ダイエットブックBIZ

「腹八分目」「大戸屋」「睡眠ダイエット」【2019年7月22日ダイエット.bizニュース】

スポンサーリンク

本日のダイエットブック. bizニュースは「ダイエットの基本は「腹八分目」!食べ過ぎないようにするコツとは?」「「大戸屋」でダイエット飯を実践!?おすすめのメニューとは!?」「減量のカギを握るのは「睡眠」!?楽にやせる「睡眠ダイエット」とは!?」でお送りいたします!

お腹が減って冷蔵庫を眺める女性のイラスト

ダイエットの基本は「腹八分目」!食べ過ぎないようにするコツとは?

『食事は腹八分目がちょうど良い』という言葉、よく耳にすることはないでしょうか?

厚生労働省も食べ過ぎないこと(腹八分目)は肥満防止(メタボリックシンドローム予防)になると明らかにしています。

でも、腹八分目と言われてもなかなかピント来ませんよね?

『腹八分目を目指して食べていたのに、いつの間にか満腹になってしまっていた…』というのはよくあるかと思います。

今回は腹八分目を見極める方法をご紹介していきます。

どうして腹八分目なのか?

① 胃腸が休まり、調子が良くなる

現代人の食生活は、よく『食べ過ぎ』と言われています。

いつも何気なく口にしているものでも、間食を含めばその食事回数は結構な数になりますよね。

食事の量が増えれば増えるほど、それを消化するために胃腸は働き続けます。つまり疲れるのです。

一度の食事を消化し終えてまた新たな食事を消化…これでは胃腸が休まる暇はありません。

ずっと働き詰めの胃腸は、やがて疲れて機能が低下してしまい消化不良や便秘になる可能性があります。

そのため腹八分目の食事量をキープし続けることで、胃腸の仕事量を減らし、少し休ませることができるのです。

② カロリー過多で太らなくなる

食事の量が増えると、単純に太りやすくなります。食べたもののカロリーが高ければ高いほど、たくさん食べることでカロリー過多になってしまいます。

腹八分目の食事量をキープすると、食べ過ぎによるカロリー過多を防ぎ、脂肪が付きにくくなります。

運動しない日に食べ過ぎると、当然余ったカロリーが脂肪になります。

腹八分目を目指すことは、『消費できる分だけ食べる』ことに繋がり、カロリー過多を防ぐのです。

③ 生活習慣病の予防

現代人に起こりやすい生活習慣病。

・脳梗塞・脳卒中

・動脈硬化

・心筋梗塞

これらは、どれも血糖値や血圧の問題で起きます。

食事量を減らすことで糖分や塩分の摂取量が下がり、結果的に血液がサラサラになる効果が期待できます。

血液がサラサラになれば血流が巡りやすくなるため、病気の予防をはじめ健康的なメリットが多くなります。

食事量が増えると、その消化のために胃腸に血液が集中します。

腹八分目はこれを防ぐことからも、血流を良くするとされています。

livedoor NEWS「知っておきたいダイエットの『腹八分目』その見極め方とは!?」2019.7.20

ここに注目!ダイエットブックEye’s

「食べ過ぎなければ太らない」――つまるところダイエットの核心はこれです。

このような視点に立って考えてみると、「どうすれば痩せるのか」という視点から「食べ過ぎないようにするにはどうすればいいのか」という発想でダイエットを捉え直すことができるようになります。

そもそも、ダイエットをしなくてはならない状況に追い込まれた人の多くは、食生活の乱れ、つまり「食べ過ぎ」の問題を日頃から抱えているのが大半です。

「腹八分目ダイエット」は、食べ過ぎを防ぎつつ、身体活動の維持に必要なエネルギーを最低限確保することを心がけるメソッドです。そうすればカロリーの蓄積とエネルギーの消費が釣り合うようになるため、太るリスクを減らすことができます。

みなさんもぜひ、「腹八分目」を意識してみてくださいね。

続いてはコチラ!

「大戸屋」でダイエット飯を実践!?おすすめのメニューとは!?

◆ダイエットには和定食が理想的

ダイエットというと、野菜を中心にしたり、炭水化物を抜いたり、ある特定の食材だけを食べ続けたり……。栄養やエネルギーが不足している方は多いです。

筆者がオススメするのは、“和定食”を食べること。「ダイエット中に定食?」と思うかもしれませんが、エネルギー源となる主食、ビタミン・ミネラル・食物繊維を含むサラダ、体を構成する材料となるたんぱく質がバランスよく摂れるこのような食事は理想的なのです。

食物繊維を含むものから副菜、主食の順に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにして内臓脂肪の蓄積を予防したり、早食い・大食いの予防になったりと嬉しい効果に期待できるでしょう。

“和定食”は作るのが面倒という方は、「にっぽんの食卓ごはん」を手本にメニューを展開する「大戸屋」で食事をしてみてはいかがでしょうか。

◆「豆腐と肉だんごのトロトロ煮定食(556kcal)」

豆腐は植物性たんぱく質を含むうえにヘルシー。ダイエットの強い味方です。

「豆腐と肉だんごのトロトロ煮定食」は、甘みが強く風味に優れた北海道産大豆「トヨマサリ」を100%使用し、大戸屋で手造りした豆腐からなる肉だんごがメイン。

ちなみに、おかず単品でのたんぱく質量は14.9g。1日の目安とされるたんぱく質摂取量は50gなのでその半分近くを摂ることができますし、五穀ご飯と一緒に食べればさらにその量が増します。たんぱく質不足は筋肉量を減らし、基礎代謝を低下させる原因とも考えられるので、しっかりと摂取しましょう。

◆「しまほっけの炭火焼き定食(589kcal)」

自宅で魚を焼く機会が少ない方は、ぜひ魚が使われた定食を。実は筆者、こちらのメニューの大ファン。大戸屋に足を運ぶときのほとんどが「しまほっけの炭火焼き定食」をオーダーするほど。

写真で見てもわかるように、しまほっけのボリュームが魅力的ですよね。食べ応えばっちりなのに、589kcalとカロリー控えめなのがダイエット中でも嬉しいところ。炭火で焼いたことによる香ばしさ、そして身のふっくら感は絶品。

おかず単品でのたんぱく質量は40.4gなので、ほかの食事でたんぱく質を補うことができないような日にもオススメです。

◆「野菜と豚の蒸し鍋定食(534kcal)」

続いては、蒸し鍋定食。“蒸す”ことで油が落ち、カロリーカットにも期待できる「野菜と豚の蒸し鍋定食」は、534kcal。スタミナアップに役立つ豚肉や、体を内側から温めてくれるれんこん、かぼちゃが使われたこのメニューは、栄養的な面からもさっぱりと食べやすいという面からも、暑い夏場にもよいのではないでしょうか。

ここに注目!ダイエットブックEye’s

みなさんもよくご存じの「大戸屋」。仕事のランチで利用する方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、そんな「大戸屋」でおすすめのダイエットメニューをご紹介。

食事制限に気をつかっている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

最後はコチラ!

減量のカギを握るのは「睡眠」!?楽にやせる「睡眠ダイエット」とは!?

睡眠 寝る

寝不足が続くと自然と体は塩気の多いものや甘いものを欲してしまうことから睡眠不足がダイエットに悪影響と実感している方は少なくないと思います。でも、いま美容大国・韓国では睡眠時間ではなく、ダイエット効果を上げる睡眠法が話題を呼んでいます。そんなラク痩せ効果も期待大の【睡眠ダイエット】のポイントに迫ってみましょう。

ポイント(1)就寝前に軽い運動をする

運動をすることで新陳代謝が活発になる効果がありますが、寝る前に軽く運動してから入眠することで睡眠中も新陳代謝の高い状態をキープでき、カロリー消費が促されるという理論になります。

ただし、激しい運動をすると交感神経が優位になって入眠しづらくなってしまうので、あくまでも軽い運動に留めておくことがポイント。ストレッチヨガなど副交感神経を優位にするリラックス効果のある運動が特にオススメです。

ポイント(2)睡眠時間は“8時間以上”が理想

睡眠不足に陥いると食生活が乱れたり過食に走ってしまうのは、食欲を抑えるホルモンが減って満腹感を感じずらくなってしまうことが原因の1つとされています。

この食欲を抑えるホルモンは、1日に最低7時間の睡眠をとることで減少を防ぐことができるそう。実際、忙しい毎日では睡眠時間を確保するのも難しいところがありますが、ダイエットのためにも睡眠時間8時間を目指したいところです。

ポイント(3):暗い部屋×鼻呼吸×仰向けで寝る

電気をつけたままの明るい部屋で寝ている女性の肥満率は、暗い部屋で寝ている女性と比べて20%も高いという研究結果が話題になりましたが、この原因は明るい光が「睡眠ホルモン」と言われるメラトニンの生成を抑えてしまい睡眠の質を下げてしまうからとされています。もちろん、寝る前にスマートホンのブルーライトを浴びるのもNGです。

excite ニュース「ラク痩せの鍵は“正しく寝ること”に。いま韓国で話題を呼ぶ【睡眠ダイエット】のポイント3つ」2019.7.20

ここに注目!ダイエットブックEye’s

なぜダイエットで「睡眠」が重要なのでしょう?それは、「質のいい睡眠」が「太りにくいカラダ」づくりに欠かせないからです。

わたしたちの身体は、肉体のメンテナンスや維持をするため、寝ているあいだに多くのエネルギーを必要とします。そのさい、足りないエネルギー(燃料)は、蓄えている「脂肪」から調達されます。つまりこれは、睡眠中の「脂肪燃焼」を意味するわけです。

「質のいい睡眠」とはようするに、「身体がメンテナンスをする時間の猶予を十分に確保できる時間」のことなのです。

だから、「質のいい睡眠」を確保する習慣を続けている人は、睡眠中でもエネルギー消費が活発なので、“寝ながらダイエット”状態を毎日継続できていることから、結果的に「太りにくいカラダ」をキープできていることになるのです。

ところが、睡眠の質が悪いと、このような睡眠中の脂肪燃焼メカニズムがうまく機能しません。そうすると、身体には脂肪が蓄えられていく一方なので、脂肪の「蓄積」と「消費」が釣り合わなくなり、結果としてブクブク太ってしまうのです。

こうした理由から、睡眠の質がダイエットを左右するという結論に至ります。

みなさんも睡眠の質を高めるように意識をしていきましょう!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。