ダイエットブックBIZ

ガルシニアで無理なくダイエット!【食欲を抑え脂肪を燃やす?】

スポンサーリンク

ガルシニアダイエットは、アメリカ生まれのサプリメントであるガルシニアを摂取することで、身体を痩せやすい状態にするダイエット方法ですが、実際の効果とは?ガルシニアには、ダイエットに嬉しい作用を持つ成分が含まれおり、その効果は研究により実証されていますが注意点もあります。

ガルシニア

ガルシニアのダイエット効果は食欲を抑え、さらに脂肪の合成を抑制し、効率的に体脂肪を減らすといった働きがあると言われ、内臓脂肪や皮下脂肪の減少にも効果が期待できます。ただダイエットに効果的とされているガルニシアですが、摂取量の目安や副作用の有無などはしっかりと把握しておいてください。

スポンサーリンク

「ガルシニア」って何?

「ガルシニア」は、正式名を「ガルシニア・カンボジア」と言い、スリランカやインドなどの熱帯地域に自生するオトギリソウ科の果樹です。

その果実はオレンジほどの大きさで、赤や黄色をしており、熟したものはそのまま食べることができます。

ガルニシア

果実の皮を乾燥させたものは、スパイスや民間薬としても利用されています。名前の由来は、スイスの植物学者のローラン・ガルシンから。この植物を研究した研究者です。

ガルシニアのダイエット効果を発見したのはスイスの製薬会社で、肥満の予防薬として研究・開発が進み、現在は、アメリカを中心としてダイエット・サプリメントとして利用されており、次第に日本でも普及するようになりました。

果皮に含まれる成分がダイエットのカギ

ガルシニアのダイエット効果は、果実の皮に含まれている「ヒドロキシクエン酸(HCA)」という物質によるものです。

ヒドロキシクエン酸には、2つの働きがあります。

1つ目は、体内での脂肪の合成を抑制することです。

そしてもう1つは、空腹を感じにくくし、食欲を抑制することです。

笑顔でお腹を触る女性参考⇒食欲をコントロールする簡単な方法!【サプリやアロマが効果的!】

これらの作用により、効率的に体脂肪を減らし、ダイエット中の空腹感が抑え、食べ過ぎを防ぐことができます。

脂肪の合成を抑制し、効率的に体脂肪を減らす

ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸の作用の1つは、脂肪の合成自体を抑制するというものです。

通常体脂肪は、食事から摂取した糖質がエネルギーとして消費しきれずに、余った分が脂肪として蓄積されたものです。

横腹の贅肉をつかむ女性参考⇒体脂肪を落とす方法と期間は?【食事が原因で短期間で増える事も】

食事から得た糖質はブドウ糖に変えられ、細胞内のミトコンドリアの「クエン酸回路」と呼ばれるエネルギーの生産工場でエネルギーに変換されます。

これが、必要に応じて体内で利用されるのですが、脂肪分の多い食事や運動不足により、エネルギーの摂取量が消費量を上回ると、エネルギーとして消費しきれなかったブドウ糖が「グリコーゲン」という形に変えられ、肝臓に貯められます。

横になってせんべいを食べる女性のイラストさらに余った分が脂肪に変えられ、体脂肪となります。

脂肪を合成する酵素の働きを妨げるヒドロキシクエン酸

使いきれなかったブドウ糖を脂肪に変換する際「ATPクエン酸リアーゼ」と呼ばれる酵素が働きます。

ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸は、この酵素の働きを妨げ、ブドウ糖をエネルギーとして利用されやすいグリコーゲンへの変換を促進する作用があります。後述しますが、ガルシニアの摂取により空腹感が抑制されるのも、グリコーゲンの量が増大し、血糖値が安定することによるものです。

グリコーゲンは脂肪と異なり、エネルギーに代わりやすい性質があるため、肥満の予防に効果が期待できます。

空腹による過食を抑え、ダイエットをサポート!

人の空腹には、実際に胃の中が空になる本当の空腹と、まだ胃の中が空になっていないのに食欲が湧いてしまう、偽の空腹があると言われています。

お腹が減って冷蔵庫を眺める女性のイラスト後者は、肝臓に貯められているグリコーゲン量が低下することにより起こるものです。

ガルシニアのダイエット成分であるヒドロキシクエン酸は、肝臓でのグリコーゲンの合成を促進し、血液中のブドウ糖濃度を安定させる働きがあります。

食欲を左右するグリコーゲン

グリコーゲンはエネルギーとして利用されやすいという性質を持つ一方、大脳視床下部にある満腹中枢を刺激し、食欲を抑制する働きをします。反対にグリコーゲンが少なくなると、摂食中枢という部分が刺激され、ものを食べるように働きかけます。

つまり、グリコーゲンの合成を促進することで無駄な食欲が湧くのが抑制され、ダイエット中の過食を防ぐことができるのです。

食事を我慢している女性のイラストガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸は、ブドウ糖が脂肪に変換されるのを防ぐと同時にグルコースの合成を促進するため、体脂肪が蓄積されるのを防ぎ、自然に食事量を減らすことができるのです。

臨床研究によるガルシニアのダイエット効果の実証

ガルシニアを用いた研究は数多く行われています。

肥満の成人を対象に行われた実験では、ガルシニアを毎日1000mgずつ、4カ月間摂取しつづけたところ、内臓脂肪・皮下脂肪ともに減少したというデータがあります。

内臓脂肪のイラスト参考⇒内臓脂肪の落とし方の3つの法則とは?【食事と運動でラクラク!】

皮下脂肪のイラスト

参考⇒皮下脂肪を効果的に減らす3つの方法とは?

さらに、BMIも0.02~0.04減少したという結果になっています。

なお、BMIは通常22が理想体重とされています。BMIの算出方法は以下の通りです。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

実験には、BMIが25以上の過体重の39名の成人が参加していました。

スポンサーリンク

運動と組みわせることで脂肪の燃焼がUP

ガルシニアのサプリメントを運動前に摂取することで、運動による脂肪の燃焼が向上することもわかっています。

脂肪燃焼している女性参考⇒脂肪燃焼させる効果的な運動方法は?【筋トレより心拍数!】

スポーツ選手を対象に行った実験(運動強度:中)

男性運動選手6人を2つのグループに分け、1つのグループはヒドロキシクエン酸換算250mgのガルシニアエキスを食後に摂取し、その2時間後からややきつい歩行運動を行うという実験を、5日間継続して行いました。

この実験では、ガルシニアを摂取したグループの脂肪をエネルギーとして利用する量が大幅に増大し、脂肪の燃焼が促進されました。

ヒドロキシクエン酸がATPクエン酸リアーゼの作用を抑制し、エネルギー産生の際に必要となる脂肪酸を体脂肪から補ったため、体脂肪の分解が促進されたと考えられます。

一般の女子大生を対象に行った実験(運動強度:中)

こちらは、一般の女子大生40名を対象に行った比較実験です。

この実験は、女子大生を、

  1. 普段通りの食事をし、週に3回、ゆっくりと50分間の水泳を行うグループ
  2. 1日に250mgのヒドロキシクエン酸を摂取し、普段通りの食事をし、水泳を行わないグループ
  3. 1日に250mgのヒドロキシクエン酸を摂取し、普段通りの食事をし、週に3回、ゆっくりと50分間の水泳を行うグループ

に分け、3カ月間継続して行われました。

結果、ヒドロキシクエン酸を摂取し、運動を組み合わせたグループは体脂肪が大きく減少しました。

実験の結果は、以下の通りです。

  • 運動のみ:内臓脂肪-6.4%、皮下脂肪-7.4%
  • HCA摂取のみ:内臓脂肪-4.9%、皮下脂肪-2.7%
  • 運動とHCA摂取:内臓脂肪-11.4%、皮下脂肪-9.8%

運動のみでももちろん体脂肪は減少していますが、ヒドロキシクエン酸を摂取することによりその減少の割合が大幅に向上していることがわかります。

また、特筆すべきことは、運動を行わずに、ヒドロキシクエン酸を摂取しただけのグループも体脂肪が減少している点です。

ガルシニアと運動を組みわせることにより、体脂肪を効率的に減らすことができますが、運動を行わない場合でも一定の脂肪の減少効果が期待できることがわかります。

コレステロール値の低下も?

血中のコレステロール値が高いと、

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

といった疾患のリスクが高まります。

ガルシニアの摂取により、総コレステロール値が低下するだけでなく、悪玉コレステロールと呼ばれるLDL-コレステロール値が低下するということもわかっています。

コレステロールのイラスト参考⇒コレステロールを下げる方法は?【サプリと食事対策が効果的!】

以下は、実際に行われた実験の概要です。

  • 肥満 (BMI:30~39.9) の成人男女58名 を対象として、ガルシニアとこんにゃく抽出物を用いた比較実験を行いました。
  • 対象者の年齢は25~60歳で、1日3回の食事前に、ガルシニア800mgおよびこんにゃく抽出物500mgを摂取させました。

すると、12週間の実験後に、ガルシニアを摂取したグループのコレステロール値およびLDLコレステロールの値が有意に低下する結果となりました。

ガルシニアの摂取量の目安と注意点は?

ガルシニアダイエットでは、ガルシニアの1日あたりの効果的な摂取量はヒドロキシクエン酸換算で250~1000mgとされています。

市販のサプリメントでは、ガルシニアエキスとヒドロキシクエン酸(表記はHCA)の両方の含有量を表記したものが多いのですが、ダイエットや肥満予防のためにガルシニアを摂取する場合には、ヒドロキシクエン酸の含有量を重視するのがよいでしょう。

サプリメントを摂取するタイミングは、食事の30分前に摂取するのが効果的であると言われています。

厚生労働省の通知

国立医薬品食品衛生研究所は、ガルシニアパウダーを動物に長期間投与すると、精巣に悪影響を及ぼすことを発表しています。

ただし、この実験で用いたガルシニアパウダーは、人間の体重で換算すると非常に量が多いため、サプリメントから成分を摂取する場合に問題が生じるとは考えにくいとも指摘されています。

2002年、厚生労働省がガルシニアの成分を継続的に摂取する場合、ヒドロキシクエン酸換算で1日に1500mgを超えないように通知を行っています。

ガルシニアを摂取する場合には、多量に摂取し続けることを避けましょう。

ガルシニア摂取により生じる可能性のある副作用と注意点

ガルシニアの摂取を開始した後、1日から数日間にわたり、身体のほてりやだるさ、喉の渇きといった症状が見られることがあります。

これらは糖尿病の症状に似ており、血糖値が恒常的に上昇し続けることによるものです。

また、血糖値が上がると体内の浸透圧が上昇するため、水分が多く必要になります。ガルシニア摂取中は、意識的に水分を補給するようにしましょう。

ペットボトルの水を飲む女性

ガルシニアのサプリメントは、子どもや妊娠中の人、高血圧の人、糖尿病や心臓疾患のある人は摂取を避けましょう。もともと高血糖の人や、血液の流れを潤滑にする必要がある人は、ガルシニアを摂取しない方がよでしょう。

ガルシニアで無理なくダイエット!【食欲を抑え脂肪を燃やす?】のまとめ

ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸は、天然の植物由来の成分です。しかし、人体に及ぼす作用は大きく、血糖値を上昇させ、脂肪の合成を抑制します。これらは、ダイエット中の人にとってはとてもありがたい作用ですが、疾患を持っている人にとって危険であることもあります。現在投薬治療を受けるなど医師による体調管理下にある場合は、摂取する前に必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。サプリメントを安全に使用して、ダイエットの効果を高めましょう。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top