ダイエットブックBIZ

【2019年5月24日ダイエット.bizニュース】「極端な食事制限の罠!?リバウンドしやすい理由は脂肪蓄積のメカニズムにあり!!」他

スポンサーリンク

2019年5月24日のダイエットブック. bizニュースは「極端な食事制限の罠!?リバウンドしやすい理由は脂肪蓄積のメカニズムにあり!!」「食べる順番が決め手!?意外に知られていない食事制限のコツとは!?」「迷ったらこれを食え!!王道ダイエット食材「こんにゃく」の料理4選!!」でお送りいたします!

食事を我慢している女性のイラスト

極端な食事制限の罠!?リバウンドしやすい理由は脂肪蓄積のメカニズムにあり!!

◆「死にたくない」一心で脂肪を溜め込む、私たちの細胞

昨今の我々は、ありがたいことに、エネルギーを体内に溜め込まなくても、食料を好きなときに手に入れることができます。しかし、我々の身体は「脂肪を溜めること」は重要なことだと考えています。細胞は「死にたくない」一心で脂肪を溜め込んでいるのです。

ヒトの体の構造が簡単には変わらない以上、目の前にあるものを何も考えずに食べ続ければ、当然私たちの体は太ります。この事実を踏まえた上で、過剰に太りすぎないように、食べる量やタイミングを考えて、食生活を上手に工夫していくことが大切なのです。

Yahoo!JAPAN ニュース「肥満と言われても…脂肪ってどこにたまってるの?」2019.5.22

「糖質の全カット(3食すべて抜く)ダイエット」は、プロの専門家のアドバイスなしではお勧めできません。

素人考えでは、つい「糖質制限すれば痩せる=糖質を全部抜けば短期間で痩せる」という単純な定式で考えがちですが、それは健康を害するだけでなく、たとえ痩せたとしても、あっというまにリバウンドしてしまうでしょう。

そもそも「糖質」は、わたしたちの身体を維持するためには不可欠な栄養素です。これを極端に抜いてしまうと、つねに身体は「エネルギーが足りない状態」に陥ってしまうのです。

すると身体は、少しでも多くの脂肪を蓄えようとするので、ダイエット成功後にふだんの食事に戻したとたん、「ありったけの糖質を脂肪に変えて蓄えろ!」と脳が命令してしまうのです。

だから、誤った糖質制限をすると「太りやすくなる」と言われているのです。みなさんも食事制限をするさいには、くれぐれも気をつけましょうね。

続いてはコチラ!

食べる順番が決め手!?意外に知られていない食事制限のコツとは!?

食べ方を変えればやせる

小林先生によると、やせるために炭水化物、甘いものをやめる必要はないのだそうです。その代わりに気をつけたいのは、食べ方です。

みそ汁→野菜→魚、肉→ごはん

この順番で、3食きちんと食べることが、なにより大事なのだとか。この順番に慣れると、ごはんにたどりつく頃にはけっこうおなかがいっぱいになっていた、と著者の田中さんは書いています。

そして、空腹時に甘いものを食べないこと。食べるとしたら、食後のデザートとして食べてください。

血糖値はゆるやかに上がってゆるやかに下がるのが理想です。いきなりごはんを食べることは厳禁ですので、まずこの順番を守ることを徹底しましょう。

腸の名医がすすめるみそ汁ダイエット!

食事のいちばん初めに飲むみそ汁は、食べるみそ汁といっていいほど具だくさんな方がいいでしょう。さらに、腸内環境を育て、基礎代謝を上げるために、使うみそにもひと工夫が必要です。

  • 発酵食品の赤みそと白みそをダブル使い
  • 血流を促し、代謝を高めてくれるオリゴ糖の含まれるすりおろし玉ねぎ
  • 余分な塩分を輩出してくれるカリウムが豊富なリンゴ酢

玉ねぎはすりおろすことで、成分が活性化しますし、リンゴ酢はむくみ防止に効果があります。

以上の4つを混ぜて、みそ玉を作ります。毎日のことですから、製氷皿などを使い、まとめて作って凍らせておけば、やせるみそ汁作りのハードルが一気に下がりますよ。

gooニュース「これだけは避けたい!太る食べ方&簡単「みそ汁」ダイエット」2019.5.22

ダイエットをするときは、「いかに食事量を減らすか」につい注意がいってしまいます。

だから、たいていの人は、極端に食事の”絶対量”を減らそうとします。ところが、そうした食事制限(食事コントロール)を続けていくと、栄養が不足しがちになり、身体の調子を崩してしまいます。

たしかに「糖質」は太る原因ですが、これを完全に”ゼロ”にするのは、けっして好ましい考え方ではありません。糖質は身体を維持するために不可欠なエネルギー(燃料)なのです。

健康的な食事制限(食事コントロール)を実現するには、今回ご紹介した記事でも言われているように、料理の「食べる順番」を意識することが肝要です。

参考にしてみてください!

最後はコチラ!

迷ったらこれを食え!!王道ダイエット食材「こんにゃく」の料理4選!!

こんにゃく

こんにゃくなのに、凍らせるとお肉の食感!?

低カロリーでお財布にも優しい食材、こんにゃく。
ぷりっとした食感が特徴でおでんの具にしたり、甘辛く炒め煮にしたりと煮物などで使われる事が多いですが、実は冷凍すると全然違った食感になる事をご存知ですか?
もともと水分の多いこんにゃくは、一度冷凍した後に解凍すると、水分が抜けて歯ごたえUP!まるでお肉の様な食感に変身するのです。
味にクセのないこんにゃくなので、調理法や味付けで様々なバリエーションの料理が楽しめますよ♪

(気になるレシピは下記URLをクリック!)

gooニュース「ダイエッターの味方!お肉のような食感で食べごたえ◎「冷凍こんにゃく」活用レシピ4選」2019.5.22

「こんにゃく」はみなさんもご存じの通り、「食物繊維」の王様として知られています。

そんなこんにゃくは、今日では「ダイエット食」として優れた食材であることが認められ、高い支持を集めています。

ダイエットに関心の向きがある方なら、当然のように「こんにゃくダイエット」のことを知っていることでしょう。

その人気の理由は、「歯ごたえ抜群・確かな満腹感・豊富な食物繊維・高いアレンジ性」という4条件にあります。

もしもダイエット食材を探しているなら、ぜひこんにゃくを活用してみてください!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。