ダイエットブックBIZ

小豆水ダイエットは簡単な方法で効果的!【気になる作り方は?】

スポンサーリンク

小豆水ダイエットは口コミでじわじわと人気が出ていますが、ダイエットの効果や方法などは簡単なのでしょうか?小豆水の作り方なども気になるところなので、口コミの反応と一緒にチェックしてみましょう!

Fotolia_47783098_XS-min

小豆水ダイエットの効果は、満腹感によるカロリー制限やデトックスによるむくみ解消などがあげられます。小豆水ダイエットのメリットはその手軽さで、過度な食事制限や運動などをせずに小豆水を手作りして飲むだけの簡単な方法なのに効果的という口コミも多いです。

スポンサーリンク

小豆水ダイエットとは?

小豆を使ったダイエット方法で、小豆水ダイエットと呼ばれています。

日本ではまだそこまで知名度のあるダイエット方法ではありませんが、じわじわと人気が出てきているダイエット方法なので是非チェックしてみてください。

小豆には豊富な栄養素が含まれており、

  • マグネシウム
  • カリウム
  • ビタミン

等、ダイエットや健康を気にしている方ならよく聞いた事のある人間の体にはかかせない栄養素です。

今回、小豆水ダイエットで重要になる栄養素はサポニンというもので、これは脂質や糖質の吸収を抑えてくれる効果があります。

Fotolia_53887396_XS-min

余分になった脂質や糖質はしっかりと排出されますので体内に残ったままにはなりません。そんなサポニンの働きを上手く利用したものが、この小豆水ダイエットとなります。

また先程も言ったように、小豆に含まれる豊富な栄養素の中にはビタミンも含まれているとお話しましたが、このビタミンは美容にも役立ちます。

Fotolia_48260945_XS-min

主にビタミンEやBが含まれていますので、肌の老化を防いでくれるアンチエイチング効果も期待出来ます。

痩せながら美容にも効果がある魅力的なダイエット方法です。

小豆水ダイエットの効果とは?

小豆水ダイエットの効果とは主にダイエットと美容の効果です。

それは小豆に含まれている栄養素に秘密がありますので簡単に効果を紹介していきますね。

Fotolia_76229235_XS-min

まず小豆水ダイエットの重要な栄養素である、

  • サポニン
  • カリウム

この二つには利尿作用があり、体の余分な脂質や糖質、そして水分を体に溜め込まず排出してくれるという作用があります。

この作用はダイエットと美容の両方に効果があり、浮腫みを解消してくれるという効果があります。

Fotolia_70650365_XS-min参考⇒顔のむくみを即効で解消したい!【効果的なマッサージは?】

その結果見た目にもわかる体重現象や肌の透明感が生まれます。

次にビタミンBとE。

この二つは体の酸化を防いでくれる効果があります。なので肌の酸化によって出来てしまうシワやたるみ等へのアンチエイジングになる他、新陳代謝も高めてくれますので痩せやすい体作りが可能です。

Fotolia_62364093_XS-min参考⇒痩せやすい時期と体質の作り方!【食事方法には特徴が?】

基本的に小豆には血行を良くする効果がありますので、体の様々なものに良い効果を与え、小豆の食物繊維は腸に刺激を与えやすいのです。

スポンサーリンク

方法は?

小豆水ダイエットの方法は、特に難しいものではなくむしろ簡単な部類です。

Fotolia_76229235_XS-min単純に言えば小豆を煮て、その煮汁を飲む。という方法になります。こう言うとたったそれだけで本当に痩せる事が出きるのか疑わしいですよね。

また、基本的に飲む時間やタイミングは決まっていませんが、一番オススメなのは食前に飲むという方法です。その理由は小豆には食欲を抑えてくれる効果があるので、食前に小豆の煮汁を飲む事で食べ過ぎを抑えてくれるのです。

Fotolia_72911849_XS-min飲む量も特に決まりはありません。

1回にスープカップやマグカップ1杯程度で問題ありません。注意としては砂糖等を入れて味付けをしない事。

Fotolia_76066455_XS-minダイエットですので、味気が足りないからと砂糖を入れて毎回飲んでしまっては逆効果になってしまいます。慣れないうちは少量から始めても良いので、そのまま飲むようにしましょう。

特に、食事を小豆に置き換える等の置き換えダイエットや、カロリーを控えめにするレコーディングダイエットではありませんので、食事に関しての制限はありません。

参考⇒置き換えダイエット成功の6つの食材とは?【腹持ち効果抜群】

ダイエットという意識を持って、野菜とお肉やお魚をバランス良く組み合わせた健康的な食事であれば問題ありません。

Fotolia_96599625_XS-min参考⇒バランスの良い食事はダイエットに効果的?【おすすめメニューは】

ダイエット中ですので、間食は控えるようにして下さい。

Fotolia_85994135_XS-min参考⇒おやつ抜きダイエットは効果が高い!【成功口コミも多い?】

どうしても小腹が空いたら間食に小豆の煮汁を飲むというのも一つの方法となります。

作り方は?

小豆水ダイエットに使う煮汁の作り方を簡単にご紹介します。

下準備として小豆は綺麗に洗っておきましょう。

また、小豆の種類に指定はありませんので、スーパー等で売っていいる普通のもので大丈夫ですよ。

では手順を説明します。

  1. お鍋に小豆と水を1:4の割合で入れて沸騰するまで煮ます。
  2. 沸騰してからは3分程茹て、一旦この茹で汁は捨てるようにして下さい。
  3. 再び1の時の分量で茹で始めます。
  4. ゆっくりと弱火~中火で煮て、途中でさし水をしながら小豆が柔らかくなるまで煮て下さい。
  5. 煮終わったら小豆はザルに上げてしっかり水を切って下さい。

煮汁はこれで完成です。

少し多めに作っておいて2~3日分冷蔵庫に保存しておくのも手軽でオススメです。

茹でた小豆は間違っても捨てないようにして下さい。小豆自体にもまだまだ栄養はありますので、食事の際の一品として食べるようにしましょう。

小豆を使ったレシピは結構多いので、ご飯やおつまみ等にオススメです。

口コミでは?

小豆水ダイエットの口コミ状況は気になるところですよね。

まだまだ日本では認知度も低いダイエット方法ですが口コミは徐々に増えていっています。

良い口コミ悪い口コミともちろん二種類あります。

Fotolia_68606550_XS-minとはいえ、小豆水ダイエットの場合は悪い口コミと言っても何か悪影響があったり太ってしまったといったような意味の口コミではありません。

どちらかと言うと、煮汁の味に耐えられず止めてしまったという意見でのマイナス口コミとなっています。

Fotolia_50091110_XS-minしかし、良い口コミはもちろん体重の減量に成功しています。

1ヶ月続けて2kg体重が減ったという方や、日常的に続けて少しずつ痩せてきているという方もいらっしゃいます。

1ヶ月で2kgはとても良いペースです。

Fotolia_37460525_S-min

とても健康的なダイエット方法といえますね。

焦っている方ならたったそれだけと思うかもしれませんが、本来ダイエットは数日や一週間で結果が出るものではありません。短期間ダイエット以外は。

参考⇒短期間ダイエットの簡単な方法は?【食事と運動で成功!】

2~3ヶ月やってやっと2、3kg減るというのが健康的なダイエット方法になります。

参考⇒健康的にダイエットする方法は食事が大事?【メリットたくさん!】

一週間程度で痩せた数字というのは増減しやすい体重であって、ダイエットの成果にはあまりなりません。むしろ短期間での体重減少はリバウンドしやすいので気をつけるようにしましょう。

Fotolia_66550785_XS-min参考⇒リバウンドしないダイエット方法は?【筋トレや食事が重要!】

そう考えると小豆水ダイエットでの減量はリバウンドしにくいペースのものです。

更に小豆の効果もあって、

  • 痩せやすい体になった
  • 便秘が解消された

という口コミもありますので、激しい体重の減少はなくともゆっくりと着実に痩せていけるダイエット方法となります。

小豆水ダイエットは簡単な方法で効果的!【気になる作り方は?】のまとめ

小豆といえば甘く煮て美味しく食べるというイメージですが、そこはダイエット中なので我慢!小豆水ダイエットはただ飲むだけの方法なので、手間はかかりませんので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top