もつ鍋のカロリーとダイエット中の食べ方とは?

もつ鍋は冬になると食べたくなりますよね。しかしダイエット中だとカロリーが気になるところですが、食べ方にとってはダイエット中にも美味しくもつ鍋を食べる事ができますので、おすすめの方法をご紹介いたします。

もつ鍋

近年女性に人気のもつ鍋。その理由は、コラーゲンがたっぷりと含まれているから……ということですが、このもつ鍋、ヘルシーな料理なのでしょうか?ダイエッターとしては、カロリーなども気になるところ。そこで、今回はもつ鍋のカロリーやダイエット中に注意したい食べ方などについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

もつ鍋のカロリーは?

ホルモン・キャベツ・もやし・ニラ・ごぼう・にんにくなどの具材が入ったもつ鍋のカロリーは、100gあたり74kcal。

1人前(524.75g)で388kcalとなっています。

このカロリーは、すき焼きやキムチ鍋に比べると大分低めです。

キムチ鍋

参考⇒野菜たっぷり栄養満点の鍋料理のカロリー!【ダイエット中の食べ方は?】

ご紹介したカロリーは、牛の小腸を使用したもつ鍋のカロリーです。

牛の小腸はコレステロールを多く含むため、ご紹介したもつ鍋は脂質の量が多く、脂質の占めるカロリーは200kcal以上となっています。

もつは、牛と豚、大腸と小腸という部位の違いによってカロリーが異なります。

牛の小腸は、牛の大腸よりも100gあたり120kcalほどカロリーが高くなっています。

カロリーカットを目指すなら、小腸よりも大腸がおすすめです。

もつ鍋には野菜が使用されるため、ビタミン類やミネラル類も豊富に含まれています。

三大栄養素のうち突出しているものが脂質ですが、たんぱく質もある程度含まれており、野菜も入っているため、ダイエット中であっても食べてはいけない料理ではないでしょう。

もつ鍋のダイエットポイントはここ!

もつ鍋には、ダイエットをサポートしてくれるキャベツやニラといった野菜が使われています。

春キャベツ

参考⇒キャベツダイエットは1週間でも成功できる?【ドレッシングと味付けに注意】

キャベツには、アブラナ科の野菜に含まれる「イソチオシアネート」が含まれています。

イソチオシアネートは強力な抗酸化作用を持っています。

イソチオシアネートのような抗酸化物質は、身体を老化から守り、代謝の低下を抑制してくれる物質です。

ダイエッターはより意識して、抗酸化物質を摂取するようにしましょう。

また、ニラには「アリシン(硫化アリル)」と呼ばれる物質が豊富です。アリシンは強力な抗酸化作用を持つとともに、ビタミンB1と結合して糖代謝を促進し、血糖値の上昇を抑制する作用もあると言われています。さらに、血液の循環がよくなり、冷えやむくみの改善作用が期待できます。

スポンサーリンク

ダイエット中のもつ鍋の食べ方は?

ダイエット中にもつ鍋を食べる場合は、次のような食べ方をしましょう。

スープは残して塩分カット

もつ鍋のスープは塩分が多いため、汁は飲まずに具のみを食べる食べ方がおすすめです。

もつ鍋

具材としては、カリウムを豊富に含むニラをしっかりと食べてむくみ予防を。カリウムが余分なナトリウムを体外に排出するサポートをしてくれるため、塩分過剰摂取により引き起こされるむくみの改善効果が期待できます。

もつにはコレステロールが豊富に含まれることを意識

食べるとお肌がプルプルになると言われるもつ鍋ですが、もつに含まれるコラーゲンは、直接肌に働きかけるわけではありません。

苦笑いをしながら指でバツ印を作る女性のイラスト

そのため、美容効果を狙うなら、コレステロールが多いもつを食べるのは控えめにしておく方がよいでしょう。

ただし、コレステロールは身体の健康維持に必要不可欠な物質でもあります。

もつを食べるのを避けるのではなく、食べる量を控え目にする意識を持ちましょう。

しめの糖質は避けたい

鍋物を食べると、つい「しめ」で麺やごはんを入れたくなります。

雑炊

しかし、ダイエット中は、しめは我慢したいところ。

もつ鍋のスープに麺やごはんを加えた場合、スープの塩分やもつから流れ出た脂質を一緒に摂取することになります。

ダイエット中は味の濃い料理は避けたいところです。また、もつ自体にコレステロールが豊富なため、余分な脂質の摂取は避けるべきと言えます。

どうしても主食が食べたい場合は、鍋とは別に白いごはんを適量食べるのがおすすめです。

仲間内で鍋を食べる時など、しめを断りにくい時には、量を控え目にしておきましょう。

しっかり咀嚼する

もつは噛み切りにくい食材です。

そのため、あまりよく噛まずに飲み込んでしまうこともあります。

しかし、咀嚼は食事による満足感を得るために必要な行為です。不必要に食べすぎてしまわないためにも、しっかりよく噛んで食べるようにしましょう。

野菜をたっぷり食べる

もつ鍋に加える野菜は、ダイエット効果をサポートしてくれるものばかり。しっかり食べて、ダイエット成分を摂取しましょう。

もつ鍋

また、野菜から得られる食物繊維は腸内環境を整えるために必要な成分です。ダイエット中に滞りがちなお通じをスムーズにするためにも、積極的に摂取してください。

もつ鍋のカロリーとダイエット中の食べ方とは?のまとめ

大勢で囲む鍋料理はおいしくて楽しいもの。ダイエット中であっても、無理に我慢はせずに、参加してOKです。もつ鍋を食べる時は、さりげなく食べ方を意識して。ダイエット中はとかく我慢しがち。しかし、大切なのはストイックに食生活を管理することではなく、太りにくい食べ方を身に着けることです。意識を変えて、前向きに楽しみましょう。

もつ鍋
最新情報をチェックしよう!