ダイエットブックBIZ

「大豆おから」「夏の冷え性」「週末ダイエット」【2019年7月24日ダイエット.bizニュース】

スポンサーリンク

本日のダイエットブック. bizニュースは「おからパウダーに続くのは「大豆パウダー 」「蒸し大豆 」主食がわりに「大豆」!を食べればカラダが変わる!」「夏の冷え性は「調味料」を見直してみて! 毎日、食べたほうがいいのは…」「食事制限はいらない!? 週末までにお腹を凹ませる方法」でお送りいたします!

グラスに入った豆乳と豆

おからパウダーに続くのは「大豆パウダー 」「蒸し大豆 」主食がわりに「大豆」!を食べればカラダが変わる!

健康的にやせたいなら、「大豆」に注目!
大豆は実は高タンパクで低糖質、栄養バランスに優れたスーパーフード。食べごたえと腹持ちも抜群のダイエットにぴったりの食材として、欧米から熱い注目を集めています。

自身が20kgの大量やせに成功した、ロカボ・低糖質ダイエット指導者・麻生れいみが、特に栄養価に優れ、手軽に使える「蒸し大豆」と「大豆パウダー」を使ったメインディッシュになる大豆レシピ50種を提案。ライフスタイルに合わせた麻生式糖質オフのメソッドも。大手ライフスタイルショップの低糖質スイーツにも採用され、今注目の大豆パウダー(大豆粉)を使った蒸しパンやピザ、チヂミ、スイーツなどのレシピも収録。

こんな人におすすめ

★おなかいっぱい食べてやせたい人に
★糖質制限・ロカボダイエットに
★コスパよく筋肉をつけたい人に
★高齢者の体力づくりに
★新型栄養失調対策に
★体と脳の老化対策に
★女性のアンチエイジングに
★小麦アレルギー対策に
★グルテンフリー食に
★疲れ&夏バテ解消に

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエット中の「食事制限」でつい不足がちになってしまうのは、「たんぱく質」です。

「たんぱく質」は、身体の維持に必要な重要栄養素であり、筋肉をつくるために欠かせないものでもあります。

この栄養が不足すると、筋肉量が落ちてしまいます。そうなると、基礎代謝が落ちてしまうので、冷え性や便秘だけでなく、脂肪燃焼効率さえも落としてしまうことになります。

みなさんは、偏った食事制限をしていませんか? 「たんぱく質」をしっかり摂っていますか?

いまいちど、食生活を見直してみましょう。

続いてはコチラ!

夏の冷え性は「調味料」を見直してみて! 毎日、食べたほうがいいのは…

J-WAVEで放送中の番組『MAKE MY DAY』(ナビゲーター:前田智子)のワンコーナー「YOUR WELLNESS」。ヘルスケアアプリ「FiNC」と連動して、毎月、月替わりのテーマでカラダをブラッシュアップしていきます。

7月のテーマは「夏の冷え性」。今回は、本格的な夏を前に「食事でできる、夏冷え対策」を、FiNCアンバサダーで温活美容家のおぬまあすかさんが解説しました。7月21日(日)のオンエアです。

【『MAKE MY DAY』の「YOUR WELLNESS」(7:05-7:20頃)】

■夏野菜を食べるなら…

おぬまさんは、体温を上げる温活に特化したダイエットで20キロの減量に成功しました。おぬまさんによると、トマトやキュウリ、レタスやナスなどの夏野菜はカリウムや水分が多く、体を冷えやすくしてしまうそう。

おぬま:食べるときは温かいスープと一緒に摂ったり、生で食べるのではなく熱を加えるのがオススメ。ただし、野菜を加熱すると代謝をサポートする酵素やビタミンが減ってしまいます。生野菜を食べるときは魚や肉、ゆで卵などの体を温めるタンパク質と一緒に食べましょう。

■調味料を見直して温活

夏冷えを改善するための体を温める食材として、生姜や精製されていないきちんと発酵された味噌や醤油があります。

おぬま:スーパーなどで売られている味噌や醤油は精製されている塩から作られていたり、短期間で作られていたりして、体を冷やしやすいです。逆に、3年以上発酵されて、大豆や塩だけのシンプルな素材で作られているものは、体を温める効果が高いと言われています。私が温活ダイエットをしているときに、最初に見直したのは調味料でした。きちんと発酵された味噌や醤油を使うようになってからは、かなり体が温まるのを実感しています。

おぬまさんは、きちんと発酵させた調味料を使うようになってからは、むくまなくなったそうです。

■毎日の食事に味噌汁を

温活のための料理として、おぬまさんがオススメするのは味噌汁です。毎日の食事のどこかに必ず取り入れてほしいとのことでした。

おぬま:きちんと発酵して作られた味噌は、体の芯から温める効果があると言われていて、夏冷えで悩んでいる方にはオススメです。具材のオススメは玉ねぎ、体の巡りが悪いと感じるときや疲れが溜まっているときには、少量の生姜を擦って入れると体が芯からすぐに温まるのを感じると思います。

日々の食卓の参考にしてください。

ここに注目!ダイエットブックEye’s

暑い夏に冷え性?不思議に思われるかもしれません。でも、夏はその暑さのあまり、冷たい飲み物で喉の渇きを潤しますよね?

キンキンに冷えた飲み物が喉を通り過ぎる瞬間、得も言われぬ爽快感に包まれます!でも、それが”冷え性”の原因になってしまうのです。

冷え性は何も手足だけの問題ではありません。内臓が冷やされることで活動量が落ち、そして活動量が落ちることで内臓の熱産生も悪くなるのが夏の冷え性の特徴なのです。

私たちが普段口にする食材の中にも、”身体を冷やす効果”のあるものが数多くあります。冷たい飲み物と身体を冷やす食材の悪い相乗効果で、夏の冷え性は深刻になっていくのです。

であれば、過度に身体を冷やさない工夫が自ずとクローズアップされるのです。この記事を参考に、”身体を冷やさない”ように取り組んでみましょう!

最後はコチラ!

食事制限はいらない!? 週末までにお腹を凹ませる方法

タンパク質を説明するイラスト

夏に水着を着たり、ボディラインがくっきりと出る服を着たりする機会は次第に減っていきますが、それでも「ダイエットをしなくては」という考えは頭の片隅にちょこんとあるのではないでしょうか。

ですが、10代・20代のときに経験があるような体に負担がかかるダイエットは、いまさらしたくありませんよね。

ヨガインストラクターでビューティーフードアドバイザーの高木沙織さんは、「オトナのダイエットは、緩いくらいがちょうどよい」と言います。

そこで今回は、無理な食事制限はせずに、食べ方をちょっと変えるだけで週末までにお腹をへこませる食事のコツについて、話を聞いてきました。

3:4:3を意識ダイエットをするうえで、何を食べるかといった食事の内容は大事ですが「バランス」も意識する必要があります。栄養バランスはもちろんですが、ここで言うバランスとは1日における各食事の量のこと。なぜならそれが、血糖値と大きく関係してくるから。

近頃、血糖値という言葉をよく耳にするようになりましたよね。血糖値とは、血液のブドウ糖レベルのこと。そのもとになるのはおもに炭水化物なのですが、食べ方も関係して急上昇することも。食後血糖値が急上昇すると、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されるのですが、必要以上に分泌されると糖分を脂肪として蓄積させて、内臓脂肪がつきやすい状態にすると言われています。

ここで意識をしたいのが、多くのかたに心当たりがあるであろう欠食・過食の改善。「朝はお腹がすかないから」と欠食をすると、1回の食事量が増えて血糖値が上がりやすくなり、反対に食事の回数が多いと高血糖状態が長く続くようになります。

可能であれば、1日3食。これが、日中の血糖値の変動リズムを保ちやすくするポイントのひとつになります。「ダイエット中だから食事の回数を減らす」のではなく、今一度基本の食事に戻してみるとよいかも。

食べる量は、朝3:昼4:夜3と、活動量の多い時間帯にしっかりと食べるようにしてみてください。夕食を食べすぎないことで、朝、空腹を感じて目覚められるようになるでしょう。

食事時間は15分以上確保食事にかける時間もまた大事なポイントです。

というのも、みなさんご存じのとおり、食事を始めてから「食べた」という満腹感を感じるまでには時間を要するからです。満腹感が得られないと、さらに品数を追加してしまったり、食後に間食をしてしまったりしますよね。最低でも15分以上は時間をかけて食べるようにしましょう。

どうしても15分経たずに食事が終わってしまうというかたは、品数を増やすのではなくて食べるものを工夫してみて。

例えば、歯ごたえのある生野菜や海藻類をしっかりと噛んで時間をかけて食べる。生野菜だと体が冷えてしまうというかたは、大きめにカットした野菜を、やや硬めに火を通して食べるのもよいでしょう。

ビタミンやミネラル、食物繊維もとれて一石二鳥ですよね。

脱・たんぱく質不足たんぱく質は、筋肉や皮膚、内臓、血管、血液、髪などをつくる材料となります。にも関わらず、「たんぱく質を含む食材は太りそう」「調理が面倒」などの理由から、“たんぱく質離れ”をしているかたは少なくありません。

よく、「食事量を減らしているのに痩せにくくなった」というかたがいますが、もしかしたら、たんぱく質が不足していることと関係しているかもしれません。先にお伝えしたように、たんぱく質は筋肉の材料になります。たんぱく質が不足して筋肉量が減ると、生命を維持するための必要最低限なエネルギー・基礎代謝が低下。体内の糖・脂肪が燃焼されにくくなるのです。

たんぱく質初心者さんは、まず枝豆や豆腐、納豆などの大豆製品、卵から。お肉が好きなかたは、脂肪をエネルギーに変えるのに役立つ、L-カルニチンを含む赤身肉を選んでみてください。

たんぱく質摂取目標は1日50g。毎食、何かしらのたんぱく質を含む食材を取り入れることを心がけましょう。

gooニュース「食事制限はいらない!? 週末までにお腹を凹ませる方法」2019.7.22

ここに注目!ダイエットブックEye’s

ダイエットは、なにも激しい運動やストイックな食事制限をしなければならないというわけではありません。

わたしたちの「肥満」の運命を左右する「食生活」にさえ気をつけていれば、ある程度は黙っていても自然に痩せるものなのです。

それを証明するのが、まさに引用した記事の内容になっています。

食生活を改善するだけでどれほどの効果があるのか、いちど試してみてください!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。