ダイエットブックBIZ

コーヒーダイエットはインスタントでもOK?【飲み方で効果が変わる】

スポンサーリンク

コーヒーダイエットはクロロゲン酸の脂肪燃焼効果を期待するダイエット方法ですが、インスタントや缶コーヒーでもできるのでしょうか。またコーヒーの飲み方で効果が変化することはあるのでしょうか。

coffee02-min

コーヒーでダイエットができるなんてコーヒー好きには夢のようなダイエット方法ですが、これはポリフェノールであるクロロゲン酸の効果にあります。飲むコーヒーはドリップか、それともインスタントかなど飲み方をあわせてご紹介しております。

スポンサーリンク

コーヒーのダイエット効果とは?

コーヒーダイエットの効果とは、脂肪燃焼を高める事が最大の目的です。

様々な体系の中で、脂肪をまず無くしたいと思っている方に適しているダイエット方法で、コーヒーの中に含まれているクロロゲン酸とカフェインが脂肪燃焼の促進させる効果があります。

コーヒーを飲むとトイレが近くなることがありますよね。

Fotolia_46773932_XS-min

それはカフェインが働きかけるもので、カフェインには血行を良くする働きも同時に起こりますので、血行の循環を良くし基礎代謝が高まり、冷え、肩こりが解消され、足の浮腫みにも効果があります。

Fotolia_54196563_XS.jpg-min

そして、コーヒーには香りの癒しもあります。

Fotolia_41209654_XS-min

この香りの癒しというのは、ダイエットに欠かせない心の代謝を上げることで美肌にもよく、綺麗にダイエットが出来ます。

そして、ダイエットは続ける事がポイントです。

このコーヒーダイエットは毎日3杯のホットコーヒーを飲む、運動をする場合は2~30分前に飲む事がより効果が出ます。コーヒーは世界で最も多くの国で飲料されている飲み物。現代では国産品など、様々なコーヒーを見つけられる他、手軽にコンビニなどでも飲めるようになりました。

貴方にあった香りや味を楽しみながらコーヒーダイエットが出来ます。

コーヒーダイエットの飲み方とは?

コーヒーダイエット最大の目的は脂肪燃焼で、この脂肪燃焼で働くのがクロロゲン酸というポリフェノールです。クロロゲン酸は熱湯に弱いため熱湯でコーヒーを入れると失われるものと言われています。

80度前後のお湯で入れるのが効果的です。

coffee07-min

ダイエットというので1杯約5カロリーのブラックコーヒーが効果的ですが、ブラックが苦手な方は微糖がお勧めです。コーヒーに含まれているカフェインは砂糖を入れる事で減少しますので、微糖がお勧めです。糖質は控えめに。

satou-min

ブラックコーヒだとカロリーが少ないのでいいというだけで、ブラックでないと効果がなくなるという訳ではありません。寝る前にコーヒーを飲むのはお勧めましませんが、お昼ご飯や朝食後にコーヒーを取り入れるのはいかがでしょうか。

コーヒーを飲む若い女性

止まらない食欲をコーヒーで満足感を得る効果があります。カフェインの効果は飲んでから20分後です。

それから2時間持続するので、お茶した後は街を散歩する事で身体を動かし、脂肪燃焼を高められるので、運動をなかなか取り入れられない方でも楽しみながらのダイエットができます。

スポンサーリンク

インスタントでもOK?

インスタントコーヒーでも効果は現れますが、ドリップの方がカフェインとクロロゲン酸が多く含まれるという意味でドリップをお勧めしています。

coffee06-min

脂肪燃焼を助けるクロロゲン酸は熱に弱い為、ドリップコーヒーの豆を選ぶ際には深煎より浅煎がいいとされています。そしてコーヒーを入れる際お湯の温度は80度前後がクロロゲン酸を壊しません。

ドリップコーヒーをお勧めする理由の1つに、コーヒーにはジテルペン類という血中のコレステロール値や中性脂肪を上昇させる物質が含まれています。

この物質はペーパーフィルターでコーヒーをいれるとほとんど除去する事が可能です。なので、浅煎りを中挽きでペーパードリップしたコーヒーが1番コーヒーダイエット向きです。

缶コーヒーについては、缶コーヒーにもカフェインが含まれているのでコーヒーダイエットがもちろんできます。その際、缶コーヒーの砂糖入りはカロリーが高いため、ブラックをお勧めします。

coffee08-min

様々な飲み方がある中で、どれも効果は出ますので、まずは自分にあったコーヒーを飲むと良いです。

缶コーヒーなど手軽に買う場合に気をつけてほしいのが、水分補給として飲むこと。コーヒーは利尿作用が強いため水分補給には向いてません。貧血症の方は食後に飲むさいは30分あけてください。

コーヒーに含まれているタンニンには鉄分の吸収を妨げる作用があるためです。

カロリーはどれくらい?

コーヒーのカロリーはコーヒー100mlで大体5カロリーです。小さじスプーン1杯の砂糖を加える事で約20カロリー。缶コーヒの砂糖入りは50~100カロリーです。

市販のブラックコーヒーと表記されている商品について、通常食品の100mlあたり5カロリー以下であればカロリーゼロ、ノンカロリーと表記する事が許されているため、市販のコーヒーを買う際カロリーを気にする方はカロリーゼロ、ノンカロリー、砂糖不使用と表記されている商品には注意してください。

砂糖だけでなく、クリームを入れた際のカロリーももちろんカロリーが上がります。

coffee09-min

コーヒーの中にもラテ、フラペチーノなど甘いものがありますが、カロリーがある為コーヒーダイエットには残念ながら不向きです。

rate-min

コーヒーと一緒に甘いパンなどを食べるのも、カロリー摂取に繋がるためコーヒーダイエットには不向きです。

カロリーゼロだからダイエットに効果が出るということではなく、砂糖にはカフェインを壊してしまう働きが作用してしまうため、ブラックが苦手な方は微糖をお勧めします。

このようにコーヒーには飲み方でカロリーが変わるため、カロリーを気にし過ぎて食事を極端に減らしたり、カロリーの少ないものを選んだりするのはお勧めしません。コーヒーで栄養はほとんど摂れないので、食事は栄養のあるものを食べましょう。

そして、空腹時のコーヒーは口臭の原因になるのでなるたけ避ける。

Fotolia_38042755_XS-min

効果のあるコーヒーダイエットは綺麗作りのダイエットにも繋がります。

痩せた口コミは?

テレビでも紹介されたことのあるコーヒーダイエット。手軽に始められるのが1番ダイエッターにとっては嬉しいことです。

沢山の方がこのコーヒーダイエットを試して成果を残しています。

ダイエットのビフォーアフター

手軽の中にも砂糖ミルクが好きな人が実践した方法の中に、どうしてもミルクだけは入れたい。

そこで豆乳を入れてるといいという口コミがありました。

Fotolia_64693485_XS-min

砂糖の場合はオリゴ糖で代用するというアレンジでダイエットを成功させてる口コミがあります。

そして意外と多かった口コミが身体がカフェインになれてしまうという意見です。コーヒーダイエットの最大の目的は脂肪燃焼ですが、この作用が働かなければいけないので、身体がカフェインに慣れてしまい効果が止まってしまった場合、1~2週間お休みしてから再開するといいという口コミもあります。

1番効果的な飲み方は、3~4時間ペースで飲む事、そして運動前、食後、入浴前に飲むのが効果的ということです。

コーヒーはカフェインですので、入浴の時間帯が遅くなる場合は注意です。効果を出す時間帯、飲み方は、それぞれのライフスタイルと1日の時間帯の流れをみながら、自分に合った時間とコーヒーアレンジで始めるのが最大の効果といえます。

コーヒーダイエットはインスタントでもOK?【飲み方で効果が変わる】のまとめ

コーヒー好きには楽なダイエットかもしれません。飲み方や温度などを少し工夫するだけでダイエット効果をもっと得られるかもしれません。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top