ダイエットブックBIZ

<今週の注目ダイエット方法>

おからパウダーを使ったダイエット方法とは?

 

今人気のダイエット方法を徹底解明!⇒おからパウダーのダイエット効果は?【普段の食事にプラスするだけ!】

スポンサードリンク

オスモチンでダイエット効果!【野菜をたっぷり食べると痩せる?】

スポンサーリンク

オスモチンを摂取することでダイエット効果を高めると口コミでも人気ですが、そもそもオスモチンとは?太りやすくなったという方やダイエットをスタートする方はオスモチンをチェックしましょう!

野菜

オスモチンはダイエット効果を高めるといわれています。近年話題になっている「アディポネクチン」は、脂肪を減らし、血糖値を正常に保つ作用を持つ物質です。内臓脂肪がつき過ぎたり、運動不足などにより分泌量が低下する物質でもあり、これが減ってしまうと太りやすくなってしまいます。そこで、「オスモチン」の出番です。摂取することでダイエット効果を高めるオスモチンについて、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

オスモチンを摂取して痩せ体質を目指す!

「オスモチン」は「食べるアディポネクチン」とも呼ばれており、食品から摂取することができる物質です。

オスモチンダイエットは、特定の食品を積極的に摂取することにより、痩せ体質を作り出すダイエット方法です。

痩せた太った

特定の……と言っても、難しいことはありません。

私たちが日ごろ口にする食品を、意識的に多く摂取するのがこのダイエットのポイントです。

このダイエットで多く食べてほしいのは「オスモチン」が含まれている食品です。オスモチンを含む食品を中心に、バランスのよい食事を摂り続ければ、内臓脂肪が減り、ポッコリお腹が改善されることが期待できます。

色々な食材

参考⇒バランスの良い食事はダイエットに効果的?【おすすめメニューは】

植物に含まれるファイトケミカル「オスモチン」

オスモチンは、植物由来のペプチドで、ファイトケミカルの一種です。

植物は、紫外線や害虫などから身を守るために、苦みや辛味などの元となる化学物質を作り出します。これがファイトケミカルです。

ファイトケミカルは人にとって有益な作用を持っていることが多く、近年注目されている物質です。

アディポネクチンとよく似た物質

オスモチンは、最近よく話題にのぼるようになった「アディポネクチン」とよく似た構造をしています。

また、似ているのは構造だけではなく、体内に取り入れられるとアディポネクチンに似た働きをすることもわかっています。

アディポネクチンは、動脈硬化の抑制や、抗炎症作用があることで知られる、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの1つです。

このホルモンには、脂質や糖質の代謝を行う作用もあるため、問題になっているメタボリックシンドロームの予防への活用が期待されています。

アディポネクチンの受容体を活性化

オスモチンには、アディポネクチンの受容体を活性化させる作用があります。

「受容体」とは、細胞の表面や内部に存在する物質で、ホルモンや神経伝達物質、ウィルスなどと結合し、細胞の機能に影響を与えるものです。アディポネクチンの受容体が活性化されると、アディポネクチンの作用が高まり、より効果が強まります。

また、オスモチンはアディポネクチンの受容体の活性化だけではなく、アディポネクチンと同様の働きをするため、アディポネクチンの分泌量が少ない場合への活用も期待されています。

アディポネクチンは内臓脂肪の細胞から分泌されますが、脂肪細胞が巨大化することで分泌量が減少します。

アディポネクチンの作用が弱い場合、血糖値や血中コレステロール値の上昇が起き、動脈硬化などの病気のリスクが高まります。

コレステロールのイラスト

オスモチンを摂取することでアディポネクチンの不足を補い、こうした病気の予防に寄与すると考えられています。

オスモチンの驚くべき作用とは?

ダイエット効果を高めるオスモチンの作用としては、糖質と脂質の代謝を高めるというものです。

これにより、内臓脂肪の減少などの効果が期待できます。

内臓脂肪のイラスト

参考⇒内臓脂肪の落とし方の3つの法則とは?【食事と運動でラクラク!】

オスモチンを含む食品を選んで食べることで、これらの効果が得られるとされ、従来のように厳しい食事制限は必要ないのがオスモチンダイエットの魅力です。

参考⇒食事制限ダイエットは短期で効果を出せる!【停滞期は長い?】

また、肥満に関わる病気に対する作用としては以下のものがあります。

メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうちの2つ以上が合併した状態を指します。

このメタボリックシンドロームは、生活習慣病につながることも多く、注意が必要です。

腹部周りを計測する男性

参考⇒メタボを解消するダイエット方法は?【まずは内臓脂肪を減らす!】

オスモチンにはアディポネクチン受容体を活性化させる作用があるため、メタボリックシンドロームの予防効果が期待できます。

菜食が身体によいのは「オスモチン」の作用だった?

菜食を実践すると健康的な身体になるということは、昔から知られてきましたが、かつては肉を食べないことによる健康効果であるとされてきました。

しかし、現在は野菜をたくさん食べることでオスモチンの摂取量が増えることが、菜食の効果に関わっているのではないかと言われています。

野菜や果物を摂取すると、オスモチンの他ビタミンやミネラル、食物繊維など美容と健康に役立つ成分をしっかりと身体に取り入れることができます。

果物と野菜

そのため、オスモチンを食品から摂取することは、ダイエット効果をより高めるのです。

オスモチンは野菜から摂取するのがおすすめ!

オスモチンをしっかりと摂取するためには、1日に野菜を350g以上摂取するようにします。

野菜

特に、オスモチンが含まれている代表的な野菜を中心に摂取するのがよいでしょう。

果物にもオスモチンが含まれるものが多いため、適度に摂取するようにします。ただし、オスモチンを果物から摂取しようと果物を多く食べてしまうと、果糖を摂り過ぎてしまう可能性があります。

果糖は脂肪に変わりやすいため、果物を摂取する場合には、1日に自身のこぶし1個分程度の量までにとどめましょう。

オスモチンを含む食品とは?

オスモチンを含む食品には、以下のようなものがあります。

  • じゃがいも
  • とうもろこし
  • ピーマン
  • トマト
  • りんご
  • ブドウ
  • キウイ
  • さくらんぼ
  • 酵母

皮ごと食べるのがおすすめ

オスモチンは、ファイトケミカルという性質上、紫外線や外敵にさらされやすい外皮の部分に多く存在します。

そこで、オスモチンをより効率よく摂取するためには、オスモチンを含む野菜などを皮ごと食べるのがおすすめです。

両手でトマトを持つ

また、オスモチンは熟す前の果実の方が多く含まれると言われています。

完熟する前のトマトや緑色のピーマンなどを意識的に摂取するようにしましょう。

りんごやブドウなど、皮ごと食べることができるものは皮ごと食べるようにしましょう。

りんご

これらの果実の皮にはポリフェノールが豊富に含まれているため、皮ごと食べることでよりダイエット効果が高まります。

同時に行うのがおすすめ。アディポネクチンを増やす習慣

オスモチンの摂取とともに、是非意識したいのが「アディポネクチンを増やすこと」です。

アディポネクチンは、直接食品から摂取することはできませんが、アディポネクチンを増やす食品を摂取することや運動などにより、間接的に増やすことができます。

スポンサーリンク




なじみ深い食品でアディポネクチンを増やす

アディポネクチンを増やす成分は、日本人の私たちにはなじみ深い食品に多く含まれています。

どれも和食を心がけていれば自然に摂取できるものばかりですので、アディポネクチンを増やして自然に痩せるためには、和食中心の食生活を目指すのがおすすめです。

和食

大豆タンパク

アディポネクチンを最も効率よく増やすのが大豆タンパクであるとされています。

大豆タンパクに含まれている「β-コングリシニン」と呼ばれる物質が、アディポネクチンの分泌量を増やすことがわかっています。

もともとこの物質は、内臓脂肪を低下させる物質として注目されています。

大豆タンパクを摂取するためには、豆腐や納豆などの大豆製品を摂取するのがおすすめです。

大豆でできている食品

毎日の食生活にこれらの食品を取り入れることで、アディポネクチンの量を増やすことができます。

EPA

EPAは、青魚に含まれる良質の油です。

DHA EPA

この油の性質として、中性脂肪を減少させる特徴があります。これがアディポネクチンの分泌量を増やすことにつながるとされています。

サンマやサバ、アジといった、日本人におなじみの魚を食事に取り入れるようにするとよいでしょう。

また、魚を食事に取り入れるのが難しい場合には、サプリメントを活用してもよいでしょう。

DHA EPA

参考⇒オメガ3系脂肪酸はダイエットに効果的?【サプリで手軽に!】

食物繊維

食物繊維にもアディポネクチンの分泌量を増やす作用があるということがわかっています。

食物繊維と言うと、野菜をイメージしがちですが、シリアルなどから摂取しても有効であるとされています。

そこで、野菜の他オールブランなどのシリアルを食事に取り入れるのもおすすめです。

皿に入ったオールブラン

参考⇒オールブランダイエットの効果は?【糖質は多いので注意!】

毎朝オールブランを食べている人は、食べていない人に比べアディポネクチンの分泌量が多いという報告もあります。

マグネシウム

マグネシウムは、ミネラルの一種です。

このマグネシウムにも、アディポネクチンの分泌量を増やす作用があることがわかっています。

マグネシウムを豊富に含む食品には、ごまやアーモンドなどのナッツ類の他、大豆や緑黄色野菜などがあります。

アーモンド

参考⇒アーモンドダイエットはカロリー大丈夫?【効果の口コミは】

豆腐を作る際に加えるにがりの主成分はマグネシウムですので、マグネシウム摂取源として豆腐を食べても。

低糖質と適度な運動を

アディポネクチンの分泌量を増やすためには、内臓脂肪の量が多すぎないことが大切です。

これには、内臓脂肪を増やさない努力と、適度な運動により過剰な脂肪を減らすことが有効です。

そこで、心がけたいことが以下の2点です。

1.糖質の摂取量に注意する

糖質を過剰に摂取すると、インスリンと呼ばれるホルモンの働きにより、脂肪の合成が促進されてしまいます。内臓脂肪が増えすぎると、アディポネクチンの分泌量が低下するため、内臓脂肪の量を適正に保つ必要があります。(脂肪が少なすぎてもアディポネクチンは分泌されません)

アディポネクチンを増やすためには、糖質を摂取しすぎないように注意する必要があります。

また、血糖値の急上昇を抑制することでインスリンの分泌量をコントロールできると考えられています。

参考⇒血糖値ダイエットは食べ順で効果大!【食事方法は野菜から?】

通常の量の糖質を摂取する場合でも、糖質を摂取する前に水溶性食物繊維を摂取したり、タンパク質を摂取することで血糖値の上昇速度が緩やかになるため、食べる順に気をつけることも有益です。

参考⇒食べ順ダイエットの効果的なやり方はコレ!【焼肉やラーメンも食べれる?】

2.運動により内臓脂肪を減らす

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ落としやすい脂肪であると言われています。

参考⇒皮下脂肪を効果的に減らす3つの方法とは?

内臓脂肪を効率的に落とすためには、有酸素運動が効果的であるとされています。

身体に過度の負担をかけることなく、余分な脂肪を燃やす有酸素運動としては、ウォーキングや水中ウォーキングがおすすめです。

水中ウォーキング参考⇒水中ウォーキングで痩せる!【効果的な歩き方は?】

有酸素運動は20分以上行うことで効果を発揮します。これは、続けて行う必要はありません。細切れでもよいので、1日に20分以上、できれば30分ほどのウォーキングを行うのがよいでしょう。

オスモチンでダイエット効果!【野菜をたっぷり食べると痩せる?】のまとめ

健康的な食事を心がければ自然に摂取できるオスモチン。アディポネクチンの働きをサポートし、効率的に脂肪を燃焼させるためにも、是非毎日の食生活にオスモチンを含む食品を取り入れるようにしましょう。
一般的なダイエットと異なり、一種類の食品だけを食べ続けたり、食事量を制限する必要はありません。健康的な身体を手に入れ、ダイエット効果も期待できるオスモチンダイエット。トライする価値ありです。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。