ダイエットブックBIZ

ホットヨガダイエットの方法は難しい?【効果的な頻度と期間は】

スポンサーリンク

ホットヨガはダイエットに効果的なのでしょうか?消費カロリーは低いがある程度の頻度で行えば痩せやすい体を手に入れることができます。ダイエット効果を実感するための期間はどのくらい必要なのでしょうか。

yoga03-min

ホットヨガダイエットは自宅では難しいので、スタジオ等にいって行うダイエット方法です。しかし、発汗やデトックス効果は高いので頻度と期間を適切に行えばダイエット効果は期待できます。

スポンサーリンク

ホットヨガダイエットの効果は?

最近、特に女性に人気の『ホットヨガダイエット』ですが、どのような効果があるのでしょうか。

Fotolia_50198727_XS-min

まず、ホットヨガダイエットは『美しく痩せる』ことが出来ます。

Fotolia_53115832_XS-min

これが女性に人気の理由だと思います。

なぜ美しく痩せることが出来るのかと言うと、ホットヨガダイエットは大量の汗をかくので、デトックス効果があるからです。

ase-min

参考⇒デトックスダイエットで美肌効果あり!【スープや水の摂取方法は?】

内臓機能の強化および活性化、自律神経の正常化を促してくれるので、太りにくい体を作ることも出来ます。

Fotolia_42973318_XS-min

汗をかくことで代謝もよくなりますし、普段使わない筋肉を使うので筋肉が発達します。体が温まりますから、新陳代謝が良くなり、血液循環も良くなるという、健康面での効果も期待出来ると思います。

ホットヨガダイエットの方法は?

ホットヨガは、室温39~40度、湿度55~65%の部屋の中でヨガを行うことです。

サウナの中でヨガをするようなイメージですね。

sauna-min

温度・湿度ともに高い部屋でヨガをするので、通常よりも体が温まりやすくなります。

atatakai-min

柔軟性が上がるので、ケガの予防にもなりますし、筋肉の負担が少なくなるというメリットもあります。

Fotolia_32409540_XS-min

様々なヨガのポーズをとることで、色々な筋肉を使います。普段使わない筋肉も使うので、体を引き締めることが出来る、というわけです。

Fotolia_69785942_XS-min

ヨガは自宅でも出来ますが、ホットヨガとなると、やはり自宅で行うのは難しいと思います。ホットヨガをやるときは、ホットヨガスタジオなどに通うことになると思います。

おすすめのスタジオをココ!

ホットヨガをやりたいけど、自宅ではなかなか難しいですよね。そんな時にはここのスタジオをチェックしてみてはいかがでしょうか。

体験レッスンもありますので是非チェックしてください。

ヨガプラス|世界最高峰のヨガメソッドでホットヨガ

こちらもチェック!

【ホットヨガのカルド】

効果的な頻度は?

ホットヨガダイエットは、どのくらいの頻度で行うのが良いのでしょうか。

Fotolia_39417651_XS-min

筋トレだと、筋肉を休ませる時間も必要なので、毎日やるのはよくないと言いますよね。ホットヨガは、インナーマッスルと呼ばれる内側の筋肉を鍛えるので、筋肉に過度な負担はかからないと言われています。

ですから、極端な話毎日やっても良いのです。

ホットヨガの理想は週2日~3日くらいと言われています。

スタジオまで通わなければいけないので、週2日~3日でも難しいという人もいるでしょう。

yoga-min

そのような場合は、週1日でもかまいません。しかし、効果を上げるためにはやはり週1日では少ないです。週1日しか通えないという人は、自宅でヨガのポーズをするなど、積極的に『自習』を取り入れましょう。

成功しやすいの?

ホットヨガダイエットは、激しい動きではないので、運動が苦手な人でも続けやすいと思います。

yoga05-min

きちんと通えば、比較的効果は出やすいのかな?と思います。

しかし、ホットヨガダイエットが成功するかどうかは、やる人の性格にもよるかもしれません。

それは、ホットヨガダイエットが『自宅では出来ない』からです。

Fotolia_43933537_XS-min

自宅で好きな時間に出来るダイエットではないので、スタジオまで通うのが負担になってしまう人もいるかもしれません。行くのが億劫になって、やめてしまう人もいると思います。

逆に、一人だとダイエットを続けられない、サボってしまうという人は、スタジオに通うのは効果的ですね。

yoga06-min

また、ホットヨガダイエットはスタジオに通わなければいけないので、お金もかかります。お金をかけずに出来るダイエットもたくさんあるので、『お金がかかる』という点は、ダイエットが続くかどうかの鍵になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

食事も重要

ホットヨガダイエットを効率的に行うためには、食事の時間が重要になります。

Fotolia_50767979_XS-min

ホットヨガを行う前後2時間は、食事をしないようにしましょう。

それは、満腹時より空腹時のほうが体が動きますし、集中力も続くから、と言われています。食後に運動をすると気持ち悪くなる人もいますよね。これは、まだ食べたものが消化されていないからです。

では、ホットヨガのあと2時間は食事をしないほうが良いというのはなぜでしょうか。

それは、ホットヨガを行ったあとは体が『吸収しやすい』状態になっているからです。

Fotolia_18729402_XS-min

つまり、ホットヨガを行った直後に食事をすると、いつもより多く脂肪などが体内に吸収されてしまうのです。

運動のあとはお腹がすきますが、なるべく2時間は水やお茶だけで過ごしましょう。スタジオからの帰り道に、コンビニやファミレスに寄るなんてことのないようにしましょうね。

どのくらいの期間をやるの?

ホットヨガダイエットは、どのくらいの期間続けると良いのでしょうか。

Fotolia_48804183_XS-min

一般的には、ホットヨガダイエットの効果が出るまでは3ヶ月~1年くらいと言われています。中には1ヶ月で3キロ痩せたという人もいますので、やはり個人差が大きいと思います。

ホットヨガは、ダイエット効果だけでなくデトックス効果や太りにくい体への『体質改善』も期待出来ます。

Fotolia_42973196_XS-min

体質改善をするには、それなりの長い時間が必要になります。やはりホットヨガダイエットはじっくり取り組むのが効果的だと思います。

ホットヨガは、ダイエットに成功したあとも続けると良いと言われています。それは、やはりホットヨガには色々な健康面での良い効果があるからだと思います。日常的に運動をすることは心にも体にも良いことですね。

痩せない声も…

ホットヨガダイエットで痩せないという声もあります。

Fotolia_67477986_XS-min

これに対しては様々な意見がありますが、『ホットヨガダイエットでは基礎代謝は上がらない』という考えもあるようです。

基礎代謝を上げるためには、筋肉を増やす必要があります。

danberu-min

筋肉を増やすためには、『物理的プロセス』と『化学的プロセス=成長ホルモン』が必要である、と言われています。じっとしているヨガは、これらのプロセスには当てはまらない=筋肉は増えないそうです。

更に、動かないヨガはカロリーの消費も少ないと考えられています。

筋肉が増えなければ基礎代謝は上がらないので、ホットヨガでは痩せないという意見もあるのは事実です。

しかし、ダイエットには向き不向きがあります。それは、ホットヨガダイエットに限ってではありません。このようにホットヨガダイエットでは痩せないという意見があっても、自分に合っていれば痩せることは可能だと思います。

口コミの人気は?

では、ホットヨガダイエットの口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。

評価や評判を見るのに便利なのが、インターネットの口コミです。利用したことのある人も多いと思います。何度も言いますが、ホットヨガは専用のスタジオに通う必要があります。自分の住んでいる近所にスタジオがあるか?も、ホットヨガダイエットを始めるには重要ですね。

ホットヨガは、想像よりも汗をかいた、という声が多数あるようです。リフレッシュ出来たという人も多いです。

ホットヨガダイエットの方法は難しい?【効果的な頻度と期間は】のまとめ

ホットヨガはダイエットにも効果的ですが、普段汗をかきにくい方にはデトックス効果がありますので、スッキリしたい方にもおすすめです。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top