ダイエットブックBIZ

<今週の注目ダイエット方法>

おからパウダーを使ったダイエット方法とは?

 

今人気のダイエット方法を徹底解明!⇒おからパウダーのダイエット効果は?【普段の食事にプラスするだけ!】

スポンサードリンク

ダイエット成功者がしている効果的な方法!【モチベーションも大事】

スポンサーリンク

ダイエットをしても成功する人、いつも失敗してしまう人と様々ですが、成功者はどのようなダイエット方法をしているのでしょうか?体験談を見ていると様々な成功の条件を見つける事ができましたので、ご紹介していきたいと思います。

atsushi

ダイエットを成功させるためには様々な事が必要であり、食事の内容や運動はもちろんですが、メンタルそしてモチベーションなども成功に大きくかかわってきます。ダイエット成功例をチェックして、効率よく行っていきましょう!

スポンサーリンク

ダイエット成功者は3食食べる?

食べなきゃ痩せるのは誰でもわかっていますが、ここにも大きな間違いがあるのです。

何でもかんでも「太るから」といって、食べない事はダイエットには逆効果です。

苦笑いをしながら指でバツ印を作る女性のイラスト

ずっと食べないでいられるならそれでも良いのでしょうが、生きるため、そして健康でいるためには食事は重要な手段です。

無理なダイエットをして健康害してしまったら、元も子もありません。

参考⇒健康的にダイエットする方法は食事が大事?【メリットたくさん!】

ダイエットを成功された方の例を見てみてもお分かりになるかと思いますが、みなさんは食事を抜くということはあまりしません。

基本原則として朝・昼・晩の3食をキチンと食べています。

食卓風景

ではなぜ、3食食べてダイエットに成功できているのでしょうか?何が重要なのでしょうか?

食事の方法がポイント!

3食食べながらダイエットすることがもっとも成功に近いダイエット方法です。

食べると痩せるという言葉は対義語のようなイメージがありますが、そうともいえないのです。

ポイントは、

どれだけ食べるか?ではなく、何を食べるか?

なのです。

カロリーが少ないからといって、こんにゃくばかり食べていても、続きませんし、おそらく体力がガクッと落ちるでしょう。

第一、ダイエットが続かないでしょう。

低カロリー&低糖の食事をすることで、一日のカロリー摂取量をセーブでき、成功へ近づきます。

スポンサーリンク




カロリーと糖。食べ合わせが重要!その方法は?

カロリーばかり気にしていると、ダイエットが思うように進まないことがあります。

その原因は「糖質」。

よく耳にするのが「炭水化物抜きダイエット」が続かないという失敗例。

白米を箸でつかむ

参考⇒炭水化物ダイエットで効果を出すなら夜を抜く!【食べていいものは?】

日本人は白米が大好きです。生まれてから、毎日のように食べているのに全然飽きることがない。これってとても不思議なことですよね?

麺やパンを毎日食べているときっと飽きるという人が多いかと思います。

しかし、白米は飽きるということがない。それはあなたの脳があなたへ「白米」を摂取しなさいと指令が出ているのです。

白米を箸で持つ

白米の糖質は非常に高く150g(お茶碗一杯程度)あたり約55g程度、糖質があるといわれています。白米だけではありません。主食といわれている、パンや麺類でも、糖質は高いといえます。

※パンは糖質制限した商品が販売されています。

だたこれらを食べてはダメということではなく、食べる量とタイミングを考えるということがポイントとなり、またカロリーばかりに意識がむいてしまうとよくありません。

白米の食べる量は極力するなくする、そして食べるタイミングは一番最後にする。食べ順ダイエットでも紹介されています。

参考⇒食べ順ダイエットの効果的なやり方はコレ!【焼肉やラーメンも食べれる?】

また、盲点なのは野菜や果物です。

野菜や果物はヘルシーといって、たくさん食べていると太ることもあります。野菜でいえば芋は糖質が多くふくまれていて、果物にも多く含まれています。

糖質は血糖値を急激にあげます。

糖質と血糖値の状に驚く女性のイラスト

参考⇒血糖値ダイエットは食べ順で効果大!【食事方法は野菜から?】

急激に上がると脂肪として蓄積されますので、食べる順番を考えながら食べましょう。

運動をして筋力アップ

痩せる為には、運動も欠かせません。

運動 女性

参考⇒運動ダイエットを効果的に行う方法!【食事制限だけのデメリットは?】

運動で脂肪を燃焼させる意味もありますが、それよりももっと重要な筋力アップをさせる目的があります。

基礎代謝という言葉がありますが、私達は毎日たくさんのエネルギーを使って動いています。

運動をしている時ではなく、

  • 臓器
  • 筋肉

など、これからが日々動いているのはエネルギーを使っているからです。呼吸するだけでも肺が動きます。心臓も常に動いています。

基礎代謝は全エネルギーのうちに約70%といわれています。運動で消費されるのは約30%程度。

この基礎代謝をあげるには、筋肉量をアップさせることが重要です。

筋肉がついている女性

筋肉は脂肪を燃やしてエネルギーに変換します。筋肉が少ないと脂肪の燃焼も少なく痩せにくい体といえます。

基礎代謝があがれば、普段何もしなくても、太りにくい体になります。

年齢を重ねて、「急に太りやすくなってきた」という方は、この基礎代謝の低下が主な原因です。

贅肉を両手でつかむ

参考⇒基礎代謝を下げずにダイエット方法は?【筋トレが効果的!】

筋力が落ちて基礎代謝が落ちているのに「食べる量は変わらない」このような経験ありませんか?

年齢にあわせた食事内容にするか?それとも基礎代謝アップのために、筋肉量を増やすかしていかないと、太る一途をたどってしまいます。

スポンサーリンク





メンタルとモチベーションも大事

ダイエットは自分との戦いというイメージがありますが、我慢だけではなかなか続かないのも現実です。

メンタルが安定しているとダイエットも成功しやすいので、たくさん頑張ったら自分へのご褒美をするのも良いと思います。

またダイエットに成功した後を想像してモチベーションを落とさずにする事も成功へのポイント言えます。

参考⇒ダイエットのモチベーションを上げる5つのポイントとは?【画像アリ】

ダイエットに成功者の体験談をチェック!

朝食の前にウォーキングをすると脂肪燃焼効果があると聞いたことがあり、さっそく始めました。

朝起きてから、30分~1時間ほど歩きます。初めの頃は無理なく、とにかくゆっくり歩くことに集中しました。

慣れてくると、若干早歩きでも疲れない身体に!!すると半年で6キロ痩せに成功し、見た目からもわかるくらい余分な脂肪が減りました。

食べることが好きな私は、食事制限だと逆にストレスで暴飲暴食の心配があったので3食のうち1食を低カロリーなものに替えました。

まずは野菜とサラダチキンだけの1食を作ってみたり、そうめんにしてみたり。

工夫次第でマンネリもなく楽しく続けられます。

もちろん、急な予定などで1食をダイエットメニューにすることが出来ない時もありましたが、そういう時は無理に食べない!!ということをせず、食べたいものを食べストレスを溜めないというスタイルを続けました。

この結果、3か月で3キロ。月に1キロペースではありますが自分に合っていると思います。

仕事や家事をしていると、なかなか運動する時間もなく食事でどうにか体重を減らせないかと思い、調べました。

炭水化物抜きダイエットは、あまり続かないとかリバウンドしやすいと聞いていたので、とにかく続きそうな事から始めようと思いました。

まずは野菜で腹5分目まで食べ、茶碗の白米を半分にしてゆっくり噛むことに!!するとすぐに満腹になり食事量が格段に減りました。

特にこれといった食事制限はしませんでした。順番やタイミングがどれだけ大切なのか分かりました。

ダイエット成功者がしている効果的な方法!【モチベーションも大事】のまとめ

私達の体は口から食べたもので、体を形成しています。逆を言えば食べたもの以外からは体はできないことを指します。今のあなたの体が昨日まであなたが食べたもので作られていますので、ダイエットを成功させるためにはまずは食生活の見直しからはじめましょう。

好きなものを好きなだけ食べていては太ってしまいます。「食べるもの」「食べる量」「食べるタイミング」これらを考えてながら、ダイエットをしていくことが成功への近道といえます。

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。