ダイエットブックBIZ

「睡眠ダイエット」「タンパク質」「夏太り原因」【2019年7月18日ダイエット.bizニュース】

スポンサーリンク

本日のダイエットブック. bizニュースは「寝ながらダイエット!?「睡眠」が脂肪燃焼に与える影響とは!?」「食事制限の罠!?減量で不足しがちな栄養素「タンパク質」!!」「夏は太りやすい!?現代人が「夏太り」になりやすい驚きの理由とは!!」でお送りいたします!

眠っている女性

寝ながらダイエット!?「睡眠」が脂肪燃焼に与える影響とは!?

――脳へのエネルギー補給のほかに朝ごはんのメリットはありますか?

「人間には『体内時計』と呼ばれるものがあります。睡眠や体温、血圧やホルモン分泌などの変化をつかさどっている機能です。光と関係があり、太陽が昇る日中は活動的に、沈んだら休息を……と働きかけます。これを『体内リズム』といい、快適なリズムをつけるために、毎朝食べる癖をつけることは大切です。代謝を上げたり、腸の活動を目覚めさせるには、朝ごはんを食べる習慣を心がけること。朝ごはんを抜いている人で、もし夜によく眠れないという人がいたら、ぜひ朝食を見直して欲しいですね。眠りの質はダイエットに大きくつながってきます」

――朝ごはんが、夜眠ることにつながっていて、睡眠がダイエットに関係しているということでしょうか?

「そもそも、睡眠不足はダイエットの大敵です。近年の研究では、睡眠不足を感じている人の身体は食欲を増進するホルモンが増え、満腹感を脳に伝達して食欲を抑制するホルモンが減少すると言われています。睡眠中に、疲労回復、記憶の整理、成長ホルモンの分泌、ストレス解消がされます。また、睡眠時間をちゃんと取っているのに、寝つきが悪かったり、よく眠れないという人は、就寝前の行動に原因があることが多いですが、実はその日の朝ごはんも振り返ってみると良いですよ」

朝ごはんは夜の眠りまで関係する!? ヘルシー志向の朝食はたんぱく質不足に注意

――朝ごはんが、その日の夜の眠りの質に関係してくるのですね。

「質のよい睡眠は、睡眠促進ホルモンであるメラトニンが体内に分泌されることがカギになると言われています。このメラトニンの分泌を促進させるのは、『幸せホルモン』と呼ばれる三大神経伝達物質のセロトニンが必要です。ただし、このセロトニンは体内で貯蔵できないため、食物から摂取しなければならないんです。セロトニンを体内で生成するのに必要な栄養素は、必須アミノ酸のトリプトファン、ビタミンB6、そして炭水化物。そしてセロトニンを体内で生成するのにかかる時間は、14~16時間と言われているんです。つまり朝に食べることで、夜の快眠につながっていく、と言えます。快眠できれば、代謝も上がってやせやすい体質につながっていきます」

Yahoo!JAPANニュース「「朝食の役目」を考える 夜の眠りにまで関係? 管理栄養士に聞く」2019.7.16

ここに注目!ダイエットブックEye’s

なぜダイエットで「睡眠」が重要なのでしょう?それは、「質のいい睡眠」が「太りにくいカラダ」づくりに欠かせないからです。

わたしたちの身体は、肉体のメンテナンスや維持をするため、寝ているあいだに多くのエネルギーを必要とします。そのさい、足りないエネルギー(燃料)は、蓄えている「脂肪」から調達されます。つまりこれは、睡眠中の「脂肪燃焼」を意味するわけです。

「質のいい睡眠」とはようするに、「身体がメンテナンスをする時間の猶予を十分に確保できる時間」のことなのです。だから、「質のいい睡眠」を確保する習慣を続けている人は、睡眠中でもエネルギー消費が活発なので、“寝ながらダイエット”状態を毎日継続できていることから、結果的に「太りにくいカラダ」をキープできていることになるのです。

ところが、睡眠の質が悪いと、このような睡眠中の脂肪燃焼メカニズムがうまく機能しません。そうすると、身体には脂肪が蓄えられていく一方なので、脂肪の「蓄積」と「消費」が釣り合わなくなり、結果としてブクブク太ってしまうのです。こうした理由から、睡眠の質がダイエットを左右するという結論に至ります。

みなさんも、質のいい睡眠を心がけていきましょうね!

続いてはコチラ!

食事制限の罠!?減量で不足しがちな栄養素「タンパク質」!!

キレイと健康を作るたんぱく質

筋肉を作るだけでなく、骨や血液、髪の毛や爪…たんぱく質はさまざまなところに影響を及ぼす栄養素であることが広まり、今ではヘルシー、ビューティーフードとしてプロテインが取り入れられていますよね。ワークアウト時にプロテインドリンクを、日々の食事の中でもチキンや豆腐などたんぱく質を食べる機会が増えていると思います。今回は身近にあるたんぱく質食材を組み合わせた、ザ・プロテインメニューをご紹介します。

(中略)

ダイエットメニューとしても活躍!

今回のレシピはたんぱく質が摂取できるサラダチキン、卵、プロテインパウダーを組み合わせているのが特徴です。集中的に身体作りを行う時のメニューとしても活躍します。マヨネーズはカロリーを気にして嫌煙しがちですが、ヘルシー食材を合わせることでギルトフリーに!

プロテインパウダーはふりかけ感覚でサラダや卵料理に取り入れるのもおすすめです。今回は植物性プロテインを使用していますが、動物性プロテインならプレーンタイプで取り入れてみてください。

gooニュース「おいしい&ダイエット効果も!痩せたい人こそ○○をしっかり摂る!」2019.7.16

ここに注目!ダイエットブックEye’s

食事制限がしばしば抱える問題は、「栄養の偏り」です。

食事制限は、低カロリーという側面にだけ目がいきがちになり、バランスの崩れた食事になってしまうリスクがつねにつきまといます。けっきょく、最終的には体調を崩してしまい、ダイエットそのものの継続が困難になってしまうのです。

だからダイエットのときは、低カロリーでありながら高タンパクの食品を積極的に摂取することが求められます。

わたしたちの身体を維持するうえで欠かせないタンパク質。しっかりと補給していきましょう!

最後はコチラ!

夏は太りやすい!?現代人が「夏太り」になりやすい驚きの理由とは!!

寒い 冷え

夏は痩せやすいイメージがありますが、実は冬よりも痩せにくく太りやすいとか…。運動不足になりやすかったり、体を冷やしてしまったり、栄養バランスが偏った食事が太る原因になったりするため、太らないポイントを押さえて、夏太りを防ぎましょう!

暑いから夏は痩せるんじゃないの⁈ 夏太り3つの原因

暑さで食欲が落ち、汗をかいているはずなのに、何故か太ってしまいやすい季節が夏です。一体なぜ「太りやすく」なってしまうのでしょうか?「夏太り」の3つの原因をご紹介します。

【基礎代謝低下による脂肪の蓄積】
冬のように寒い時は体温を維持するために代謝はあがり、夏のように暑い時はその必要がないため基礎代謝はさがると言われています。汗をかく夏場は代謝が盛んになっているように思いがちですが、実は逆なのです。
また、夏の暑さで歩くのをやめてタクシーやバス移動にしたり、運動や外出を避けたりすることが増え、エネルギー消費が少なくなる傾向にあるため、食事で摂取したエネルギーが消費されず脂肪が蓄積され、痩せにくくなる悪循環へと繋がるでしょう。

【夏の暑さで食欲不足。栄養不足から代謝低下】
夏は暑さで食欲が落ちやすいため、それほどカロリーを摂っていないイメージがありませんか?実は、炭水化物や脂質、糖分を多く摂ってしまいやすい季節なのです。
食欲が落ちている時は「食べやすいものを食べよう」と、そうめんやうどんといった麺類が多くなりがち。一見太らなそうですが、摂取できるのはほぼ炭水化物とカロリーだけで、体に必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルなどが不足になるため、栄養バランスは崩れていきます。栄養バランスが乱れると体内の働きが正常に機能しづらくなり代謝はさらに低下するでしょう。
また、この時期は暑さから、かき氷やアイスなどにもつい手が伸びがちに。冷たい食べ物は、甘さやくどさを感じにくいため、糖分・脂質過多に陥りやすいです。

【冷房で体が冷えて血行不良やむくみが起きる】
冷房のきいている場所にいることが多く、お風呂はシャワーだけ、という日が続くと体は冷えます。体温が低い=脂肪は燃えにくいことを考えると、一日中体が冷え切っているのはダイエットにとってはマイナスです。
さらに、冷えは血行不良やむくみを引き起こしやすいです。むくみがあると体が重くダルくなり、体重も増えるでしょう。水太りしやすい人は、冷えに注意が必要です。

gooニュース「一年中で夏が一番太りやすい⁈「夏太り」の原因と食事対策とは」2019.7.16

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ガンガンに効いた冷房で仕事をしたり、頻繁に冷たい飲み物や食べ物をとったりすると、当然ですが、身体が芯の底から冷えてしまいますよね。じつはこの「身体が冷える」ことで、結果的に「太りやすい身体」の原因になってしまうのです。

「熱中症になるよりはマシでしょ」と反論が返ってきそうです。もちろん、熱中症にならないように冷房は使うべきです。しかしだからといって、四六時中クーラーにあたり続け、すっかりその環境に慣れてしまうのは問題です。

クーラーや冷たい食べ物で身体が冷やされると、血行が悪くなり、代謝機能が低下します。すると、その時点で身体がすでに「痩せにくい(太りやすい)」状態になってしまっているにもかかわらず、さらに副次的に生じる現象が「便秘」です。

そう、代謝機能の低下は、冷え性と便秘を引き起こしてしまうのです。みなさんも経験があるかと思いますが、身体が冷えているときって、お通じが悪くなりますよね。それはひとえに、体温が低く、血行が悪いことで、内蔵の動きが鈍くなっているからなのです。身体が冷えることで便秘になってしまうと、夏太りに拍車をかけてしまう恐れがあります。なぜなら、便秘は肥満と密接な関係にあるからです。

みなさんも身体の冷やし過ぎに気をつけましょう!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。