりからそけい部にかけて、インナーマッスルの1つで「腸腰筋」という筋肉があり、トレーニングをすることで、リンパの流れがよくなり、下腹部が引き締まります。

お風呂上りなどの、カラダが温まっているときなどにやるのも効果的。ぜひやってみてくださいね。」

livedoor NEWS「リンパが集まる「そけい部」のトレーニングで引き締まった下半身を手に入れる!」2019.5.5

最後も、エクササイズに関係する記事をご紹介します。

ベッドに寝転んでいるときなどに、動画でもみながら実践してみるといいでしょう。

2つ目の記事と合わせて読んでいただければ幸いです。

こうしたエクササイズは、「やらなきゃダメなんだ」という義務感や強制観を伴うネガティブな気持ちを持たずに、「ヒマだからやるか」という「ついでに感覚」でやるのがポイントです。

毎日やらなくなっていいんですよ。もちろん毎日やるにこしたことはないのですが、2日に一回でも3日に一回でもまったく構いません。とにかく、定期的にエクササイズをする習慣づけが大切なのです。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。