ダイエットブックBIZ

ハーブティーでリラックスダイエット!【冷え性改善と安眠効果も!】

スポンサーリンク

近年、巷では「お茶ダイエット」なるものが女性たちから支持され、だんだんとポピュラーなダイエットメソッドとして認知度が高まりつつあります。その中の1つが「ハーブティーダイエット」です。「ハーブティー」は中国式の「お茶の葉」に負けず劣らず、優れた美容健康効果をもつ優れた植物を使った飲み物です。

fotolia_99760293_xs-min

「ティー」は「ティー」でも、地中海の香り立つ西洋式の「ハーブティー」、今回は「ハーブティー」を使ってお洒落に痩せる「ハーブティーダイエット」をご紹介していきます!

本文を読む時間がない方は【30秒でわかる!「ハーブティーダイエット」ダイジェスト版!】をどうぞ!

スポンサーリンク

ハーブティーダイエットとは?

皆さまはハーブティーダイエットと言うダイエット法をご存知でしょうか?普段は馴染みの薄いハーブかも知れませんが、ハーブは料理の香り付けなどでよく使われていますね?

そしてこのハーブを煮出したハーブティーには、実はたくさんの効能があるということで人気を集めているのです。

ちなみにハーブとはある1種類の植物の名前ではなくて、食用や有用植物の茎や葉を薬用や香料に使用するものの総称のことです。

このハーブには薬に負けないくらいのヒーリング効果があるとされ、実際にヨーロッパでは医療の現場で使用されているケースもあります。

ハーブティーダイエットは、これらの様々な健康効果が期待できるハーブを飲んで実践するダイエット法なのです。

ハーブティーダイエットの効果とは?筆者おすすめのハーブティー3選!

先ほど少し触れましたが、ハーブと一言でいってもその効能は様々です。そこで、筆者がおすすめする、ダイエット効果が期待できるハーブティーを3つご紹介いたします。

「エルダーフラワー」の発汗作用が代謝を活発化させて脂肪燃焼を促進する

脂肪燃焼

「エルダーフラワー」はヨーロッパ原産の落葉樹に生える花のことで、イギリスなどで古くからなじみ深いハーブとして知られています。日本では「ニワトコ」とも呼ばれています。

ハリー・ポッターの魔法の杖は、このエルダーの木で作られているとか!それだけイギリス人には愛着のある植物なのですね。

さて、この「エルダー」を使った「エルダーハーブティー」には発汗作用があることで知られています。発汗は、わたしたちの基礎代謝をアップさせるメリットがあります。

この「エルダー」は、冷え性になりがちな女性にオススメです。なぜかというと、冷え性はダイエットの大敵だからです。体が冷えやすいということは、代謝が悪い証拠!

代謝が悪ければ、エネルギー消費効率が悪いために、脂肪燃焼がいっこうに進みません。しかし、「エルダー」で発汗を促進すれば、血流が良くなり、新陳代謝が活発化することになります。

代謝機能の向上は、身体のガソリンとなるエネルギーの消費量が多くなることを意味するため、その原料である脂肪の燃焼効率が同時に高まることになります。

またその一方で、この冷え性(=代謝が悪い)状態は「便秘」の原因にもなってしまいます。便秘ときけば、つい「食物繊維の不足」と結びつけてしまいがちですが、じつは「冷え性」もまた、便秘の根源としてよく知られている症状なのです。

みなさんも経験があるかと思いますが、身体が冷えているときってお通じが悪くなりますよね?それはひとえに、体温が低く、血行が悪いことによって、内臓の動きが鈍くなっているからなのです。

だから、エルダーハーブティーの発汗作用で代謝が良くなれば、必然的に内臓も活発に動きます。すると、腸の活動も良くなっていきますから、結果的に便通が改善されるのです。

エルダーハーブティーは、代謝を促すとともに便秘を改善させるという点で、まさに一石二鳥の効果を得られる優れもののハーブティーなのです。

「カモミール」のリラックス効果で質のいい睡眠を実現!「太りにくい身体」になる

睡眠をとっている女性のイラスト

日本でもかなりポピュラーな「カモミール」も「エルダー」と同様、イギリスで古くから親しまれているハーブです。

「カモミールティー」には、冷え性の改善や消化吸収を改善する効果があると言われていますが、ここでさらに特筆すべきなのは、「不眠症を改善する作用」です。

「植物カモミール(Matricaria chamomilla)は,ヨーロッパを中心に古くから鎮静効果をもつ植物として利用されてきた。カモミールの摂食によるリラックス効果及び睡眠影響について報告された論文を総説としてまとめた。カモミール茶の摂食が末梢皮膚温を上昇させる,心拍数を低下させる,自律神経系を副交感神経優位にするという報告,感情測定尺度(MCL-S.1)によってリラックス感得点の上昇を認めたことが報告されている。」

引用:北海道大学大学院教育学研究科 論文「総説 植物カモミールの摂食が心身に及ぼす効果」

女性は体調によってホルモンのバランスが崩れやすく、しばしば眠れない日が続いてしまうことがあります。

それにくわえ、ダイエットに励んでいるとなおさら体調が安定しなくなり、寝つきが悪くなりやすいので、「睡眠」はダイエッターの克服すべき課題と言えます。

なぜダイエットで「睡眠」が重要なのでしょう?それは、「質のいい睡眠」が「太りにくいカラダ」づくりに欠かせないからです。

わたしたちの身体は、肉体のメンテナンスや維持をするため、寝ているあいだに多くのエネルギーを必要とします。そのさい、足りないエネルギー(燃料)は、蓄えている「脂肪」から調達されます。つまりこれは、睡眠中の「脂肪燃焼」を意味するわけです。

「質のいい睡眠」とはようするに、「身体がメンテナンスをする時間の猶予を十分に確保できる時間」のことなのです。

だから、「質のいい睡眠」を確保する習慣を続けている人は、睡眠中でもエネルギー消費が活発なので、“寝ながらダイエット”状態を毎日継続できていることから、結果的に「太りにくいカラダ」をキープできていることになるのです。

「「成長ホルモン」はその名の通り、骨や筋肉など、体のあらゆる組織の成長と修復を促進してくれるホルモン。美肌づくりにも欠かせません。エネルギーの代謝をコントロールする働きもあり、筋肉をつくって燃えやすい体づくりを助けてくれる、ダイエットの強い味方です。入眠してから3時間くらいまでの時間帯にたくさん分泌され、8時間くらいまで出続けるといわれています。(東京大学生物産業学部食品香粧学科の客員教授:小西さやか氏)」

(引用:livedoorNEWS「睡眠診断付き!眠るだけで痩せやすくなる方法」

ところが、睡眠の質が悪いと、このような睡眠中の脂肪燃焼メカニズムがうまく機能しません。そうすると、身体には脂肪が蓄えられていく一方なので、脂肪の「蓄積」と「消費」が釣り合わなくなり、結果としてブクブク太ってしまうのです。

こうした理由から、睡眠の質がダイエットを左右するという結論に至ります。

また同時に、寝不足状態のときの身体は、食欲を促進する「グレリン」というホルモンが過剰に分泌されてしまうので、夜に「間食」をしたくなってしまいます。

これが太る原因になることは、いまさら言うまでもありませんね?

これらの理由から、「カモミールティー」の不眠症改善作用は、質のいい睡眠が不足しているダイエッターにはマストアイテムだと言えるでしょう。

冷え性、便秘、不眠症のトリプルの悩みを抱えている方には、「カモミールティー」がおすすめです。

スポンサーリンク






「セージ」の消化促進作用がエネルギー消費効率をアップさせる

「セージ」は“匂い消し”の効果があり、肉料理などにも広く利用されているので、日本でもよく知られたハーブです。原産は地中海で、世界各国でも人気が高く、現在ではなんと500種類もの品種が存在しています。

そんな「セージ」を使った「セージティー」には抗菌作用や整肌作用があると言われていますが、そのなかでもダイエットに役立つ有効な作用は「消化促進作用」です。

「セージには、消化薬としても優れた効果があるといわれています。セージの精油には消化器系の平滑筋を弛緩させる効果があり、苦味とともに食欲を刺激し、消化を助けるといわれています。さらに消化を促進する消化酵素と胆汁の分泌を促進し、胃の働きをサポートします。また、セージのハーブティーを飲むと胃腸内のガスを排出する効果があるといわれています。消化不良や下痢、大腸炎や肝臓病に有効だとされ、さらに殺菌作用があるため胃腸炎などの感染症を改善する効果が期待されています。」

引用:わかさ生活 わかさの秘密「セージ」

肥満の蓄積と深く関わっているため、身体の「消化力」は放っておけない要素です。

「消化力」が弱い人は、たいてい、胃腸の働きが弱い場合が多いのですが、このような状態の人は、食べたものを身体の“燃料”すなわち“エネルギー”に変換する効率が低いと言われています。

つまり、脂肪(エネルギー)を消費する力が弱いということを意味するのです。

だから必然的に、消化力が弱い人の身体は「脂肪の蓄積」と「脂肪の消費」が釣り合っていない状態に陥っているので、結果的に「太りやすくなる」という結論に至るのです。

こうしたことから、「セージ」の消化吸収を促進する作用は、生まれつき胃腸が弱い方や、早食いや食べ過ぎで内臓に負担をかけてしまっている人におすすめできるのです。

ハーブティーダイエットの方法は?

お茶 女性

「ハーブティーダイエット」は、基本的に継続して飲むことがもっともベターなやり方です。必ず守らなければならない「飲むタイミング」もありませんので、みなさんのお好きな時間に飲むのがよいでしょう。

とはいえ、筆者が個人的にオススメするのは「食後」や「就寝前」です。

食事は本来的に胃腸に負担をかける行為ですし、リラックス効果を得るという意味でも、これらのタイミングを狙って「ハーブティーダイエット」を実践するのが適切と言えます。

ただし、「これだけを飲んでいれば劇的に痩せる!」というわけではありませんのでご注意ください。あくまでも「ハーブティーダイエット」は、「適度な食事制限と運動をしている」という前提があって初めて成立するメソッドです。

ようするに「ハーブティー」は「ダイエットを補助する飲み物」だと考えてください。

ハーブティーダイエットには劇的な効果を見込むことは難しいですが、今の生活にプラスするだけの簡単な方法なので、美味しく飲めてダイエットになればいいという軽い気持ちで実践される方が良いかもしれませんね。

30秒でわかる!「ハーブティーダイエット」ダイジェスト版!

近年では、単純に食事制限をするのではなく、「食べて飲む」ダイエットが主流になりつつあります。低カロリーでヘルシーなダイエット食材をしっかり食べ、「痩せ体質」を促進する飲み物を飲む。そんな健康的なダイエットがいま人気なのです。

食事のお供に、そして嗜好飲料としても親しまれている「ハーブティー」の健康効果について解説しています。

”ハーブ”と一言で言っても、ハーブの種類は実に様々!取り入れるハーブの種類によって、期待できる効果も多種多様なのです。

本記事では数あるハーブティーの中でも

  • エルダーフラワー
  • カモミール
  • セージ

の3つに絞って、そのダイエット効果を解説しています。

それぞれのハーブティーを、その効果ごとに上手に使い分けるのもダイエット成功のポイントですよ!

スポンサーリンク

お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!


詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

ダイエット外来でお馴染み!工藤孝文医師の新刊

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方ダイエットブックでもいつもお世話になっているダイエット外来医師の工藤孝文先生の新刊がでます。是非チェックしてくださいね。

著書名

9割の患者を成功させた!ダイエット外来医師が教える リバウンドしない血糖値の下げ方(笠倉出版社)

関連記事

ダイエットにおすすめ!


【メタバリアEX】約14日分トライアルパックが【500円+税 送料無料!】⇒公式ショップはコチラ


【ファンケル】たっぷり14日分!大人のカロリミット♪お試し2週間分+1袋にて1,000円(税込)⇒公式ショップはコチラ



ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。