ダイエットブックBIZ

【2019年6月18日ダイエット.bizニュース】「モチベーションを維持するコツは「間食」にあり!?減量中でも食べてOKの「ダイエット食材」!!」他

スポンサーリンク

2019年6月18日のダイエットブック. bizニュースは「モチベーションを維持するコツは「間食」にあり!?減量中でも食べてOKの「ダイエット食材」!!」「おやつ選びの条件は「腸内環境」!?減量中の理想的な食材とは!!」「食べ方ひとつで体重が変わる!?食生活を改善して「痩せやすい身体」にする方法とは!!」でお送りいたします!

ドーナツとバツ

モチベーションを維持するコツは「間食」にあり!?減量中でも食べてOKの「ダイエット食材」!!

■「おやつ=甘いもの」という感覚を忘れてみて

おやつといえば、甘いものを食べるという感覚をお持ちの方は多いと思います。ですが、簡単に手に入る甘いものには、ストレスを増やす可能性がある「白砂糖」がたっぷり含まれています。

白砂糖を消化するには、精神を安定させる「カルシウム」を大量消費するので、結果として必要以上にイライラを招くことになります。

■「おつまみ」「総菜」コーナーに

イライラは、各種の栄養不足からきていることも考えられます。忙しい時には、食事もおろそかになりがちです。おやつタイムでおぎなうことを考えましょう。

おやつは、コンビニでも手軽に買えます。注目すべきは「おつまみ」や「総菜」のコーナーです。不足しがちな栄養素がとれる便利な食材がたくさんそろっています。

gooニュース「おやつでイライラ解消!心身に栄養補給できるコンビニ食材」2019.6.16

ダイエットに「間食」や「おやつ」は厳禁。さすがに常識ですよね。

ところが、減量はなにかとストレスが溜まりやすく、これをうまく発散させなければモチベーションの低下を招き、最悪、ダイエットそのものを挫折してしまう可能性があります。

そんなときは、やはり適度にストレスを発散させる工夫が必要です。これまで我慢していた「間食」や「おやつ」も、節度をわきまえて行うとよいでしょう。

ただし、「お菓子」や「菓子パン」なども高カロリー食品はご法度ですよ。「間食」をしたいなら、低カロリーでヘルシーな「ダイエット食材」に置き換えて行ってくださいね!

続いてはコチラ!

おやつ選びの条件は「腸内環境」!?減量中の理想的な食材とは!!

ダイエット中に食べてもよい「おやつ」の5か条とは?

その1:食物繊維が多いおやつを食べる!

食物繊維は、便秘予防に繋がると言われています。オートミールやこんにゃく、おからなどに多く含まれていますよ。

その2:発酵食品を多く取り入れる! 

発酵食品は、ヨーグルトや味噌、お酒などがあり、腸内環境を整える働きがあると言われています。食物繊維と一緒に食べると、なお良いでしょう。
その3:低カロリーのおやつを選ぶ!

当たり前のことですが、1日に食べる総カロリーが多いと肥満に繋がるので、低カロリーのおやつを選ぶことをおすすめします。

その4:できるだけ、手作りおやつで! 

手作りおやつは、自分で糖分や脂質を調整できるのが良いですね。

1日の食事を考えた時に、糖分が多い日には砂糖が少ないおやつを、脂質が多い日にはバターや脂が少ないおやつを、作るのがおすすめです。

その5:食べきれる量だけ作りましょう! 

「せっかく作ったし、捨てるのがもったいない…。」と、作った分全てを食べてしまうことで、総カロリー摂取量が増えてしまいます。

食べきれる量だけ作れるレシピを選びましょう。

gooニュース「ダイエット中に食べてもよい「おやつの条件」5か条!」2019.6.16

さきほどの関連で、オススメの「おやつ」についての記事をご紹介しましょう。

減量中の「おやつ」は、低カロリーであるだけでなく、ダイエットに役立つ効果をもつ食材を選ぶのがポイントになります。

食物繊維を含む食べ物や発酵食品は、ダイエットのカギを握る「腸内環境」に好影響を与えるので、たいへんオススメです。

食物繊維を含むおやつとして最適なのは、やはり「フルーツ」でしょうか。美味しくてお腹も膨れるので、理想的ですよね。フルーツに合わせてヨーグルトを食べると、なお良いでしょう。

最後はコチラ!

食べ方ひとつで体重が変わる!?食生活を改善して「痩せやすい身体」にする方法とは!!

低カロリー食ダイエットの中でも人気が高い5:2ダイエットとは、1週間のうち5日は普通の食事を摂り、2日は500kcal以下の非常に低カロリーな食事制限を課すというもの。研究によると、5:2ダイエットには血糖値やコレステロール値を改善し、実際にダイエット効果がある可能性が示唆されています。

また、2日にわたって非常に低いカロリー摂取を行うことで、2型糖尿病のリスクマーカーでもあるインスリンの感受性が改善されるという研究結果もあります。さらに5:2ダイエットの利点として、低カロリー摂取日もある程度の食事を摂って大丈夫という点が挙げられます。これにより、カロリーを抑制するダイエット中に不足しがちなタンパク質をはじめとする栄養素を補うことができ、長期的に見て筋肉の減少などのダイエットに伴うデメリットを抑えられるとのこと。

livedoor NEWS「「いつ食べるのか」を調整して健康的に減量を目指す3つのダイエット法」2019.6.16

ダイエットは、食べ方ひとつで体重に大きく変化があらわれてきます。

ふだんあまり意識されない「食べ方」を改善していくと、消化吸収能力や脂肪燃焼効率の向上につながるのです。

上記に引用した記事のような方法を実践する他に、「食べる順番」や「食べる時間帯」を意識したり、「野菜から食べる」ように心がけるのも、効果的な方法として知られています。

みなさんもぜひ実践してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

ishiyama

ダイエットに関するニュースを独自目線で厳選してお届けいたします。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ

【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。