ダイエット速報

女性向けのお悩み解決記事を医療の専門家が執筆!生理中のダイエットは?

生理前にどうしても過食が止まらない、更年期など女性ならではの悩み、それらについて専門家が解決する記事を執筆するサービス「Kampo contents service」が立ち上がり、10月14日から「生理前の過食を漢方で優しく改善!」というテーマで記事執筆を受け付けました。こちらでは、そのサービスについての詳細や、生理中のダイエットについても紹介します。

医療の専門家が記事執筆するサービスとは?

ロイヤル漢方クラブという、医師や薬剤師、鍼灸師が集まって、漢方のプロとして研究や実践を行っているクラブが行っているサービスが、「Kampo contents service」です。こちらのサービスで、女性特有の悩みの解決方法が詰まった記事を専門家が執筆するサービスが行われます。専門家が執筆、監修した記事が欲しいメディアに向けて記事を提供するサービスとなっています。

記事内容の例として、「生理前の過食を漢方で改善」「更年期の便秘の改善」「更年期の気分の落ち込みの改善」などです。女性なら誰もが抱えるであろう悩みを、漢方を通して解決に導きます。

「生理前の過食」については、食べる・動く・休む・デトックス・漢方薬など様々な切り口から家でも気軽に取り組める解決法を紹介してもらえるそう。医師が執筆したり監修したりすることで、より説得力のある文章を提供することができますよね。

生理時期のダイエットについて

生理前や生理中は、ダイエットが停滞してしまうなと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?こちらでは、生理中も太らないための方法をまとめていきます。

生理前はむくみやすいのでどか食いしないでキープを意識

排卵後から生理が始まるまでは、体が必要なものをどんどん吸収して水分なども外に出さない時期に入ります。そのため、どうしても体がむくみやすくなり頑張っても痩せないという時期に。そのため、ストイックに痩せようとするとイライラとストレスが溜まってしまうので、どか食いしてしまいがち。そうならないため、むくみやすく痩せにくいのは生理前だからと割り切って、どか食いしてリバウンドしないようにという意識を高めましょう。

生理中は体を温め無理をしない

生理が来ると、体はどうしても疲れやすくなるので、無理をしないのがポイント。つかれるなら湯船に入って、レッグウォーマーで足首を温めたりするのがおすすめです。生姜を体に摂り入れたり、内側から温めるのもおすすめ。運動はしても大丈夫ですが、追い込むほどの無理は厳禁。ストレッチなど体をいたわりながら動かしましょう。

まとめ

こちらの記事では、医師が執筆、監修を手掛ける女性特有の悩みを解決するサービスのご紹介から、生理中のダイエットについての情報をまとめました。女性の体は周期によってダイエットのしやすさが変わったり、気分の浮き沈みがあったり大変ですよね。しっかりと周期を把握して、うまく乗り越えていけるようにしましょう!

元記事:【記事提供】「生理前の止まらない食欲」を専門家が解説!アクセス倍増!女性が読みたい記事を医療の専門家が執筆

The following two tabs change content below.

fumi

ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ABOUT ME
fumi
ダイエットライター。質の高いダイエット情報をはじめて、ダイエットに関して楽しく面白い記事を発信しています。
ご褒美型わくわくダイエットアプリ!

ダイエットBOXアプリ

ダイエットBOXは、今までの「ツラい」「キツい」「楽しくない」「我慢」といったダイエットをもっともっと楽しくするためのアプリです。

招待コード:dietbookを使って登録すると、ナント100ポイントもらえます!

 

ダイエットにおすすめ!

【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ


【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?