ダイエットブックBIZ

「食生活」「夏太り」「痩せ体質」【2019年7月4日ダイエット.bizニュース】

スポンサーリンク

本日のダイエットブック. bizニュースは「ダイエットの根本治療は「食生活」!?減量前に改善すべき12か条!!」「夏は太る季節!?現代人が直面する「夏太り」の原因とは!?」「目指せ「痩せ体質」!?肥満予防には健康的な生活習慣!!」でお送りいたします!

女性 運動 ミドル

ダイエットの根本治療は「食生活」!?減量前に改善すべき12か条!!

ダイエットに本気で取り組もうにも、なぜか続かずリバウンド……という経験をした方も多いかもしれません。でも、ダイエットは生活習慣の改善とセットで行うことで長続きし、体重の変動も防げます。そこで、読むだけで行動が変わる、ダイエットのコツをご紹介します!

◆1. 早めに寝る

遅くまで起きて朝も遅くまで、という生活習慣は実は太るもと。深夜に起きている人ほど肥満傾向が高いともいわれています。夕食時間が遅くなっても消化の良いものを食べて12時前には眠るように心がけ、いつまでも起きていることがないようにしましょう。

◆2. 節酒する

お酒を飲む機会を増やすとデメリットが2つ。酔って普段より食べ過ぎて後悔するということと、生活リズムが乱れてしまうということ。居酒屋などでは1回の利用で1000kcal以上の飲食をすることになります。週に何度も飲みに行く、という方はなかなか痩せられない傾向に。ストレス解消のために飲む、そしてまた疲れを溜める、という悪循環をどこかで断つようにしていきましょう。

◆3. 運動靴を履いて出かける

足元が心地良いと動きも軽やかに。階段の上り下りやちょっとした早歩きも軽快になり、自然に運動量を増やしてくれます。職場に置き靴をするなどして、往復の通勤時などにも軽い運動をできる環境を整えてみましょう。

◆4. 食べたらすぐ歯磨き

食事時間が終わったらもう食べない、というのが理想。家族がすすめてくるのでその後もダラダラと……というのを断るには、気持ちの切り替えが必要です。歯磨きをする、お風呂に入る、など食事時間との切り替え方法を考えましょう。

◆5. 菓子パン・惣菜パンを絶つ

パンという名前がついていても実質はお菓子と同等、というのが菓子パンや惣菜パン。マヨネーズや肉類加工品を使ったり、クリームがたっぷりだったり揚げてあったりで、糖分や油脂が多く、1個あたりのエネルギーがとても高いのも特徴です。パンといってもシンプルなバケットや食パンなどと一緒にしてはいけません。食事代わりにすることが習慣化している人は、一度これらをやめてみるだけでも体重が減るかも!?

◆6. ダブル炭水化物料理を避ける

うどんと天丼、パスタとパン、ぎょうざとラーメン……といったような、主食系の料理を同時に食べる習慣を改めてみましょう。炭水化物を敵視する前に、そもそもの量を食べ過ぎているということを認識することが大切。1食あたりはご飯ならお茶碗1~2杯までが適量。1食にまとめて食べるとカロリーも摂り過ぎになり、一気に血糖値があがり、体脂肪増加の原因になってしまいます。

◆7. 毎食、野菜料理を先に食べる

野菜から食べると体脂肪をつきにくくしてくれる効果があることがわかっています。酢や油を使ってもその効果は変わらないので、サラダや和え物などにして、野菜料理を毎食1~2品は用意し、先に数口食べてから献立全体を食べるようにしてみましょう。早食いを防いでくれる効果もありますよ。

◆8. 麺類を食べる頻度を減らす

麺類は量を食べ過ぎるということと、早食いの元になりやすいということ、また野菜不足を助長する傾向があるので、頻繁に食べるのはやめたいところ。特に家庭で調理するときは、1人前の麺を計量してから茹でましょう。

炭水化物の大食い・早食いは、前述の通りで血糖値急上昇の原因となるので、体脂肪のもとです。具だくさんの五目麺にしたり、野菜ちゃんぽんを選んだり、野菜と一緒に食べられるメニューにし、1人前量を守って食べるようにしましょう。

◆9. 空腹時に買い物しない

買い物の際にはあらかじめメモなどで計画的に買うものを決めておくのがコツです。思いつくままに食品を手にとって購入すると、無駄も増え、賞味期限があるから無理に食べるなどして、食べ過ぎの機会も増えます。家計のスリム化のためにも、食品は必要なものだけ買うようにし、お腹が空いているときには買い物をしないことが大事。ついつい買い過ぎてしまいます。

◆10. お菓子類の買い置きをしない

何となくお菓子の買い置きをし、何となくそれを開けて食べる、という習慣がある人も多いかもしれません。お菓子は食べるたびに購入するようにして、買い置きの習慣をやめましょう。安価な大袋などを買い求めても、将来の健康を害する原因になってしまったら何にもなりません。必要のないお菓子は買わないのが一番です。

◆11. 食卓の大皿盛りをやめる

家庭での食卓で、家族の分を大皿盛りにするのは、自分の食べた量がわからなくなり、結局食べ過ぎるという視点から避けた方が良い習慣です。毎食が食べ放題!というのではなかなか痩せられないので、料理は個別に適量を考えて皿に盛りましょう。残り物を食べる習慣も避けたいところ。調理の際に必要な量を考えて作り過ぎない心がけも大切です。

◆12. 袋や容器から直接食べない

袋入りの菓子類は必ず器にとってから食べましょう。袋からそのまま食べると、ながら食べになって気持ちの満足度も低くなります。同様に、買ってきた惣菜やケーキなども容器ごと食べるのは改めた方が良い習慣です。食べるときはゆっくり丁寧に味わう習慣をつけて、量を食べ過ぎることがないようにしましょう。

Yahoo!NEWS「読むだけで行動が変わる!? ダイエットのコツ12カ条」2019.7.2

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエットを始めるまえに、まずはやらなければならないことがあります。

それは「生活習慣(食習慣)の見直し」です。太るのは、生活習慣に問題があるからです。だからまずは、お腹のお肉を減らす前に、太る原因になってしまった根本にアプローチする必要があります。

健康的な生活習慣を身につけておかないと、けっきょく痩せたあとにまた太ってしまいます。だからこそ、ダイエットは生活習慣の改善が先決なのです。

続いてはコチラ!

夏は太る季節!?現代人が直面する「夏太り」の原因とは!?

汗

「夏は痩せやすい季節」というのは勘違い?

資生堂のWebサイト「脳腸相関LABO.」が、2018年12月に30~49歳の働く女性568名に対して行ったアンケート調査の結果によると、約半数が「夏」は最も痩せやすい季節だと思っていたのだとか。

また、「夏は代謝がアップする季節なのでぜひダイエットしたいと思う」という質問に対しても、合計56%が「かなりそう思う」「そう思う」と答えています。

確かに夏は代謝が上がりそうなイメージがあるため、ダイエットの結果が出やすいように思えてきますよね。 でも実際には、そうとも限らないのだそう!

夏ダイエットの落とし穴

ダイエットエキスパートの和田さんは、夏ダイエットには3つの落とし穴があると話します。

1.冷たい飲み物をたくさん飲んでしまう
2.湯船につからずシャワーで済ませがちになる
3.冷やしすぎ、暑さを我慢しすぎなど体温調節が難しい

「これらに共通するのは『ストレスを感じやすい』『腸を冷やしてしまう』ということ。脳や腸にとってマイナスになってしまいがちな行為なのです」(和田さん)

ストレスをかけないことが重要

「これまでの経験から、ダイエットはストレスがかかる食生活や運動では良い結果は得られないことがわかりました。
好きなこと・続けられそうなことを選んで、ストレスをかけずに心と体を心地よい状態に整えることが、ダイエットで最も重要なことなのです」(和田さん)

腸の健康はメンタルの安定につながる

さらに和田さんは、ある部分にも注目しています。

「『腸』が健康なら、メンタル面も安定して、ダイエットも続けやすくなります。これは近年話題の『腸と脳は血管や神経を介して繋がっていて、互いに影響し合う』という脳腸相関の考え方に基づいています」

「脳腸相関LABO.」によると、腸内細菌のはたらきによって、食事から摂取した必須アミノ酸から「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンのもとがつくられ、それが脳に届くとセロトニンとなり、リラックスや幸福感などの感情を発生させるといいます。
このことから、腸内環境が悪いとセロトニンが足りずにイライラや不安感の原因になるといわれています。つまり、腸の健康はメンタルに影響を及ぼすということです。

ネタりか「“夏は痩せやすい”は間違い?夏ダイエットにひそむ3つの落とし穴」2019.7.2

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ガンガンに効いた冷房で仕事をしたり、頻繁に冷たい飲み物や食べ物をとったりすると、当然ですが、身体が芯の底から冷えてしまいますよね。じつは「身体が冷える」ことで、結果的に「太りやすい身体」の原因になってしまうのです。

「熱中症になるよりはマシ」と反論が返ってきそうです。もちろん、熱中症にならないように冷房は使うべきです。

しかしだからといって、四六時中クーラーにあたり続け、すっかりその環境に慣れてしまうのは問題です。

なぜなら、身体を冷やすことで基礎代謝が落ち、脂肪燃焼しにくいカラダになってしまうからです。代謝が落ちると、胃腸のはたらきも悪くなり、便秘の原因にもなってしまいます

夏だからといって油断せず、身体の冷やしすぎにはくれぐれも注意しましょうね!

最後はコチラ!

目指せ「痩せ体質」!?肥満予防には健康的な生活習慣!!

年を重ねるたびに気になる「体形の崩れ」。お風呂上りや着替えるとき、鏡に映った自分の体を見てため息が止まらなくなった……という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、きれいな体形を手に入れた人たちが日頃やっていたことを、ダイエットのプロ・和田清香さんの解説付きでご紹介。どれも家でできる簡単なことなので試しやすいですよ。

1位 起きたらすぐ白湯を飲む

「起床後すぐキッチンに行って、まず白湯を1杯。内臓から体全体が温まる感じがして、体がじわじわ目覚めていきます。ひどい便秘が改善し、ぽっこりおなかがみるみるへこみました」(インスタグラマー・eriさん)

★プロの解説
胃や腸が温まると働きが活性化し、全身の代謝が上がります。白湯を飲み終わったあと、肩甲骨まわりのストレッチなどを行うと、さらに体温と代謝が上昇しますよ。

2位 夜だけゆる糖質オフ

「夕食はご飯、パン、麺、いも類などは基本抜き、どうしても食べたいときは数口程度。満腹感UPのために野菜と汁ものをたっぷりで、2カ月で約3㎏減。下腹がへこみました」(『サンキュ!読者』M・Sさん)

★プロの解説
夜は副交感神経が優位になり、代謝や脂肪を燃やす働きが悪くなるため、夕食で糖質オフするのはもっとも有効。寝る3時間前までに食事をすませると、さらにやせが加速。

3位 骨盤を正しい位置にキープする

「立っているときも、いすや床に座るときも常に骨盤を立てることを意識。ポッコリしていたお腹がへこんで、ズボンのサイズが1つ下がりました。腰痛が改善したのもうれしい」(サンキュ!ブロガー・acoさん)

★プロの解説
骨盤は下半身と上半身を結ぶ要所。骨盤を正しい位置にキープすることで全身の骨格が整い、歪みによるむくみ、冷え、余計な脂肪がつくといったデメリットが減ります。

4位 ながら筋トレをする

「エレベーターは使わず階段で移動する、テレビを見ているときは足上げ腹筋する、床掃除はぞうきんで……など、日常のちょっとしたことを筋トレに。スルッと2㎏やせました」(サンキュ!ブロガー・laureaさん)

★プロの解説
ダイエットは生活習慣にすることが成功の鍵。とくに「ながら筋トレ」は、わざわざ時間をとらなくても習慣にしやすく、忙しい主婦におすすめのダイエット方法です。

5位 飲み物は氷を入れずに常温に

「冷やした麦茶に氷を入れて飲むのが大好きでしたが、入浴しても汗をかかず、ちょっと食べすぎるとすぐ太るようになったので、飲み物を常温に。2週間で下腹がスッキリ!」(『サンキュ!』読者・たーこさん)

★プロの解説
胃や腸などの内臓が冷えると機能が低下し、消化・吸収・排泄といった働きもにぶるので、全身の代謝も低下し太りやすくなります。常に内臓を温める意識が大切です。

6位 肩甲骨をほぐす

「1日1回、両腕を大きく動かして肩甲骨をほぐすようにしたら、5日目くらいで顔や体のむくみが消えました。10日目あたりには下腹が平らに!冷え症、肩こりも消えました」(サンキュ!読モブロガー・井ノ浦香織さん)

★プロの解説
肩甲骨まわりには体温&代謝アップを担う「褐色脂肪細胞」が集中。ここを積極的に動かすことでやせやすくなります。歩くとき、腕を後ろに大きく引くだけでも効果大。

7位 おなかを自撮りして現実を直視する

「ズボンの上に乗っているおなかのぜい肉やパツパツの太ももから目をそらさないため、自撮
りしてインスタにさらしました(笑)。変化を記録することでモチベーションが上がりました」(インスタグラマー・まこさん)

★プロの解説
見た目を直視することがダイエット成功の一歩。風呂上がりに鏡で裸を観察し、マッサージするとより現実を把握できます。SNSにさらすことも適度なプレッシャーになり、やる気に火がつきます。

8位 骨盤底筋を鍛える

「気づいたときに1回数秒、膣を締めるように意識して骨盤底筋を引き上げます。骨盤まわりの筋肉をほぐしておくと、効果がUP。太る前にはいていたデニムが入るように」(『サンキュ!』読者・山ちゃんさん)

★プロの解説
骨盤底筋は意識していないと鍛えにくい部分。骨盤低筋エクササイズを習慣にすれば、内臓が引き上がるのでぽっこりお腹が解消し、同時に体幹を鍛えられますよ。

2㎏落とすだけでも体形が変わり、すっきりした印象になりますよ。自分にあった方法を試して、無理なくキレイな体形を手に入れましょう。

gooニュース「2Kg痩せた人がやったことランキング!ベスト8」2019.7.2

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエットは一日して成らず。健康的な生活習慣を送る人に「肥満」は無縁だということがわかります。

「減量」は、いうなれば「対処療法」です。太ってしまったという事実に対してアプローチします。

一方で「健康的な生活習慣」は「予防治療」であり、そもそも太らないように身体を維持するのが目的です。

みなさんも、今後は「健康的な生活習慣」を意識してみてはいかがでしょうか?それを改めるだけで、体重に変化がみられるようになりますよ!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。