ダイエットブックBIZ

水中ウォーキングで痩せる!【効果的な歩き方は?】

スポンサーリンク

水中ウォーキングで痩せるために効果的な歩き方や行う時間はどれくらいが良いのでしょうか?水中ウォーキングは水の抵抗があるので、普通に歩くよりも消費カロリーも高くなるので、ダイエットにおすすめです。

水中ウォーキングは痩せる運動しても人気ですが、よりダイエット効果を出すならどんな歩き方がおすすめなのでしょうか?水中ウォーキングは消費カロリーも高く、泳げない方でも行えるので、お近くにプールがあればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

水中ウォーキングとは?

水中ウォーキングとは、プールなどの水中で歩くことによって、水の抵抗が体に掛かるので地面などで歩くよりも効率的に体に負荷が掛かりやすいです。

また、歩くのが水中なので浮力で体に掛かる負担が水中の中なら、膝などに負荷が掛かりにくく地面で長時間歩く事が難しい方など、膝などを痛めている方にはオススメな、運動方法です。

水中ウォーキングは、プールで行います。

また、水中の中で泳ぐので泳ぎが得意ではない方もプールの中で歩ける事が多い為、水中で泳ぐより比較的には簡単に行いやすい運動の1つです。

参考⇒水泳はダイエット効果絶大!平泳ぎとクロールの消費カロリーは?

体に負担が掛かりにくい、比較的に簡単に運動が出来ると言った理由から高齢者の方もこの水中ウォーキングをされている方が多いです。

水中ウォーキングはダイエットに効果的?

水中ウォーキングはダイエットに効果的かというと、水中ウォーキングは有酸素運動なので脂肪を燃やす状態になりやすい運動です。

参考⇒脂肪燃焼させる効果的な運動方法は?【筋トレより心拍数!】

しかし、水中ウォーキングはダイエットに効果的にさせる為には少し工夫が必要になります。

水中を歩いている時のフォームも間違った方法で行うと効果も少なくなってしまいますし、水中ウォーキングは有酸素運動なので運動を20分位行ってから脂肪が燃焼されやすいので、1時間程は水中ウォーキングを行うと効果が出やすくなります。

実際に水中おぉーキングをやった方はご存知かと思いますが、1時間も真剣に水中ウォーキングをやってみると。ヘトヘトになりますので、相当な脂肪燃焼された感じをします。

筋力アップもできる

水中ウォーキングは筋力アップできる方法です。

水中を歩いていると水の抵抗が掛かり、多くの筋肉を動かしやすい運動で、地面で歩いている時よりも筋肉がよく働きます。

水中ウォーキングは筋力アップできるのが、膝や腰などに痛みを抱えている方でも体の負担が少なく筋肉の負荷は大きい為に、効果的に筋力アップできる方法として一般的によく知られている程です。だからと言って、無理は禁物ですが、体の様子など見ながらマイペースに行う事で水中ウォーキングを長く行って筋力アップする事で、個人差はありますが日常の動作などが楽に行いやすくなります。

また、ダイエット中の方も筋肉アップする事で基礎代謝を高くして太りにくい体質に変えやすくなります。

参考⇒太りにくい体質を作る方法はコレ!【和菓子やアイスなどの食べ物は?】

実際に水中ウォーキングを行うと分かりやすいのですが、膝を上げる角度など自分で筋肉に掛かる負荷を調節しやすいメリットがあります。

スポンサーリンク

効果的な歩き方は?

ダイエットに効果的な歩き方は、初めに姿勢から背筋を伸ばす所から始めます。

日常生活でも、姿勢を良くすることで色々な筋肉が使われて、今まで使われていなかった筋肉も使われるので、結果的に体が痩せやすい状態になります。

そして、少し前に体を傾けて、水の抵抗から腰の負担を軽くして、足はかかとから着地してしっかりと足全体で歩きます。その他にも、ダイエットに効果的な歩き方は歩幅を大きくして歩くことで、腰回りの大きな筋肉を使う事が出来ます。

参考⇒大股歩きダイエットで引き締め効果!【筋肉が増え代謝アップ】

その他にも、

  • 膝を高く上げながら歩く
  • 横に歩く

など、持病がある方は無理がない程度に行います。

その他の方も、最初から欲張らずにマイペースに行って出来るだけ長く行います。

そして、カロリーが消費されやすい20分以上からなので、最初は徐々に水中ウォーキングを始めて、1時間位を目安に水中ウォーキングを行うと効果的だと思います。

消費カロリーは?

水中ウォーキングの消費カロリーは、身長や体重などから個人差がありますが大体で考えると1時間水中ウォーキングすると約300キロカロリー位を消費するそうです。

比較の為に、地面でウォーキングすると、どの位のカロリーが消費されるのかと言うと約150キロカロリー位が個人差はありますが消費されます。

しかし、水中ウォーキングの消費カロリーはやり方によっても消費されるカロリーは大きく異なります。

例えば、同じ歩くのでもゆっくり歩くのと早く歩くのでも消費されるカロリーは大きく異なって来ます、例えば、地面を歩く場合でも早く歩く時とゆっくり歩く時とは、歩いた後の体の疲れも違うと思いますし、消費されるカロリーが違ってきます。

なので、自分のペースに合わせた速さで行う事が大事なのだと思います。

痩せる前にリタイアしてしまう人も多い?

水中ウォーキングは痩せないと言われている方のほとんどが、毎回プールなどに行き水中ウォーキングを行う為に毎回のプールの利用費が掛かってしまう為に、期待していた効果が得られにくい場合は特に、継続してプールに通う費用の事を考えると、段々足が遠のいて行く方も多い為に効果が出る前にやめてしまう方が多いです。

その他で、水中ウォーキングは痩せないと言われている理由の中には、水中ウォーキングは実際にするとかなり体に疲労がたまりやすい為に、最初は手軽に水中ウォーキングを出来るからと初めてのが、次第に足が遠のいで行ってしまった方が多いのではないかと思います。

実際に水中で歩くと思ったより前に進みにくいので思うように体が動いてくれないので、体の疲れ方が強いです。

その割に、地面で歩くよりも消費カロリーが多いとはいえ、1時間水中ウォーキングして1キロ減量する事はないので、減量する効果を短時間に期待してしまい断念してしまう事が多い様です。

参考⇒短期間ダイエットの簡単な方法は?【食事と運動で成功!】

しかし、地道に水中ウォーキングを行った方の多くは効果を実感されている方が多くいらっしゃいます。

痩せた口コミは?

水中ウォーキングで痩せた口コミは、1か月以内の短時間で行った方には減量の結果がなかなか出にくく、水中ウォーキングを行った後にお菓子などを食べてしまうなど食生活などに問題がありそうな方には減量が出来たと言った内容はあまりなかったです。

減量に成功した方を全体的に見ると、水中ウォーキングで痩せた口コミは、水中ウォーキングを習慣化する事で運動が日常の中で行われる為に、食事内容など見直して痩せやすい体にする為に色々な工夫をされている方が多かったです。

また、ダイエットの結果が出た方のほとんどが1か月以上の長期間水中ウォーキングを行って減量に成功しています。

そして、膝などに痛みを抱えていた方は痛みが少なくなり楽になったと言った内容も多かったです。

水中ウォーキングで痩せる!【効果的な歩き方は?】のまとめ

近くにプールがあれば水中ウォーキングはとてもおすすめのダイエット方法です。膝への負担も少なく、消費カロリーも高いので長期的なダイエットに効果的な運動です。

スポンサーリンク

【メルマガ登録者限定!】ダイエット成功例100選

現在、ダイエットブックメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【ダイエット成功例100選】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるなら成功者から学ぶのが一番!

詳しくはコチラ⇒スペシャル限定コンテンツ【ダイエット成功例100選】とは?

人気のダイエットサプリ特集!

ダイエットサプリをお探しなら是非チェックしてください。今人気のおすすめサプリをご紹介しています。

詳しくはコチラ⇒ダイエットサプリおすすめ7選

関連記事


ダイエットの方法を詳しく知りたいなら、この当サイト、ダイエットブックBIZをご利用ください。

リバウンドをしない方法や痩せやすい体質作りの情報であなたのダイエットをサポートしします

低カロリーの食べ物や効果的な飲み物やサプリを体験談も含めてご紹介しています。

Return Top