ダイエットブックBIZ

体重と体型のどっちが大切?【痩せなくても大丈夫!?】

スポンサーリンク

ダイエットの第一の意味は”減量”でしょう。芸能人の「〇kg痩せた」「△kg太った」というニュースは毎日のように見聞きします。その一方で「太ももダイエット」や「二の腕ダイエット」など、ダイエットには”スリム化”の意味も含んでいます。

皆さんがダイエットに取り組むのは減量のためでしょうか?それとも”体型”をスリムにするためでしょうか?そこで、今回は、男性が女性の「体重」と「体型」のどちらを重視しているか、という記事を取り上げました。

笑顔でポーズをとる女性

スポンサーリンク

男性は女性の「体型」と「体重」どちらを重視している? ヤーマン調べ

ヤーマンは、配偶者または恋人のいる30~50代の男性500人を対象に、「女性の体型と体重」に関する調査を行い、結果を公開した。

「体型」と「体重」のどちらが女性の魅力を左右すると思うか聞いたところ、「体重」がわずか1%だったのに対して、62%と半数以上が「体型」と回答し、“体重スリム派”に比べて“体型スリム派”が圧倒的に多かった。また、「体型」と「体重」のどちらも魅力を左右すると思う人も20%おり、“体型スリム派”と合わせると全体で82%と、8割超の男性が「体型」を重要視していることがわかった。「体重が軽くても、体型(見た目のラインなど)がきれいでないと魅力的でない」(84%)、「体重が重くても、見た目がスリムであれば体重は気にしない」(81%)という人もそれぞれ8割にのぼる結果となった。

つい見てしまう体の部分を聞いたところ、1位は「全身のスタイル」(53%)で、体の全体的なラインをチェックしている男性が半数以上いることがわかった。2位は「おなか」(41%)、3位は「お尻」(35%)で、「脚(太もも)」(28%)、「脚(ふくらはぎ)」(26%)にも回答が集まり、お腹から下半身にかけてのラインが特に見られていることがわかった。

女性の体型を見て「残念に感じた」(47%)など、ネガティブな感想を持ったことがある人は58%で、 「自己管理ができていないと感じた」(38%)、「女性としての魅力を感じなくなった」(32%)といった厳しい意見も集まっている。自分のパートナーの体型についても同様の質問をしたところ、ネガティブな感想を持ったことがある人は44%で、60%は「年齢を感じた」、10人に1人は「愛情が薄れた」(11%)と回答した。一方、自分のパートナーの体型が、“ダイエット”などのボディケアの結果自分の理想に近づいたとしたら、「より魅力的に感じると思う」という男性は64%で、「より大切にしたくなると思う」(29%)、「より愛情が強まると思う」(25%)という回答も集まった。

ダイエットクラブ「男性は女性の「体型」と「体重」どちらを重視している? ヤーマン調べ」2020.1.23

アンケートの対象となったのは、奥さんか恋人のいる30代~50代の男性500人。アンケートによると、6割を超える男性が、女性の魅力を左右するのは「体型」と答えたとのこと。

「体重」と答えたのがわずか1%だったことを考えると、その差は圧倒的と言えます。この結果を皆さんはどうお考えになりますか?

体型を美しく!

さらにアンケート調査によると、男性がつい見てしまう体の部位は

  1. 全身:53%
  2. おなか:41%
  3. お尻:35%
  4. 太もも:28%
  5. ふくらはぎ:26%

の順番でした。

お腹から下の部分に特に注目が集まっているんですね。

食事制限よりもトレーニング

体重よりも体型を重視するというのが男性の考え方。であれば、食事制限よりもトレーニングにより力を入れた方がよさそうです。

では、「全身」「おなか」「お尻」「太もも」「ふくらはぎ」それぞれに効果のあるトレーニング法を見ていきましょう!

全身とおなかの引き締めにはプランク

身体全体を引き締めるトレーニングと言えば、アスリートの間でも注目を集める体幹トレーニング!おなかを引き締める効果も期待できます。

体幹とは胴体のこと。人間のすべての動作に関わる部位なので、バランス力が向上し、動作や姿勢が美しくなるのです。

そこで、是非取り組んでもらいたいのがプランクです。プランクとは英語で”板”を意味する言葉で、身体を1枚の板のようなまっすぐな状態を維持するトレーニングです。

腕立て伏せに似た態勢で身体を一直線にするプランク、片方の腕で体重を支え体は横を向くサイドプランクなど、種類も複数あります。

参考⇒プランクは正しい方法で効果UP!【体幹トレーニングの基本】 サイドプランクアップでお腹から背中のラインをシェイプアップ!

ヒップスラストでお尻を引き締める

お尻を引き締めて美尻になりたい!そんな願いをかなえてくれるのがヒップスラストです。

椅子に肩甲骨辺りを持たれかけさせ、その体制でお尻を上げ下げするトレーニングです。

参考⇒ヒップスラストでお尻を引き締め理想の美尻へ!【効果的なやり方は?】

椅子が動いてしまうこともあるので、椅子を壁に付けて動かないようにしましょう。

太もも痩せにはハーフスクワット

太もも痩せの効果が期待できるトレーニングはハーフスクワットです。お尻を鍛える効果もあるので、一石二鳥ですね。

厚生労働省も推奨するトレーニングにスクワットがありますが、このハーフスクワットはひざを曲げる角度が半分程度なのでこの名前が付きました。

スクワットに比べると身体に掛かる負担が少ないので、運動習慣がなかった人でもハードルが低めのトレーニングです。

両腕を前に伸ばし、床と並行になるように保ち、足は両肩程度に開き直立します。その姿勢からお尻を突出し、ひざが30~40度曲がる程度にお尻を下げます。

そこから直立の状態へと戻ります。

参考⇒ハーフスクワットで美尻と太もも痩せ!【運動が苦手でも大丈夫!】

ふくらはぎにはシーテッドカーフレイズ

ふくらはぎの引き締めにはシーテッドカーフレイズがおススメです。”シーテッド”の名前が示すように、椅子に座って行うトレーニングです。

ダンベルが必要になりますが、ないという方は水を入れたペットボトルでも代用が可能です。2Lのペットボトルを2本用意してください。

椅子に浅く腰かけて足を肩幅程度に広げます。上半身はまっすぐです。太ももの中央にダンベル(ペットボトル)を置き、手はそれが落ちない程度に支えます。

つま先のみを床につけ、かかとは軽く浮かせます。その状態から、ふくらはぎに負荷がかかるように、かかとをゆっくりと上げ下げします。

参考⇒シーテッドカーフレイズでふくらはぎを短期間でシェイプアップする!

ふくらはぎにある「ヒラメ筋」「腓腹筋」を効率よく鍛えることで、ふくらはぎの引き締めが実現するのです。

痩せ願望にブレーキを!

女性の痩せたい願望には男性の気を引きたい、というのも理由にあることと思います。

ただ、体重よりも体型を重視しているというのが男性の考え方なのです。ここに女性と男性の間の意識の”ズレ”がありますね。

男性に魅力的に映りたい一心で、過剰ともいえる食事制限に取り組み、細すぎる身体を手に入れた若い女性も多いかもしれませんが、アンケート結果を見る限り、”無駄な努力”だったのかもしれません。

これからは身体を引き締めるトレーニングを優先して、美しいボディラインを手に入れるようにしましょう。その方が男性も喜ぶのですから。

The following two tabs change content below.

minoru

食材の歴史や効果、効能を正しい情報を元に発信しています。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ