ダイエットブックBIZ

<今週の注目ダイエット方法>

おからパウダーを使ったダイエット方法とは?

 

今人気のダイエット方法を徹底解明!⇒おからパウダーのダイエット効果は?【普段の食事にプラスするだけ!】

スポンサードリンク

今月のおすすめ!

本気でヤセたいなら・・・
人気の酵素ドリンクでダイエット!
バナー原稿imp

監修ドクター

工藤先生 監修ドクター
工藤孝文先生
工藤内科 ダイエット外来医師
「世界一受けたい授業」減量外来ドクター
「ホンマでっか!?TV」肥満治療評論家
工藤先生ご出演情報

・「からだにいいこと9月号」の巻頭特集をご監修されます。

詳しくはコチラ⇒工藤孝文先生のご紹介ページ

※記事監修ドクターは、広告には携わっておりません。掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

野菜たっぷり栄養満点の鍋料理のカロリー!【ダイエット中の食べ方は?】

スポンサーリンク

鍋はダイエットをするためには鍋の種類のカロリーを前もって把握しておこないといけません。鍋に入れる具材やスープによってカロリーは変化しますので、効率よくダイエットするための方法と食べ方をご紹介します。

寄せ鍋

野菜をたっぷりと食べられて、身体が温まる鍋料理は、とてもヘルシー。美容と健康に嬉しいメニューです。ダイエット中にも是非活用したいですが、鍋料理の実際のカロリーはどのくらいあるのでしょうか?また、太りにくい食べ方は?鍋料理のカロリーと、ダイエット中の食べ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

鍋料理のカロリーは?

代表的な鍋料理のカロリーをご紹介します。

キムチ鍋

キムチ鍋のカロリーは、1人前約350kcalです。

キムチ鍋

具材は、豚肉(もも)60g、木綿豆腐75gの他、長ネギ・にら・もやし・えのきだけといった、低カロリーの野菜・きのこ類、他に白菜キムチ、春雨などを用いています。

この他、コチュジャンなどの調味料のカロリーが含まれます。

寄せ鍋

寄せ鍋のカロリーは、1人前255kcal程度です。

寄せ鍋

具材には、豚肉(バラ)30g、たら50g、焼き豆腐50gといったたんぱく源の他、大根・にんじん・白菜などの野菜と、白滝・しいたけといった、低カロリーの食材を用いています。

味付けは、昆布出汁に食塩と醤油、酒。シンプルな寄せ鍋のカロリーです。

水炊き(鶏の水炊き)

水炊きのカロリーは、1人前約360kcalです。

水炊き

具材には、鶏肉123g、絹ごし豆腐67gといったたんぱく源の他、春菊・白菜・にんじん・長ネギなどの野菜、しいたけ・しめじなどのきのこ類を用いています。

味付けは、昆布出汁と塩、酒です。

鶏の水炊きは、鶏から出汁が出るため、少ない調味料で深みのある味わいを引き出すことができます。

スンドゥブチゲ

スンドゥブチゲのカロリーは、1人前約700kcalです。

スンドゥブ・チゲ

具材としては、豚肉100g、ゆし豆腐125g、卵1個の他、あさり、キムチ、長ネギを用いています。

さらに、ごま油やコチュジャン・唐辛子・醤油・酒・おろしにんにくなどの調味料を用いています。

肉や豆腐が多いため、カロリーはやや高めです。

海鮮鍋

海鮮鍋のカロリーは、1人前約250kcalです。

海鮮鍋

具材としては、真だら50g・イカ30g・ブラックタイガー30g・ホタテ60g・はまぐり(殻つき)100gといった魚介類の他、白菜・春菊・水菜・しいたけなどの野菜・きのこ類を用いています。

味付けは、かつお・昆布の合わせ出汁、酒、みりん、食塩です。

もつ鍋

もつ鍋は、1人前約400kcalです。

具材は、牛もつ100gの他、きゃべつ・もやし・ニラ・ごぼうなどの野菜を用いています。

味付けは、かつお出汁に醤油・みりん・砂糖・酒・にんにく・唐辛子・塩などです。

鍋料理はダイエット中におすすめのメニューは?

冬になると、出番が増える鍋物。

鍋料理は、手軽に作れる反面、不足しがちな野菜を摂取するのにぴったりの料理です。

白菜 鍋

参考⇒鍋ダイエットの効果を実感するなら一週間の継続?【痩せた口コミも!】

葉野菜やきのこなど、加熱することでかさが減る食材をたっぷりと食べられる上、肉や豆腐からたんぱく質を摂取でき、栄養バランス的にも優れています。

調味料次第で味の変化を楽しめる点も魅力です。

スポンサーリンク




ダイエット中の鍋料理の食べ方は?

ダイエット中に鍋料理を食べる際は、以下のような食べ方を心がけましょう。

1.野菜やきのこをたっぷりと用いる

鍋は、ビタミン・ミネラルなどの栄養素や食物繊維をたっぷりと摂取するチャンス。

葉野菜の他、ネギやにらなどの香味野菜、きのこ類をたっぷり加えて作りましょう。

色んな種類のきのこ

参考⇒きのこダイエットで効果を出す方法!【どんな種類が最適?】

食物繊維による整腸作用や、フィトケミカルの作用により、ダイエット効果が高まることが期待できます。

2.脂質の少ない具材がおすすめ

ダイエット中に鍋を食べるなら、たくさん食べても太りにくいものがおすすめです。

加える具材は、脂質の少ない魚介類の他、肉も脂質の少ない部位を選びましょう。

豚肉の場合はもも肉やロース肉、鶏肉はもも肉でもOKですが、皮を除くのがおすすめです。

3.春雨よりも白滝

春雨は、喉ごしがよくさっぱりと食べられるため、ヘルシーなイメージがあるかもしれません。

しかし、春雨の原材料はデンプン。

糖質が多く含まれるため、ダイエット中は春雨よりも白滝や糸こんにゃくを用いる方がよいでしょう。

糸こんにゃく

参考⇒糸こんにゃくダイエットの効果と方法とは?【短期間での減量も可能!】

どうしても食べたい場合には、少な目に。または、一緒に食べるごはんの量を調整するなどして、糖質の摂取量を抑えるようにしましょう。

4.さっぱり系の味付けを

味の濃いスープは、カロリーが高いだけではなく、塩分や糖質量が多くなりがち。

また、味付けが濃いとごはんが進むため、鍋はシンプルな味付けをおすすめします。

鍋物には、たくさんの具材を加えます。

野菜や肉、魚介類から旨味が出るため、あれこれと調味料を加えなくても、味わい深い一品に。

5.しめは避ける方が無難

鍋物をすると、最後にうどんやごはんを加えて「しめ」とすることが多いもの。

ダイエット中は、このしめは我慢するのがベター。

しめに雑炊などを食べると、鍋の煮汁に溶け出た肉などの脂質をそのまま摂取することになります。また、雑炊やうどんは噛まずに食べられてしまうため、自然に食べる量が多くなってしまうことも。

主食はしめにするのではなく、鍋とは別に食べるようにしましょう。

野菜たっぷり栄養満点の鍋料理のカロリー!【ダイエット中の食べ方は?】のまとめ

鍋料理を食べる際は、主食を食べすぎないように注意しましょう。鍋には、肉や豆腐などのたんぱく源と、様々な野菜を用いることで、栄養バランスのよいメニューとなります。後は、味付けに注意すればOK!栄養バランスを考えてあれこれと料理を作るのは大変ですが、鍋なら簡単です。色々な鍋をとり入れて、ダイエットを楽しみましょう。

工藤先生 監修ドクター
工藤孝文先生
工藤内科 ダイエット外来医師
「世界一受けたい授業」減量外来ドクター
「ホンマでっか!?TV」肥満治療評論家
※記事監修ドクターは、広告には携わっておりません。掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。