ダイエットブックBIZ

寒い時期の便秘解消法!【ダイエットとの共通点とは?】

スポンサーリンク

長期予報では”暖冬”の予想が出されていますが、寒いことには変わりありません。その寒さのせいなのか、この時期に限ってお通じが悪くなる方はいらっしゃいませんか?それは、この時期だからこその、微妙な”食生活の変化”が原因なのだそうです。

寒いとなぜ便秘になるのか、それを解消するためにはどうすればよいのか?”冬の便秘”を取り上げた記事をご紹介いたします。

腸内

スポンサーリンク

冬に便秘になりやすいのはなぜ?お腹すっきり冬便秘の対策法

寒さがきびしい今日この頃。「この頃、お腹がすっきりしないな」ということはありませんか?

「温かい季節は快便だけど、冬になると出にくい」という方は、冬便秘の傾向が考えられます。

便秘は、老廃物が体内に溜まった状態です。肌荒れや体重増加等の原因にもつながります。

管理栄養士の筆者が、冬便秘の対策法をお伝えします。

■水分を多く摂る

冬は夏場と違って喉が乾きにくいため、水分を夏ほど飲まなくなる人も多いのではないでしょうか。

冬は、汗をあまりかきませんが、乾燥しやすい季節のため体内の水分が奪われることもあります。暖房が効いた部屋のなかでは空気が乾燥するため、睡眠中も体内から水分が奪われている可能性もあります。

朝起きたらコップ1杯の白湯を飲んだり作業ごとに水分を摂るなど、こまめに水分補給をしましょう。冷たい水やジュースは胃腸を冷やして身体を冷やしやすいため、常温か温かい飲み物がおすすめです。

■朝食をしっかり食べる

「寒くて布団からなかなか出られない」ということもありますよね。しかし、腸の「ぜん動運動」を促すためには、朝食を食べることをすすめます。

そのためには、前日の夕食から時間をあけましょう。夕食を早めにすませてしっかり睡眠をとることで、翌朝、腸が動きやすくなります。

また、生姜、にんにく、根菜などの身体を温める食材を朝食に加えることもおすすめです。ヨーグルトや味噌といった発酵食品も積極的に食べることで、善玉菌が優位になり便秘対策になるでしょう。

■適度に身体を動かす

便を快適に出すには、適度な運動が必要になります。便を出すのには力がいるため、筋肉がある程度必要になるからです。

だからといって、ハードな運動をする必要はありません。ウォーキングやジョギング、ヨガなど、手軽にできるものから始めると良いでしょう。

いかがでしたか? 冬の便秘は水分不足や食生活の乱れ、運動不足が原因に挙げられるあるため、それらを解決していくことをおすすめします。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

gooニュース「冬に便秘になりやすいのはなぜ?お腹すっきり冬便秘の対策法」2020.1.20

夏場は”熱中症”対策もあって、意識的に水分を補給するようにします。その一方、冬場は”脱水症状”の心配もなく、また寒いとトイレが近くなるなどの理由で、水分の摂取を控えることが多いかもしれません。

また、喉の渇きを訴えることもほとんどないので、結果として水分の摂取量が少なくなってしまうのです。これが寒い時期に便秘になってしまう理由の1つなんですね。

原因が判ればその対処法もあるはず。では、さっそく”冬便秘”の解消法を見ていきましょう!

水分を摂る

冬便秘の一番の原因は、水分摂取量の低下にあります。その対処法は簡単!水分を意識的に多く飲むようにすればよいのです。

カッチカチに固くなったグラウンドの土も雨が降ると柔らかくなりますね?それと同じように、適度な水分を摂取することで便が柔らかくなり、そうすることで腸壁をスルスルと流れてくるようになるのです。

ただ、水分補給と言っても、一気に大量に飲むのはおすすめではありません。尿となって排出されるだけで、便を柔らかくする効果が期待出来なくなってしまうのです。

「少しずつ」飲むことで尿として排出される割合が少なくなります。そして回数を多くすることで、結果的に多くの水分摂取につながるのです。

温かくして飲む

白湯を飲む女性のイラスト

体が内部から冷えてしまうと、胃腸の活動も鈍くなってしまいます。身体の冷えも冬便秘の原因の1つに挙げられるかもしれません。

であれば、便秘解消のための水分補給は”お湯”でするように心がけましょう。

参考⇒白湯ダイエットの効果とは?簡単なやり方と口コミをチェック!

胃腸が温められると、胃腸の活動も徐々にですが活発になってきます。そうすると腸のぜん動運動も活発になり、溜まってしまった便も肛門へと送り出されることになるのです。

また、身体を温めるという意味では、生姜などの冷えに効く食材を一緒に摂るのもおススメです。この時期になると”生姜湯”などをスーパーで見かけるようになります。

生姜には温熱効果があり、また食物繊維も含まれることから、冬便秘の解消がより期待できるようになるのではないでしょうか?

しっかり食べる

食べる女性

溜まった便を排出するには、新しく作られた便によって押されることも必要になります。新しい便を作るには、食事をしっかりと食べることが必要です。

もちろん、ただ食べればいいというものではありません。便秘解消が期待できる”食物繊維”を意識して摂るようにしましょう。

また、それに合わせてヨーグルトや発酵食品なども摂るようにします。最近”腸活”という言葉を耳にすることがあると思いますが、これは腸内環境を整えることで体調を整えようとするものです。

ヨーグルトや発酵食品は、腸内の善玉菌の補充に役立ちます。また、食物繊維は善玉菌の大好物!エサ・棲み処となって善玉菌の増殖に一役買ってくれるのです。

運動も効果的

便を押し出すには腹筋の力も必要になります。ハードなトレーニングは必要ありませんが、腹筋などお腹の筋肉が鍛えられるトレーニングにもチャレンジしてみましょう。

身体を折り曲げる過程で、適度な刺激が腸に与えられます。腹筋を繰り返すことで腸にも良い影響が出てくるのです。

余談ですが、筋肉を鍛えることによって”基礎代謝”の底上げを図ることにもつながります。基礎代謝は1日の消費カロリーの大半を占めるもので、それは筋肉量に左右されるのです。

便秘解消以外にもダイエット効果も期待できるとあれば、まさに一石二鳥ですね!

冬便秘の解消法についてより詳しく説明しましたが、しっかり食べる(=必要な栄養分を摂る)ことや適度な運動など、ダイエットと重なることも多くありますね。

せっかくなので、ダイエットも見据えて解消するように頑張ってみましょう!

The following two tabs change content below.

minoru

食材の歴史や効果、効能を正しい情報を元に発信しています。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ